> 映画「HOME 愛しの座敷わらし」

映画「HOME 愛しの座敷わらし」

ここでは、「映画「HOME 愛しの座敷わらし」」 に関する記事を紹介しています。
昨日は雨で武蔵野線の線路は陥没するし、レイクタウンのレイクの水は溢れているし、越谷地方は大荒れです。
そんな午後の、雲の合間を、ジオス君と映画を見てきました、
IMGP0291_20120504194006.jpg
「HOME 愛しの座敷わらし」感涙。お勧めします。
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画
原作は2007年に朝日新聞夕刊にて連載されていた荻原浩の「愛しの座敷わらし」。
上映時間: 109分
hiz_sb1_largeHOME 愛しの座敷わらし  hiz_sb5_largeHOME 愛しの座敷わらし  
東京から岩手の古民家に引越してきた一家が、不思議な座敷わらしと出会うことで、それぞれが自身を見つめなおし、家族のきずなを再生していく姿を描く。

囲炉裏のある茅葺屋根の一軒家が見せ掛けの家族を真の家族にしていく。
バラバラな家族が、囲炉裏を囲みながら家族らしくなっていく。

ひとつ屋根の下で暮らす意味を実感させてくれる。
水谷豊、安田成美、濱田龍臣、橋本愛、草笛光子がいい家族を演じている。
日本人必見の映画だね。

お勧め度 100% 本編はここそうだ映画館へ行こう
*********************************************************************** 
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック