> 寿命・・・寿なる御命

寿命・・・寿なる御命

ここでは、「寿命・・・寿なる御命」 に関する記事を紹介しています。
なんにでも寿命がある。
この字面から見ると「寿なる命」
正に天寿全うの二点の家電を紹介する。

二漕式電気洗濯機とエアコン

この洗濯機は我々夫婦が世帯を持った時に我が家に設置した家電品第一号である。
何と30年我が家で活躍してきた現役バリバリである。

今時自動洗濯機が主流で二漕式のこの手の年代物を使っている家もないであろう。
自動洗濯機の便利さと省エネ度を見聞きするうちに、現役ではあるがこの二漕式にもそろそろ引退させてあげようという仏心が私にもわいてきた。
東芝「銀河」IMGP2506_convert_201109141350412層式洗濯機

家電量販店から新型自動洗濯機が配達されてきた時、リサイクル券と引き換えに引き取られて行った。
その時の配達員曰く「家電品は7年で取り換えてください。それが安全です」

「使えるものを捨てるわけにはいかない」それが私の信念だ。
「7年ごとに浮気せよ」ということか。

さて、この二漕式洗濯機を送り出してから3日後、エアコンがその能力を出さなくなった。
14年間使用して単なる送風機となってしまったのである。

シャープ「windam」IMGP2586_convert_20110914135439エアコン
電気店の言う7年の倍は持ったことにはなるのだが買い替えの時期のようだ。

そこで我が家の予算委員会の開催と相成った。
まだ残暑が続く中、更新する事で即決、これまたいつもの量販店へ電話して設置していただくことにした。

ところが工事日が私の勤務と財務大臣様の勤務の都合でなかなか定まらない。
会議は紛糾し、ええいっ。もう彼岸も近いことだし、「涼しくなるまで我慢して来年設置」 

「いっそ来年の冷夏を期待して2年新設を伸ばす」という財務大臣のご提案。
我が家の予算委員会の結論「継続審議」。これにて閉会。

早くても我が家にクーラーが付くのは3年先かなあ?
電気店にキャンセルの電話をシブシブするnebanebaでありました。

この記事へのコメント
私も家電は使い切る主義です。
したがってほとんどを10年以上使っています。冷蔵庫なんぞは90年製です(笑)。
そんな中、アパートの大家が備え付けの古い古いエアコンを本年2月に自主的に取り替えてくれました。
昨年夏の猛暑では轟音をたてながらフル稼動(笑)。
節電の本夏ではありましたが、家で絵を描く稼業の私は熱中症で死にたくなくてドライの29度設定にしてフル稼動させていました。音も静かだし、とても快適♪。
でも気になるのは電気料金。
ところが先月の東電からの請求書を見てビックリ!!!。
なんと!、前年比44%も節電!!!。
やはり新しい家電は省エネ重視の設計をしているんですねぇ。

※巷ではドライ設定は冷房設定の数倍電気料金が掛かるとの噂もありますが、機種によって違います。
私はメーカーに問い合わせて、本機種のドライは「弱めの冷房」みたいなもので消費電力を軽減しているとの返事をもらいました。
2011/09/15(木) 01:59 | URL | 樽 #LS4bGu5A[ 編集]
そうなんですね 新しい家電は省エネ設計になっているんですねえ。

我が家も今年更新すべきだったかな
まあ今年は議決どおり「我慢節税」しときましょうか。
2011/09/15(木) 06:49 | URL | nebaneba #-[ 編集]
去年から今年にかけて、ずいぶん交換しました。
給湯器2台、エアコン4台、ウォシュレット2台、便器丸ごと1台、TVは6台。
TV以外は、いずれも我が社の取り扱い商品だったので何とかしましたが・・・。
怖いのはこれから。
冷蔵庫、洗濯機は20年を超えています。ご長寿さんです。
クルマも同様。しかも、これらは「扱い商品」じゃない。
今年は太陽光発電を付けちゃったので、もう予算ないです。
冷蔵庫・・・あと10年もってくれ。洗濯機・・・・タライを用意だ!
2011/09/15(木) 06:54 | URL | しゃあ あずなぶる #-[ 編集]
今、包丁を研ぎながら、ふと思いました。
たくさん、交換した物って結婚当初は持っていなかった物ばかりです。
そう考えると、なんだかすごく勿体ない気がしてきました。

ちょっと「消費社会」ってのに、躍らされているようで、癪だなぁ。
包丁を買い換えるより、砥石を買った方がエコですね。
2011/09/15(木) 08:41 | URL | しゃあ あずなぶる #-[ 編集]
物を大切にする事が「省エネ」てえ結論ですかね。
2011/09/15(木) 11:18 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック