> ひとり居酒屋 露天編

ひとり居酒屋 露天編

ここでは、「ひとり居酒屋 露天編」 に関する記事を紹介しています。
我が家の台所のドアを開けてるとバルコニーに出られる。
このドアの前には大きな暖簾がかかっている。

この暖簾を掻き分けてバルコニーに出るとそこにはかつて福井県の商家で使っていたといわれる臼にガラスをのせた屋外テーブルを設置してある。臼の中には故郷信州から取り寄せた稲穂をあしらえてある。
これが我が「露天居酒屋」である

IMGP0983_convert_20120609095806.jpg IMGP0966.jpg

入梅前の蒸し暑い夕暮れ、財務大臣のご帰還はまだだ、この好機を逃さず、ここに電気スタンドを持ち出してひとり露天居酒屋の開店だ。

先ずはセッティンが済ませ、サッとシャワーを浴びて改めて暖簾をくぐる。

暑い夜は「酒ロック」に限る、しかも大ジョッキに氷を縁まで詰め込んでこれに箱の酒を目いっぱい注ぐ。
これを一気に飲み干すのだ。

この飲み方は酒質の良し悪しは二の次であるから「箱の酒」で充分、
舌で味わうのではなく、喉で呑むのである。

咽越しの冷やかさが日中の火照りを一気に癒してくれる。
夜風がサワーっと流れて風呂上りの汗もサッと引いてゆく

肴はダイエー直送の味付け「するめイカ」。パックのままテーブルに載せてある。
マヨネーズに浅草やげんぼりの七味をたっぷりかけて、イカで掬って食す。

これを2杯やったらもういい気分だね。
それでも、目がお酒を欲するので、あとは茶碗酒とする。

たいがいは財務大臣がご帰還する前に人工芝の上に大の字になっている。
昨夜もそうであったと今朝になって大臣から報告を受けた。

それにしても今朝は布団で目が覚めたけどどうやって部屋に戻ったのだろうか
これはnebanebaミステリーだね。とさ。
この記事へのコメント
いいですねー!
自分流儀は間違いないですからね!
いわゆる『鉄板』ってやつですかね。
準備とゆーか、『あ、アレやっちゃおう』とかって思いついた時からニヤニヤが止まりませんね(^^ゞ
気がついたらお布団、呑兵衛の鑑ですね(^^♪
2012/06/09(土) 21:17 | URL | ろにまさ #-[ 編集]
呑兵衛の性てぇやつで
他から見るとテイタラク
まぁいいっかぁ
2012/06/10(日) 03:24 | URL | nebaneba #-[ 編集]
いいですねぇー!
大の字で寝れるバルコニーがあるなんて羨ましい限りです。
ウチの奥行き1メートルのベランダでそれをやろうものなら...
間違いなく、まず蚊の餌食になります。(笑)
2012/06/10(日) 07:20 | URL | KeiBo #-[ 編集]
私は財務大臣のいい攻撃の餌食にされます。
翌朝、私の体はは「あざ」だらけになっています。(笑)
こころボロボロ。
2012/06/10(日) 11:05 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック