>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
英題:IN THE HEART OF THE SEA 上映時間:2時間2分

ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異のサバイバルドラマ

19世紀を舞台に、白い大型のマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルを描く。

351419_003.jpg  351419_002.jpg
ストーリー
1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港する。
一等航海士オーウェン・チェイス(クリス・ヘムズワース)をはじめとする乗員たちは、太平洋沖4,800キロメートルの海域で白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇。
彼らは強大な敵を相手に必死で抵抗するものの船を沈没させられる。

351419_006.jpg  351419_005.jpg
完走
大海原で繰り広げられる人間とクジラとの壮絶な戦いそして漂流。
生き延びるための人間としての葛藤と心の「漂流」が描くというよりえぐり出されている。

一瞬感涙の場面も。
観て損はない。
英題:THE WALK 製作国:アメリカ日本公開 上映時間:2時間3分
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。
彼が成し遂げた前代未聞の偉業の全貌が映し出される。
事実は小説よりも奇なりを地でゆく物語はもとより、めまいがしそうな歩行シーンも見どころ。

353088_006.jpg  353088_007.jpg
ストーリー
1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2棟構造の高層ビル、ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張って命綱なしで渡っていくというものだった。

353088_003.jpg  353088_001.jpg
完走
大道芸人プティが、NYワールドトレードセンターのツインタワー間を無謀にも「歩いた」。
おちんちんが縮みめまいを起こさせる3D映像が見せ場だ。

とはいうもののこの「違法行為」への挑戦にこの映画を観る者をワイヤーを張るための周到な計画の過程から共犯者にしてしまう。
まぁいいっか、の映画だね。

2016.1.18の大雪
P1120883_convert_20160119134859.jpg  P1120881_convert_20160119134817.jpg
天気予報は2・3日前から低気圧通過に寄る・18日の大雪を予測していた。
午前4時半、気になって起きて外を見れば前夜の雨は雪に変わって5㎝は積もっていた。

P1120891_convert_20160119134924.jpg  P1120894_convert_20160119143241.jpg
1月のホワイトデーとは銀世界とでもいうかな。 雪害は昨年末から咲いた水仙に大きくのしかかっていた。
ニュースでは国電が遅れたりスリップ事故の報道で持ちっきりだ。

P1120912_convert_20160119143313.jpg  P1120942_convert_20160119143343.jpg
明けて1月19日
我が越谷富士山は今年初のすそ野までの雪化粧。 頂上付近は強風で荒れているのかその形に乱れが見える。
さあ今年は暖冬とはいえ何回かこの雪景色を観ることか。
2016恒例のわが社の幹部による賀詞交歓会

P1120723_convert_20160119145719.jpg  P1120737_convert_20160119145818.jpg
上野精養軒での幹部による新年の会、毎年優秀社員を招いての表彰母行われる。

 P1120739_convert_20160119150205.jpg   P1120741_convert_20160119145912.jpg
表彰状プラス金一封5万円也。まあこれも大事なことかね。今年の所信表明もね。

 P1120754_convert_20160119145945.jpg   P1120857_convert_20160119150130.jpg
アトラクション今年の出し物は神田京子による「講談士観てきたような嘘をつき」

P1120874_convert_20160119150054.jpg  P1120878_convert_20160119150027.jpg
飲んだビール30本、ワイン12本+雑酒、そして綺麗に食べたフレンチで。
集合写真でお開きでした。チャンチャン。
英題:BRIDGE OF SPIES 製作国:アメリカ 上映時間:2時間22分
スティーヴン・スピルバーグ監督と名優トム・ハンクスによるサスペンス大作。

東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”の舞台裏に迫る。
353946_013.jpg  353946_003.jpg

ストーリー
アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。

その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。
5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲される。

ジェームズは、CIAから自分が弁護したアベルとアメリカ人乗組員のパワーズ(オースティン・ストウェル)の交換という任務を任される。
353946_001.jpg  353946_016.jpg

完走
「冷戦」も戦時下であることに変わりない。
まあ「記録」としての冷戦も見ておこう・・・・程度かな
前半は睡魔来襲。
今日は年に一度の全員集合
号令かけてもなかなか集まらない孫たちも今日ばかりはお目当てが違う。
お年玉

P1120454_convert_20160115122837.jpg  P1120506_convert_20160115123027.jpg
私は朝から臼を洗って杵を準備して孫どもの来るのを待ちわびる。

P1120461_convert_20160115122910.jpg  P1120531_convert_20160115123100.jpg
一升餅を4つついて、アンコつけたりイチゴ大福作って、残りは伸し餅。お土産作り。

P1120492_convert_20160115122935.jpg  P1120501_convert_20160115122959.jpg
お年玉セレモニーの後は大宴会。

P1120587_convert_20160115123154.jpg  P1120581_convert_20160115123128.jpg
宴もたけなわすぎて日が暮れて富士も夕焼けまた来年。っと。
正月ボケでかつメタボ気味でブヨブヨになりかけた体に喝を入れるべく今年初ライド。

P1120249_convert_20160114192640.jpg  P1120253_convert_20160114192714.jpg
まずは防寒コスチュームで日光街道を上る。

P1120277_convert_20160114192743.jpg  P1120283_convert_20160114192852.jpg
千住新橋から荒川右岸に入って河口を目指し葛西臨海公園へ

!cid_C9E3C706-9A29-4483-A8D5-A6FD7E410EDC.jpg  !cid_06089ECF-6195-4ABE-A156-AE5E18972C15.jpg
久々のキャサリン、海辺は気持ちいいねぇ。暫し運河と歓談独り休憩。

P1120292_convert_20160114192922.jpg  P1120295_convert_20160114192959.jpg
荒川河口大橋を渡って東京ヘリポート経由で若洲公園へ。

P1120308_convert_20160114193028.jpg  P1120328_convert_20160115050143.jpg 
若洲公園を周回するサイクリングロードを経てゲイトブリッジ下へ。

P1120350_convert_20160115052538.jpg  P1120346_convert_20160115050240.jpg
そろそろお腹空いたなぁということで本日の最終目的地築地へと向かうことにする。

P1120358_convert_20160115050326.jpg  P1120366_convert_20160115050944.jpg
工事中の新東京卸市場の脇を通過

P1120377_convert_20160115050359.jpg  P1120378_convert_20160115051033.jpg
晴海大橋を超えて勝鬨橋を渡ればもうそこは築地場外だ゛。腹減ったぁ。

P1120411_convert_20160115051116.jpg  P1120400_convert_20160115050608.jpg
ここは「築地カントリークラブ」かと見間違うコスチュームの呼び込みのいる「築地すし鮮」へ。
この店先で休憩中のキャディな呼び込み姉さん?に自転車番人を依頼して店内へ。

P1120388_convert_20160115050509.jpg  !cid_FC609C52-496B-4DFB-991D-B2BA94F40BF4.jpg
光物中心にお好みチョイスで2500円ほどだ。いゃぁ満腹。満腹。
今回もメタボ解消にはほど遠い結果となるだろうと思いつつお腹抱えて出発。

P1120425_convert_20160115051202.jpg  P1120435_convert_20160115051256.jpg
帰りは河原の寒風避けて昭和通りから上野を経て陽の傾いた旧日光街道ひた走り家路へ。
本日の総走行距離76㎞。 ボタボタ走りで体重減の見込みなし。
例年どうり財務大臣の実家韮崎へ

P1120115_convert_20160114184912.jpg  P1120120_convert_20160114184814.jpg
中央高速からは綺麗な富士山も八王子過ぎるまでは綺麗に見える。

P1120140_convert_20160114184953.jpg  12486046_929212480490686_7613576128262234966_o.jpg
途中のサービスエリアからも見えるのだが山梨に入ると日陰富士山で霞みがかっている。

P1120148_convert_20160114185125.jpg  P1120141_convert_20160114185059.jpg
甲府盆地からは八ヶ岳や南アルプスも展望できる。

P1120155_convert_20160114185203.jpg  P1120159_convert_20160114185231.jpg
韮崎にはあのノーベル賞の大村博士の実家と温泉&絵画コレクション館がある。

P1120190_convert_20160114185300.jpg  P1120195_convert_20160114185440.jpg
実家で母親と弟を連れだしていざ石和温泉へ

P1120192_convert_20160114185329.jpg  P1120201_convert_20160114185402.jpg
露天風呂付きの部屋でゆったり親孝行
今年は正月休みが3日までと短くつかの間の正月やすもであった。

2016年平成28年元旦
明けましておめでとうございます。の朝。
P1120018_convert_20160114180343.jpg  P1120038_convert_20160114180426.jpg
日の出にてを合わせ富士山を仰ぎ観て年が明けた実感

 !cid_8F976884-261D-4B48-95E2-FF32A3F2D7B0.jpg   !cid_0A2A908B-67CC-4631-9488-D937704A7924.jpg
先ず初詣。久伊豆神社へ。

 !cid_7EB30E36-FFC1-4DE3-B654-AABBF5D251AD.jpg  !cid_F101FF6C-D769-4F41-9974-27F7C8D86C75.jpg
今年も平和で健康に過ごせますように。

!cid_D806A79E-8998-42DD-B5C0-5C3DF9642B55.jpg   !cid_C1BB8CB9-3A19-477A-AE8C-50AE695A01FB.jpg  
祈願を終えてお屠蘇をいただいて初ツーショットは自撮り。

!cid_78251A4C-D2C0-4EE6-A88F-BE829C2874C0.jpg  !cid_096C5D12-71B4-4CE8-B640-429E1FD07FD6.jpg
参道ではまずダルマ様を大枚500円とご祝儀500円で購入。

  !cid_5CCAB71B-F7C1-4586-8171-9E166D687FEC.jpg  !cid_8B837CA9-DF3E-4219-8724-31165B909168.jpg
縁起物の大判焼き・たこ焼き。イカ焼きをいただく。

 !cid_60A61FC4-C13C-4D98-9ED9-C6D6C6A41809.jpg  !cid_AC18AA36-2D6C-405A-ABA0-A6D99879CD22.jpg


!cid_FA098651-E05B-4E5B-AB8B-3D9EA9EB7C56.jpg  !cid_12066BCE-DF0F-4364-A4AB-D02A8DA9C107.jpg

そしてその足で郵便局へ寄って年賀状年賀状に1月1日の消印を押していただき投函。