>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
5月21日日曜日 快晴
過去大会史上最高の日よりだ。但し暑くなりそうだ。
早朝3時過ぎ起床で宿で早い朝食。START地点の佐和田会場へ。
P1050259_convert_20170524123828.jpg  P1050274_convert_20170524125244.jpg    
3700人参加する大人気イベント。Aコース210㎞は5時30分スタート
私の参加するのは島の北部エリア大佐渡を一周するコースBコース130km、6時スタートである。

佐渡島の北側半分、大佐渡を一周するコース。両津の先で国仲平野を通って島を横断。
この区間の田園と里山の風景が魅力的だ。真野でAコースと合流して、スタート&フィニッシュへと向かう。
制限時刻は16時。

P1050313_convert_20170524123854.jpg  18595307_1333762800035650_2971595185124330120_o.jpg  
今日は16人でTeam組んであの宇都宮ブリッツェン鈴木真理選手のサポートで走るのである。
鈴木選手とは10年前に千葉県富津でのイベントでご一緒し宿も一緒であった時からの知り合いであ。
右側の写真がその時の思い出ショットである。

18623688_1334157669996163_2611950806831386032_o.jpg  P1050318_convert_20170524123922.jpg
そしてブリッツェンフェアリーのREIこと伊藤 怜ちゃんとブリッツェンフェアリー自転車競技部のMIHOこと高坂 美歩ちゃんもわれわれと一緒にはしってくれるといううれしいチーム構成である。

P1050383_convert_20170524124141.jpg  P1050329_convert_20170524123945.jpg
例年のごとく沿道での島の人々の声援がうれしい。

P1050344_convert_20170524124017.jpg  P1050365_convert_20170524124108.jpg
天気もいいし笛や太鼓の応援にやるぞぉっという元気がわいてくる。

P1050355_convert_20170524132324.jpg  P1050366_convert_20170524132346.jpg
鈴木真理リーダーのゆっくりとしたペースで時々休憩を撮りながら進行。
先導はREIこちゃんとMIHOちゃんも交代で引いてくれる。時々真理さんがペースを上げる。

P1050373_convert_20170524124232.jpg  P1050395_convert_20170524124040.jpg
沿道の声援とエイドステーションでの接待がうれしい。入崎SS(40km)

P1050401_convert_20170524124304.jpg  P1050404_convert_20170524124324.jpg
今年は元気な地元中学生スタッフが際立っていた。 またおじさんの太鼓が力強く励ましてくれた。

P1050368_convert_20170524132413.jpg  P1050371_convert_20170524132609.jpg
佐渡の絶景も見逃してはならない。

P1050408_convert_20170524124413.jpg  P1050406_convert_20170524124350.jpg 
最初の難所Z坂(58km)も何とかクリァ。坂の折り返しで集団での休憩に助けられた。

P1050416_convert_20170524132452.jpg  P1050418_convert_20170524132544.jpg
島の北端大野亀(68km)あたりから気温が急上昇、覆面ライダーに変身。

P1050413_convert_20170524124435.jpg  P1050425_convert_20170524124520.jpg
はじき野AS(72km)から両津まではちょい距離あり。REIちゃんに牽引していただく。

P1050429_convert_20170524124545.jpg  P1050440_convert_20170524124613.jpg
沿道の声援が絶えない。 両津BS(100km)までは鈴木真理リーダーに牽引していただく。

P1050441_convert_20170524124640.jpg  P1050458_convert_20170524125319.jpg   
両津BS(100km)で昼食。10分で市況されたお弁当を掻っ込む。13時30分足切りギリギリの再スタート。
その後の30キロは時間にやや余裕もありマイペース走行&途中真理リーダに励まされてフィニッシュ15時13分。


P1050451_convert_20170524125119.jpg  P1050460_convert_20170524125209.jpg
地元のお母さんたちの炊き出しの味噌汁とおやきをいただいて退散。感謝
それにしても天気に恵まれすぎるほどの好天気、それに鈴木リーダの牽引に助けられたライドであった。

P1050465_convert_20170524124724.jpg  P1050467_convert_20170524124745.jpg
心地よい疲れに食事も旨い。
だが宿の豊富な料理にはギブアップ。全部完食できる若さが欲しいッ。

だったとさ。
   
第12回大会参加
エ1回目を除きすべてエントリーしている・
但し3回目は会社関係の行事で佐渡に渡らずDNS  
5回目は雨で現地でDNS。 したがって今回で9回目の出走記録となる。

P1050126_convert_20170524111648.jpg  P1050124_convert_20170524111623.jpg
5月20日午前9時20分新潟港出航  カーフェリー ときわ丸

P1050140_convert_20170524111708.jpg  P1050153_convert_20170524111733.jpg
出港するとカモメが餌をねだって船べりを追いかけてくる。船室には輪行袋がズラリ。

P1050109_convert_20170524111510.jpg  P1050114_convert_20170524111535.jpg  
一等船室椅子席はゆったりとして快適 。早朝家を出ての運転疲れか2時間半ぐっすり寝た。

P1050171_convert_20170524111842.jpg  P1050163_convert_20170524111752.jpg  
島についたらまずは腹ごしらえ。ここの寿司とブリカツどんを食べないとロングライドは始まらない。
 
P1050168_convert_20170524111818.jpg  P1050164_convert_20170524113413.jpg
「長三郎」は第4回目からずっとお世話になっている。私がその年のブログに乗せたからか?
その後ロングライドの客があふれかえっている。

P1050180_convert_20170524111902.jpg  P1050231_convert_20170524111929.jpg
満腹のお腹替えて130㌔コースの農道部を車で視察。途中でなんと朱鷺の飛行を発見。
デシカメラを連写したもののうっすらピンクの痕跡しか映らなかった。我々の頭上を旋回して近くの森へ消えた。
うれしかったね。

そしてイベント会場で受け付け。

P1050239_convert_20170524112013.jpg  P1050237_convert_20170524111952.jpg
受付テントの隣で北朝鮮の暴挙である拉致被害者曽我ひとみさんにカンパと運動支援の署名をさせていただいた。

P1050242_convert_20170524113634_201705241140006f8.jpg  P1050252_convert_20170524112054.jpg
イベントの前夜祭はパスして早々にお宿入り。 風呂を浴びた後は日の沈む夕景見ながら晩餐。

P1050250_convert_20170524113500_2017052411395922c.jpg  P1050244_convert_20170524112034.jpg  
苦手なカニはパス。だいいちこんなに喰えない。しかし明日のために栄養つけようと精いっぱいご飯はいただいて就寝。

昨夜までの雨は上がったもののどんより曇り空
佐渡ロングライドまでに体慣らしにポタライド決行。

P1040903_convert_20170516100037.jpg  P1040920_convert_20170516100104.jpg
小貝川福岡堰からスタート。いくつかの沈下橋を右に見て左岸を南下。

P1040939_convert_20170516100131.jpg  P1040941_convert_20170516100157.jpg
つくばみらい市にある間宮林蔵生家 間宮林蔵記念館に立ち寄り。
この辺りの小学校にはこの間宮林蔵像が必ずある。二宮尊徳は不在。

P1040945_convert_20170516101807.jpg  P1040958_convert_20170516101831.jpg
ワープステーション江戸を目指すがその途中で板橋不動尊に立ち寄り

P1040972_convert_20170516100228.jpg  P1040975_convert_20170516100257.jpg
「ワープステーション江戸」は、時代劇のオープンセットが立ち並ぶ、国内でも有数の 野外型ロケ施設。
江戸時代はもちろんのこと、戦国から昭和までの幅広い時代設定 が可能とか。

P1040980_convert_20170516100326.jpg  P1040999_convert_20170516100353.jpg
ここでは、お堀や太鼓橋、戦国砦や城郭、長屋や旅籠等等々、豊富な景観が見られる。
主にNHKの時代劇のロケ地となっているようだ。

P1050059_convert_20170516100529.jpg  P1050018_convert_20170516100425.jpg
シャトーカミヤもきれいに復旧していつ来ても素晴らしい。

P1050023_convert_20170516100501.jpg  18422214_1326791264066137_8875779992780471374_o_convert_20170516100547.jpg
本日のMAINEデッシュはレストランCANNONのフレンチ。ちょっと贅沢。

P1050044_convert_20170516100623.jpg  P1050055_convert_20170516100646.jpg
満腹のはらを抱えて牛久市役所前の稀勢の里の応援幟を見上げて今場所の優勝祈願。

P1050087_convert_20170516100717.jpg  P1050098_convert_20170516100738.jpg
国道6号を経て小貝川右岸から帰還。
走行距離70㎞
トレーニングにしてはちょっとどころかだいぶポタ。
映画「追憶」
富山県警捜査一課の四方篤を岡田准一:が主演

358365_002.jpg  358365_001.jpg
ストーリー
主人公の刑事が殺害現場で遺体となった幼なじみと対面し3人の男の封印された過去が次第に明かされる。
主人公の旧友に小栗旬と柄本佑、ほかに長澤まさみ、木村文乃らが共演。
友人の死をめぐって現在と過去が交錯する展開。

358365_006.jpg  358365_005.jpg
完走
重く暗く濃密なミステリーなドラマ仕立
ラストはちょっと泣けるがもっと泣けていいと思うのだがイマイチ押しに欠ける。

時効とはいえ25年の人生に重い影を落す。その償いはあれでいいのかと疑問も。
5月4日 韮崎&石和Hotel新光
P1040723_convert_20170510134318.jpg  P1040792_convert_20170510134431.jpg

P1040747_convert_20170510134343.jpg  P1040786_convert_20170510134408.jpg


5月5日 韮崎 &石和 かんぽ

P1040825_convert_20170510134527.jpg  P1040817_convert_20170510134506.jpg

P1040838_convert_20170510134602.jpg  P1040803_convert_20170510135510.jpg


5月7日 ミニバーベキュー

P1040872_convert_20170510134628.jpg  P1040876_convert_20170510134651.jpg


佐渡ロングライド「サポートRide」の抽選に当たった 5月15日

img033_LI_(3)_convert_20170516124305.jpg