> 渥美半島 ぐる輪サイクリング

渥美半島 ぐる輪サイクリング

ここでは、「渥美半島 ぐる輪サイクリング」 に関する記事を紹介しています。
ぐる輪サイクリング
第3回愛知県渥美半島 ぐる輪サイクリング に参加した。マップ渥美半島ぐる輪サイクリング


10月21日、 私にとって記念すべき日である

この世に生を受け60回目の誕生日のこの日、渥美半島をぐるっと自転車で一回りするイベントがあるという情報に妻と二人でいそいそと参加した
前日に宿泊したビジネスホテル(一泊2食6200円)を5時起きして会場へウィンホテル


このイベントも今年で3回目とかで、地元では人気が定着していて、何と参加者は1600人余

カテゴリーは
Aコース92km 山登りあり
Bコース65km 
Cコース31km ファミリーコース渥美半島ぐる輪サイクリング

私は妻も同行であることを考慮し、Bコースにエントリーした。

午前9時AコースにつづきBコース一組目でスタート。スタート


スタート&ゴ゛ール地点の三河湾側から一般道で渥美半島を縦断し遠州灘にぬける

前日に車でコースの下見をして、休憩ポイントは風光明媚な地点をピックアップしておいたが、スタート直後は緊張感と、先をいぞぐ走りやさんにツラレテちと余裕を失う。
だかサイクリングと言い聞かせながら、第一エードステーション地点へ。遠州灘


ここからは遠州灘を左に見て、サイクリングロード中心の、気持ちのいい走りだ。

サイクリングロード沿いはサーファーや釣り人も小春日和で休暇を楽しむ姿がいっぱいだ。

目指す第2エードステーションは、伊良湖岬。

手前の伊良湖ビューホテルのある高台からの恋路ケ浜を望む絶景は目に焼きついている。恋路ケ浜

(実は前日このホテルの展望風呂は体験済み、入浴料1000円也)

チェックポイントの手前恋路ケ浜の食堂兼みやげ物店「灯台茶屋」には前日も寄ってアサリ定食と 刺身定食をいただいたが、店主は気っ風のいい親父さんで今日はロードスタイルで乱入し、親父さんをビックリさせてから「大あさり焼き」で小腹を満たした。500円、お勧めである。大アサリ焼き


伊良湖岬灯台へはサイクリングロードから50段ほどの階段を下りなければならない。

我々は先を急ぐ他のサイクリストとは、しばし別行動で、コルナゴ担いで波打ち際の遊歩道までこの階段を下りることにした。階段でサイクリング


灯台際で強風の荒波と記念撮影し、灯台
フェリー港でサイクルコースに復帰

ここからは三河湾からの横風と奮闘し、やがて内陸へ。内陸といっても平坦で、風が収まるため長袖ジャージは脱ぎ捨て、半そでで軽快に疾走。

と思いきや、アンダーウェアへが半そでの左袖からチラッと出ている。
これを整えようと右手をハンドルから離した途端、併走中の妻のコルナゴと接触、落車。

左すね小僧と大腿と腕で久々にしこたまの受身。(柔道は高校時代以来やっていないのだが)
傷は擦り傷で痛みもすぐ癒えたが、レーパンの擦切れが悔やまれる。高かったのに、ツギハギで我慢するか、で、その裁縫は誰にさせる。

てな事を考えるともなく、三河湾沿いの海岸へ三河湾

ここも綺麗な海だ 絶景だ

走行しながらの写真撮影 この人にレーパンのツギハギをさせよう。裁縫させる人


オールスポーツ
のカメラマンに向かってVサインを送りゴーール。 13時30分 

走行距離69.57km(私のサイクルコンピューターでは)

完走証に押印をいただき完走証明


記念品のテッシュをいただき

そしてシャケのおにぎりとアサリ汁の接待を頂戴した。

アサリ汁うまかったあ、お変わりをしたかったあアサリ汁


さて、帰宅の途に着くのであるが、

恒例により、自転車の後は温泉

今回は事前調査の結果、渥美半島には温泉が無い.

そこで浜松まで戻り

遠州浜天然温泉
八扇(はっせん)の湯
 へと急ぐコルナゴ2台であった



八扇の湯については後日記 乞うご期待八扇の湯のれん
入浴料900円八扇のゆ地図


よろしければマイフォトギャラリー


この記事へのコメント
精力的に色んな大会に参加されてますね~。すごいです。
落車も大怪我につながらなかったのが不幸中の幸いでしたね。

出たことのない大会でも、レポートを拝見すると雰囲気がよくわかるのでとても参考になります。
2007/10/23(火) 21:12 | URL | puyan #kY8WcqRU[ 編集]
風は強かったですけど、天気は快晴でなによりでした。
途中で落車をなされたようですけど、お体は大丈夫でしたでしょうか?

ご夫婦で自転車に乗られてるようで、羨ましいですね~(^^)
今回のぐる輪がお二人にとって、良い誕生記念になっている事を願っております♪

来年もご夫婦での参加、お待ちしておりますね。ぜひ一緒に走りましょう。

お疲れさまでした!
2007/10/23(火) 22:23 | URL | ヒロポン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック