> トライアングル走行

トライアングル走行

ここでは、「トライアングル走行」 に関する記事を紹介しています。
久々の日曜日、いつもの「ハムスター」に飽きてトライアングルコースを走りたくなった。

一辺が約20kmの三角形。私はトライアングルコースと名づけている。
頂点を関宿城とし、右辺が利根川、左辺を江戸川、そして底辺が利根運河。

今回はそれにトライアングルの持つ手である渡良瀬湖と渡良瀬川の紐をくっつけてみた。

IMGP2592運河河口公園  IMGP2594とね運河水門
朝、遅い朝食の後、マドン君を連れ出して、江戸川に掛かる玉葉橋を目指す。
玉葉橋東詰めのちょっと下流の運河河口公園から「トライアングル底辺」の利根運河に入る。

運河沿いのサイクリングロードはちょっと狭いが景色はよい。
ローディーやランニングの諸氏とすれ違うたびに挨拶を交わす。
利根川との水門で一休みした後、すこしだけ一般道を抜け、利根川右岸に出る。
いわゆる千葉県「東葛」地区を素通りする。

IMGP2595海から100km地点  IMGP2596快走
「トライアングル右辺」の利根川右岸では直ぐに「海から100km」の標識が歓迎してくれる。
サイクリングロードも広くおまけに追い風とあって気持ちよくスイスイのスイー。

IMGP2602列車すれ違い  IMGP2605関宿到達
多くのローディーやその連結列車ともすれ違ううちにまもなく関宿城に到着。

IMGP2606白バイ隊に拉致  IMGP2607白バイ隊遭遇
関宿城の門前でピッカピカの白いオートバイ四台に私は拉致されてしまった。
最初冗談かと思ったが、なんと本物の千葉県警交通機動隊の「城バイ」いや白バイであった。

彼等は一日に200km位は軽くパトロール走行するとか。
でも私が、「今日は100kmは走るつもりだ」と言ったら年嵩の警察官が仰天していた。
若い隊員が記念のシャッターを押してくれた。

その後雑談を交わしながらお互いの安全を声掛け合って、私は無事釈放された。
関宿城の坂道を編隊で去っていく「城バイ」はかっこよかったね。
彼等を見送った後、私も渡良瀬湖を目指して颯爽にペタルを踏み込むのでした。

IMGP2611渡良瀬湖  IMGP2613渡良瀬湖休憩
追い風の後押しで渡良瀬湖に着いたものの、この風で帰りは苦しめられることを想像すると気が重い。
湖ではヨットのレースが行われていたが何隻かは風にあおられて転覆したりしていっそう私の不安をあおる。

IMGP2625道の駅 IMGP2616なまず食券
とはいえ、先ずは腹ごしらえと、道の駅「きたかわべ」へ
なんと食券販売機に「なまずの天ぷら定食」なるメニューがあるではないか。

IMGP2619稲穂ラーメン  IMGP2622稲穂ラーメン
3・11からちょうど6カ月目の今日、下手にナマズを怒らせてはいけません。
わたしは定番の「稲穂ラーメン」・500円・で腹を満たしたのでありました。

めった口にしないラーメンだが、この後、半分の行程が残っている、体力温存のためと元気にスープまで完食。
そして、重いお腹をマドン君に乗せて再出発。

IMGP2626渡良瀬川  IMGP2608野焼き
9月とはいえまだまだ残暑というか真夏の太陽が私の右頬を射る。
そしてあんのじょう向かい風に苦しめられた。

再度「トライアングル頂点関宿」に立ち寄り休憩、下界を見渡すと稲の収穫が済んだ田んぼでは稲藁の野焼きをしていた。その煙の臭いに何故か懐かしさを感じた。
たっぷり休憩をとった後は、「トライアングルの左辺」・江戸川左岸を野田橋を目指す。

野田橋までの間も向かい風は疲れたnebanebaエンジンに負荷をかけるのであった。
やがて越谷の自宅へ帰宅した時はヘロヘロのヘロで倒れこむのでありました、とさ。

本日の総走行距離・117,5kmでした。
この記事へのコメント
白バイに較べてマドン君の華奢なこと(^q^)
これで100キロ走っちゃうんですから、そりゃビックリもされますよね!
わたしも久々にトライアングル走行したくなりました!
2011/09/12(月) 21:36 | URL | ろにまさ #-[ 編集]
「城バイ」は立派なエンジンついてましたけど
問題はマドンのエンジンnebanebaのやわなこと。
100kmちょっとでヘロヘロとは情けない。

「もっと走り込まなくては」と燃え上がるnebanebaでした。
若さ絶頂のろにまさ様と一緒に走れるくらいにね
2011/09/13(火) 04:57 | URL | nebaneba #-[ 編集]
なまず・・・・。
食べた事ないです。
ちょっと見てみたかったですね。
500円のラーメンって好感持っちゃうなぁ。
2011/09/13(火) 08:50 | URL | しゃあ あずなぶる #-[ 編集]

なまず・・もちろん私も興味津々でした。
見た目は衣の厚い天ぷらで中身は見えませんでした。
が、やっぱり怖い・でやめました


2011/09/13(火) 12:09 | URL | nebaneba #-[ 編集]
乗り始めた2年前はよくここを走り、練習しました。
その練習の成果で脚が更に太くなった私は、金曜日北茨城のロータス邸に自走です^^
2011/09/14(水) 13:28 | URL | hana #-[ 編集]
ここがホームコースとは hana 様 はやつぱりすごい。
わたしは100kmはめったに走れません。
10月に淡路島一周150k走る予定ですのでそのためのトレーニングしてます。

北茨木ロータス様にもよろしく。
2011/09/14(水) 15:38 | URL | nebaneba #-[ 編集]
折角のチャンスだと思いますが、白バイに跨がせて頂くと良かったですね。私は談合坂サービスエリアで跨がせて貰いました。見た目より大きく犬に張り付いた猿のようでした。でも気分は良かったです。何かのイベントだったかも知れません。
2011/09/16(金) 10:51 | URL | 相子 #-[ 編集]
ピッカヒッカの白バイには触ることさえ許されないような威厳がありました。
私の指紋でも付けたら逮捕されちゃいますよ。

てなわけで白バイと白バイの間に自転車を割り込ませて立つことが精一杯でした。
でも若いお巡りさんが快く写真を撮ってくれましたよ。
2011/09/16(金) 12:24 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック