> 一人居酒屋・ミニサンマ編

一人居酒屋・ミニサンマ編

ここでは、「一人居酒屋・ミニサンマ編」 に関する記事を紹介しています。
熱海の健保組合の保養所へ一泊視察に行く機会を得た。
駅前の「家康の温泉」なる足湯と機関車の意味不明なコラボで熱海は迎えてくれた。
IMGP4626駅前足湯  IMGP4633熱海の海

翌朝、保養所のマネージャーから経営理念や利用率・収益率等を聴取の後、運営会社担当と会見・
まあ、本格的な事業計画は「プロ」同士でプレゼンやっていただくとして、視察終了。

我がつま先はみやげ物街へ自然と向いて行く。
IMGP4634熱海みやげ物街  IMGP4638店先の秋刀魚  
とある店先で「サンマ目刺し」を発見、これは私用、温泉饅頭は会社用の土産とした。
こんな小さなサンマをはじめて見た。30匹650円
一人居酒屋の肴にビッタシなサイズと手頃な値段。

帰宅後、財務大臣の不在をいいことに早速暖簾上げ。
IMGP4650秋刀魚 とワンカップ  IMGP4646秋刀魚
この肴に似合うお酒はウルメイワシと同様カップ酒がいい。
開栓する時に縁からお酒が溢れないように静かにゆっくりななだめるように蓋を取る。
先ずは一口、すすりこむ、サンマの油の焦げる臭いに腹の虫がざわめく。

熱々のミニサンマを頭からかじる。うっ軟らかい。
わたの苦味が口中に広がり酒を誘う、もうひと口お酒を流し込む。

もう一匹サンマを摘む、タチマチ1カップ空ける。
2個目のワンカップに手をつけた時、財務大臣がサンマの焼ける臭いに誘われたかのように帰宅。

囲炉裏端はたちまち車座の宴会と化す。
結局ワンカップはファイブカップとなってしまった。食べたサンマは12尾。

のん兵衛長屋みたいな風景を他人にはちょっと見せられない。
残りのサンマは18尾、冷蔵庫に待避させた。一人ならあと二回は楽しめるかな。

天国・天国・囲炉裏天国は一人がいいな。
この記事へのコメント
目刺しってのは、イワシでやるもんだとばかり思ってました。
しっかし、美味そうだな~。
nebanebaさん、肴の記事を書く時は、小説家並の筆力ですね。
2012/02/28(火) 06:10 | URL | しゃあ あずなぶる #-[ 編集]
一人居酒屋ノンフィクション作家と呼んでください。
たまにフィクションもあるかな?
2012/02/28(火) 06:28 | URL | nebaneba #-[ 編集]
目刺サンマは私も初耳です。
光り物がマグロより好物なのでこれは堪りません!
独り囲炉裏が欲しくなってきました。
2012/02/28(火) 12:24 | URL | テガ #-[ 編集]
まあ酒飲みのお遊びととらえてください。
旨い酒は銘柄でなく誰と飲むかですけどね。
2012/02/28(火) 12:50 | URL | nebaneba #-[ 編集]
凄く良い秋刀魚を見つけられましたね。脂がのっていないのが良いのです。丸干しはこうでなくちゃね。魚好きな私は涎です。
2012/02/28(火) 16:29 | URL | 相子 #-[ 編集]
秋刀魚の丸干しは何回かいただいたことがありますが
このように小振りの「メザシ」は初めて食しました。
酒の肴にはピッタリですね
2012/02/28(火) 18:48 | URL | nebaneba #-[ 編集]
カップ酒と「うるめいわし」とは素晴らしい。シンプルに酔っぱらえるパターンですね。
2012/03/02(金) 05:54 | URL | kincyan #sSHoJftA[ 編集]
ただだ呑兵衛、ひたすら呑兵衛です。
最も気楽に酔えます。
2012/03/02(金) 10:11 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック