> 映画「プリンセス トヨトミ」

映画「プリンセス トヨトミ」

ここでは、「映画「プリンセス トヨトミ」」 に関する記事を紹介しています。
酷評nebaneba映画」同時掲載
img_lineup.jpg  pty_ma1_largeプリンセス トヨトミ
ストーリー    
7月8日金曜日、午後4時 ― 大阪が全停止した。
遡ること4日前の月曜日。東京から大阪に三人の男女がやって来た。
彼らは会計検査院の調査官。

松平元(堤真一)は国家Ⅰ種試験を全国トップでパスした超エリート。
税金の無駄遣いを許さず、調査対象を徹底的に追い詰めるその姿は
“鬼の松平”として怖れられている。

その部下で女性調査官の鳥居忠子(綾瀬はるか)は少々頼りないが、
ときに天性の勘で大きな仕事をやってのけ、“ミラクル鳥居”と呼ばれている。

そしてもう一人の部下、日仏のハーフでクールなイケメン、旭ゲーンズブール(岡田将生)
本省から出向してきた若きエリートである。
そんな三人は順調に大阪での実地調査を進め、府庁と市立中学校の調査を終え、
次の調査団体のある空堀商店街を訪れる。

真田幸一(中井貴一)と竹子(和久井映見)が夫婦で営む、空堀商店街にあるお好み焼き屋「太閤」。

そんな空堀商店街を訪れた調査員一行は、財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」がある
長浜ビルへと向かった。が、検査は別段問題もなく無事に終了するのだが・・・・・・。

pty_ma2_largeプリンセス トヨトミ  pty_ma3_largeプリンセス トヨトミ
完走・・・・大落車・・・瀕死の大事故
「私は大阪国総理大臣、真田幸一です」という中井貴一、驚く堤 真一・・・このあたりから陳腐な進展。
葉茶目茶はそれなりに葉茶目茶と思って観れば楽しみ方もあるのだが、この映画だけはいただけない。

原作はそれなりに楽しめるストーリーかもしれないが映画はなんとも安上がりにしてしまっている。

キャストも堤 真一・綾瀬はるか・岡田将生・中井貴一・笹野高史・和久井映見と豪華に揃い踏みしておきながらその味をまったく生かされていない。
pty_ma4_largeプリンセス トヨトミ  pty_ma5_largeプリンセス トヨトミ
父と息子の親子の絆をテーマにしたかったのであろうが手法を間違えたね。
「金返せ」映画を久々に観た

***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画
***********************************************************************
この記事へのコメント
やはり「金返せ」ですか・・・
何でこういう映画になっちゃうのでしょうかね?
邦画フィクションは予算の関係か脚本のせいか圧倒的にショボイ仕上がりになりますね。
邦画は社会派もしくは実録モノか喜劇ですか。
森繁の社長シリーズや松本清張モノ、「仁義なき戦い」はとても面白いのになぁ。堤真一は「クライマーズ・ハイ」では最高でしたし。
うん、やはり脚本の出来ですね。お子様向けのストーリーでお茶濁しのその場しのぎばかりで、作っている人も辛いかと。このあたりはテレビ局に元凶ありと。特にお台場!


お疲れ様でした。

2011/06/04(土) 06:49 | URL | テガ #-[ 編集]
同感でーす。
映画は楽しいものであってほしい。一方で社会派で溜飲を下ろす。

まあ気楽に見させていただいております。
娯楽かな。
2011/06/04(土) 07:12 | URL | nebaneba #-[ 編集]
「トヨトミ」は、久しぶりに嫁様と見に行こうと思っていた映画でした。
「金返せ」と叫ぶ前にnebanebaさんのブログを見てよかった。

ところで「アランスミシー」
ボクの好きな「ガンヘッド」のアメリカ版がそうだと、先ほど知ってガッカリです。
まぁお子様向けなんですが。
アメリカ向けに編集する段階でモメたらしいです。
2011/06/04(土) 08:59 | URL | しゃあ あずなぶる #-[ 編集]
ごめんなさい、奥様とのランデブーを邪魔するつもりは有りませんでした。
しゃあ あずなぶ 様、奥様とでしたら「ブラック・スワン」 か
「八日目の蝉」をお勧めします。
2011/06/04(土) 11:29 | URL | nebaneba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック