> 映画「大鹿村騒動記」

映画「大鹿村騒動記」

ここでは、「映画「大鹿村騒動記」」 に関する記事を紹介しています。
大鹿村騒動記
osm_sb7_fukei_large大鹿村騒動記  osm_ma1_large大鹿村騒動記
ストーリー
長野県・大鹿村に伝わる村歌舞伎と、そこにかかわる人々の悲喜こもごもを描く。

シカ料理専門店を営む風祭善の前に、18年前に駆け落ちをして村を離れた妻・貴子と幼なじみの能村治が現れる。

貴子は前頭葉に疾患を抱えて記憶を失っており、善はそんな貴子を治ともども店に住まわせる。


村では善も出演する大鹿歌舞伎の公演を目前に控えていたが、貴子は18年前に演じた役のセリフだけは記憶しており、舞台上で善と向き合うときだけ、昔の姿に戻る。
osm_sb1_large大鹿村騒動記  osm_sb3_large大鹿村騒動記
完走
ジョウクありパロディーありの楽しい映画だ。ただ策の練りすぎで俗すぎる部分も。
原田芳雄と岸部一徳の持つキャラクターの「地」で持ってると言える。

歌舞伎という一種庶民から隔離されたかに思える世界を身辺にひきつけた感がある。
田舎歌舞伎を見直した。

osm_sb4_large大鹿村騒動記  osm_sb5_large大鹿村騒動記
長野県大鹿村は私の生まれた故郷と同じ信州伊那谷という親近感もありあえてヒイキ目で観させて頂いた。
山奥の村とはいえ貴重な文化を継承していることに感銘した。

キャスト:原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、瑛太、石橋蓮司、三國連太郎等々一流俳優を駆使してはいるがその持ち味を充分に発揮できているかは疑問。

osm_sb6_large大鹿村騒動記  osm_sb4_large大鹿村
笑いを採るためのもう一ひねりほしかったね。
お勧め度 80%
男の色気俳優「原田芳雄」への追悼の意を込めて・・・お勧め度100%に上げておこう。
この記事へのコメント
これは面白そうな映画ですね。
昔のATGの香りがします。

原田芳雄、私の好きな俳優だったんですが、残念です。

10年ほど前、大阪の居酒屋のカウンターで、一人グラスを傾ける原田芳雄を発見。
トイレに行くふりをして、ご挨拶をして、握手をしてもらいました。
痺れました!!!
2011/07/20(水) 07:48 | URL | 断腸亭 #mQop/nM.[ 編集]
原田芳雄は味のある演技してましたよ。
この映画が彼にとって遺作となったわけですが
役者冥利につきる役柄であったと思います。

彼流の男の色気を是非ご覧あれ。
2011/07/20(水) 16:22 | URL | nebaneba #-[ 編集]
このストーリーは全く知りませんでした。今朝も原田さん、大楠さん、岸部さんとの鼎談がTVで見られましたが、そこがこの歌舞伎の演じられた舞台だと分かりました。
2011/07/22(金) 09:15 | URL | 相子 #-[ 編集]
この映画の舞台が私の生まれた伊那谷になります。
たまたまこの映画を観た日に原田芳雄さんが天に召されました。
これも不思議な縁です
機会ありましたら映画館でご覧あれ。
伊那谷にもいいところですよ。
2011/07/22(金) 11:07 | URL | nebaneba #-[ 編集]
「山奥の村」だからこそ、貴重な文化を継承しているのかなぁ?
都会だと、周りから注目もされる分、いろんなモノが入って、「別のモノ」になっちゃいそうですね。

nebanebaさんが「故郷」って言うと、かっこいいですね。
ボクは、生まれて育った所から、あまり移動していないせいか、特別に「故郷」って、思う事がないです。
2011/07/23(土) 08:13 | URL | しゃあ あずなぶる #-[ 編集]
その「故郷」も今は遠きにありて想うもの
・・・になっております。
2011/07/24(日) 03:23 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック