>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
沈黙−サイレンス− 英題:SILENCE 上映時間:2時間42分
遠藤周作の小説「沈黙」を映画化した歴史ドラマ。
17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す。

358205_001.jpg  358205_005.jpg
ストーリー
江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。
長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。

その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い棄教の道を歩む。

358205_010.jpg  358205_014.jpg
完走
これは現代にも通ずる暗く重い課題だ。キリスト者と為政者の双方の傲慢さ。

キリスト者にとっては、不寛容な「沼地」としての日本、そしてち植民地化防衛の日本江戸幕府。
棄教と転向せずには生きられない時代を私は批判できない。

かたくなな司祭と、何度も踏み絵を踏む信徒という、対照的な二者の論理が歯がゆい。
異なる価値観をもつ者へ「唯一の真理」を伝えるのは傲慢。これと今のトランプと重ね合わせて見てしまうのは私だけか。

この映画は映画としては完成していると思う。が原作も呼んでみた方がいいかも。