>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
製作国: 日本 日本公開: 2013年2月23日 上映時間: 1時間45分
報道で伝わらなかった3.11-映画『遺体 明日への十日間』が綴る被災地の真実
2011年の東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を題材としたルポルタージュ「遺体 -震災、津波の果てに-」を基に、メディアが伝え切れない被災地の真実を描き出したヒューマン・ドラマ。

葬儀関係の仕事をしていた主人公を中心に、遺体を家族のもとに帰そうと奮闘する遺体安置所の人々の姿を映し出す。
sub1_large遺体 明日への十日間  T0015222遺体 明日への十日間
完走
黙祷・・・・・コメントできない。 

西田敏行が主演を務め、佐藤浩市等名優が共演。
東日本大震災の壮絶な様子と共に、遺体安置所の人々を通して日本人の死生観を映し出す。

お奨め度 この体験を風化させないために300%
なんとこの映画がアカデミー賞オスカーを受賞とかなんとなく「政治」の匂いがしないでもないが昨年10月のページを再度ブログアップしてみました。

***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画
英題:ARGO 製作年:2012年 製作国:アメリカ
日本公開: 2012年10月26日 上映時間: 2時間0分
サスペンス。
1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を追い掛ける。
  343336_001映画『アルゴ』   T0011493p映画『アルゴ』
完走
冒頭からドキュメンタリータッチで実写とオーバーラップした映像が展開する。
前半は「解説」的シーンの連続で睡魔の襲来を受けるが我慢。

いざ救出作戦開始の段階で俄然血沸き肉踊る。
だが、いざイラン国内のシーンでは思わず背を低くして周りを見回すしぐさで映画に見入る自分を感ずる。
  
流血も殺戮もない久々のハリウッドサスペンス映画
国際間の争いに口出しするつもりはないが、映画としてはスリル満点。

「実話」という先入観がまた観る側をスクリーンの内側へ引きずり込んでしまう。
お奨め度  75% 本編は ここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう
「草原の椅子」製作: 2013年 日本公開: 2013年2月23日 上映時間: 2時間19分
男女4人が世界最後の桃源郷と呼ばれるパキスタンのフンザへ旅する姿を描く。
人生の岐路に立ち今後の生き方を模索する登場人物たちを、佐藤浩市、西村雅彦、吉瀬美智子が演じる。パキスタンで日本映画初となる長期撮影を敢行した雄大な光景が見もの。
ストーリー
バツイチサラリーマン遠間憲太郎(佐藤浩市)は、50歳を過ぎて取引先の社長・富樫(西村雅彦)や骨董店オーナーの篠原貴志子(吉瀬美智子)と出会い、互いに友情を深めていく。

002草原の椅子  001草原の椅子
完走・・・・かろうじて落車をこらえる。
スロースタート&スローエンディング
ドラマチックな場面は無い。

幼児虐待世代の世相を皮肉っているが登場人物四人を無理繰り引き合わせてるから現実とのかい離に違和感有り。
所々に感涙シーンはあるものの感動は無い。

佐藤浩市、西村雅彦の男のやり取りがかろうじて眠気を追いやってくれる。
お奨め度60%かな。  ここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう
英題: GHOST RIDER:SPIRIT OF VENGEANCE 製作年: 2011年
製作国: アメリカ 日本公開: 2013年2月8日 上映時間: 1時間35分

燃え盛る炎に包まれながらバイクで疾走する、どくろの姿をしたヒーローをニコラス・ケイジが演じるアクション第2弾。

悪魔との契約によってゴーストラーダーの呪いに苦しむ主人公が、悪魔に狙われた少年を救うべく戦いを繰り広げる。
過激なアクションとニコラスの熱演に手に汗握る。
343732_001ゴーストライダー2 343732_006ゴーストライダー2
完走・・・・落車
オカルト版仮面ライダーだね。

確かにハラハラドキドキはあるが「眠気」が勝利する。
お奨め度15%  本編は  ここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
東京都トラック協会(北支部)が毎年交通安全祈願のバスハイクを実施しているが今年は32回目で、埼玉県東松山市にある箭弓稲荷神社を参拝した。私も今年も参加させていただいた。
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町2丁目5−14
http://www.yakyu-inari.jp/history/index.html
P1010329箭弓稲荷神社  P1010347箭弓稲荷神社
箭弓稲荷神社(やきゅういなりじんじゃ)は、日本三大稲荷の一つとされている。
箭弓は、野久はすなわち箭弓(矢弓)の意で、武門の守護神であるとか。
P1010356箭弓稲荷神社  P1010326箭弓稲荷神社絵馬
野球勝利祈願ならここ(やきゅう)稲荷神社 野球絵馬を頒布している。
P1010360箭弓稲荷神社絵馬  P1010367箭弓稲荷神社バット

参加者40余名全員で拝殿に上がり参拝&祈願の後、バスは関越自動車道を北上して群馬県へ。
遠くには浅間山、赤城、榛名、妙技の何れも雪を戴いた連山を望み快適なバス旅行。

P1010372ワイン  P1010380試飲
榛名山麓の「しんとう(榛東)ワイナリー」見学。
吉本興行卒業かとも思える絶妙な話術の案内の「おばちゃん」の解説を聞いてからの試飲。
昼食前の文字どうり「食前酒」と相成った。

P1010388宴会  P1010386料理
群馬といえば温泉、温泉といえば伊香保
伊香保のホテルでの昼食会である。セレモニーの後、しっかり美食とお神酒に舌鼓させていただいた。
伊香保温泉 如心の里 ひびき野
P1010413温泉  P1010410露天風呂
もちろん温泉も味あわせていただいた。
茶褐色の鉄分豊富な温泉に浸かって満足満足。

P1010417まいたけセンター  P1010418まいたけセンター
旅のラストは群馬「まいたけセンター」でお土産買って。
良いバスハイクの一日でありました。とさ。
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう
映画「脳男」
製作年:2013年 製作国:日本 2013年2月9日
上映時間: 2時間5分
343365_005脳男  343365_004脳男
  
生まれつきの常識では考えられないほどの高い知能と、驚異的な肉体を兼ね備えるも、人間らしい感情はない謎めいた男・脳男をめぐるバイオレンス・ミステリー。
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の原作
 
完走
もっとオカルトの先入観イメージをもって観たが、残忍さの強調はあるが、なかなか筋立ては完成していて、心に突き刺さるものを感ずる。

必殺仕置き人や梅安とも違う正義感を「脳男」が演ずる。
刑事役の江川洋介も「人間」の弱さを瀬戸際で見せてくれる。

松雪泰子もあの薄幸で切ない雰囲気のキャラクターが精神科医にはまっていた。

お奨め度 迷った挙句70%としておこう。
本編は  ここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
読売の昨夕と今朝の新聞記事

img163000_20130215062435.jpg
規制ばかり強くなるのは人間不信の結果。
ささてさて住みずらいよ。
img164000_20130215062431.jpg
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう
『ダイ・ハード/ラスト・デイ』
英題:A GOOD DAY TO DIE HARD 製作年:2012年
製作国:アメリカ 日本公開: 2013年2月14日 上映時間: 1時間38分

大事件に巻き込まれる不運でタフな刑事ジョン・マクレーンをブルース・ウィリスが演じる、大ヒット・シリーズの第5弾。
344016_001ダイ・ハードラスト・デイ  344016_006ダイ・ハードラスト・デイ
モスクワで警察のお世話になってしまった息子ジャックを引き取りに向かったマクレーンが、ロシアの命運を左右する陰謀に巻き込まれていく姿を壮大に活写する。
完走
ジョンとジャック親子の掛け合いや連携バトルに加え、ヘリや装甲車も動員したド派手な見せ場に注目だね。
親子愛を語るんだったら「銃」を片手にでは不似合いだな。

これは親子の絆というより親子の「友情」だね。・・・・・・これ皮肉だよ。
まあ目くじら立てずに暇つぶしの「娯楽」と割り切ればお奨め度70%てぇとこかな。

本編は  ここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
春よ来いと願ったら水仙が咲いた。
3年前の淡路島ロングライドで地元のおばちゃんから土産にいただいた球根が今年も増殖して芽を出し、蕾をつけ、気が付いたら咲いていた。
859405_425061750905764_1165077445_o_convert_20130214104856.jpg  859777_425061734239099_207216702_o_convert_20130214104929.jpg
春は律儀にやってくる。
思いっきり自転車に乗れる日も近い。

もっと暖かくなれ。
私も水仙のように今はじっと我慢して3月に入ったら走るとするかな。
日本海側は大雪だというのに関東平野はポカポカ陽気の2月13日。
市川の事業所からの帰り道、太陽は西に沈み空を焦がしていた。
燃え尽きる太陽は撮れなかったが首都高速湾岸線で富士山とスカイツリーのシルエットを激写
859017_424815680930371_81433517_o.jpg  820717_424815720930367_1070692354_o.jpg

高速道路を移動するのに合わせるかのように富士山がスカイツリーの
左右に動くのが面白い。 861343_424815640930375_566676471_o.jpg
北風が強く手前の荒川の水面は波立っていた。
春よ早く来い。
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう
「きいろいゾウ」製作年: 2012年 上映時間: 2時間11分
作家・西加奈子の人気小説を映画化したラブストーリー。
出会って間もなく結婚した夫婦が、1通の手紙をきっかけに擦れ違いながらも過去と向き合い、絆を深めていく姿を描く。
ストーリー:
周囲の生き物たちの声が聞こえる能力を持つ天真爛漫な妻の“ツマ”(宮崎あおい)と、背中に入れ墨のある売れない小説家・“ムコ”(向井理)は、出会ってからたちまち結婚。

二人とも互いに言えない秘密を抱えていたが、至って平穏な日常を送っていた。そんなある日、ムコに差出人不明の手紙が届いたことから、二人の関係にさざ波が立ち始める
343721_003きいろいゾウ  343721_002きいろいゾウ
完走
衝撃的シーンは一箇所だけあるが、プロローグからエンディングまでちょっと異常な妻を持つ男の苦悩をだらだらと見せられても感動はありえない。

日本放送協会で育ってしまった向井理と宮崎あおいが共演した処で良い映画が作れるはずがない、だが期待して観た私が悪かった。失敗。
彼らを取り巻く人々には柄本明、松原智恵子、等の顔ぶれだが、そのキャラクターを活かしきれなかったのは監督の力不足。・・・というよりも小説を映画化する際に小説の表現を画像に再現するのにはそれなりのリスクを負うことを無視してそのリスクを観客に負わせてしまった典型作であろう。

お奨め度0% 本編は  ここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう
英題: JACK REACHER  製作年: 2012年  製作国: アメリカ
日本公開: 2013年2月1日 上映時間: 2時間10分
イギリスの作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説「ジャック・リーチャー・シリーズ」を映画化したアクション大作。

街から街をさすらう元軍の秘密捜査官だった男が、たった一人で悪に鉄拳を食らわすさまを描き出す。
トム・クルーズが孤高の主人公を熱演
343259_005アウトロー  343259_001アウトロー
完走
もちろんカーチェイスや派手なアクションもあるが、トムクルーズにしては落ち着いたクールな作品に仕上がっている。

台詞の一つ一つに趣をおいたストーリー立てで劇中に引き込まれていく。
エンディングでその台詞が生きる。
銃社会への批判配慮か格闘で決着つけるシーンはあるものの、やはり銃無しでは解決し得ない場面がヤンキーらしい終わりかただ。
お奨め度80% 本編は  ここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************



2月10日
次男宅の長女が高校に合格しましてお祝いの焼肉パーティーしまして
孫共が全員集合のはずが、部活で2名欠けたけど・・・にぎやかです。
P1010257.jpg   P1010253.jpg

久々の「牛角」の飲み放題、食べ放題、御代は私のスネカジリ放題。
私もハシャイで飲んだら息子ににらまれました。
P1010210.jpg  P1010213.jpg

P1010218.jpg  P1010223.jpg
まあいいっかの裸のお付き合いもできました。とさ。

2月6日、今年2度目の大雪予報。
1月の成人の日に降った大雪は関東の交通網は大混乱であった。

これに懲りて今回は早めの準備と対策をとってその朝に備えたのだが・・・・・。

841180_421689637909642_690692290_o_20130207100641.jpg P1010177_convert_20130207100833.jpg
夜中に気になって時々起きて空模様をみあげてみた。
午前0時・・・・・・????
午前3時・・・・まだ降っていない。

そして午前5時、雪がチラホラ。

午前6時、起床。
マンションから覗くと近隣の屋根に薄っすらと積雪はあったものの雪は霙に変わり、出社時間には「国鉄」の間引き運転70%をあざ笑うかのように氷雨へと変化していった。

乗客への利便サービスでは「私鉄」になりきれない「国鉄」の体質露呈だね。

バルコニーの山茶花はシャーベットと化した雪の冠をいただいてその氷雨に凍えていた。
うらみの「怨歌」だね。

私も車のスタッドレスタイヤの性能を生かすことなく、雪対策のために昨夜用意したスコップと長靴をその車に積んだままいつものように通勤路を走るのでありました。とさ。

長野県伊那北高校の野球部同胞が47年振りにキャンプインした。
1966年同校卒の七人の侍だ。

P1010128木曽駒ケ岳 P1010143二人静
キャンプ地は中央アルプスの主峰木曾駒ケ岳の登山口である長野県駒ヶ根市早太郎温泉山野草の宿「二人静」

P1010124牡丹  P1010108中央アルプス連峰
私の生家は南信州伊那谷の最北端の町辰野にある。
キャンプインの前日、久々に父母の墓参もかねて訪れ家長の長兄と地酒で親交。
生家の庭には春を待つ牡丹の花芽が厳冬下で中央アルプスを遠くに望み開花の準備をしていた。

P1010153部屋で P1010155六人
節分のキャンプイン当日。
集合午後3時、オール65才の「年金」ルーキー全員集合である。
ファーストS水君・センターS井君・ショートストップT田君・レフトI内君・ピッチャーN口君そして私、マネージャーNebaneba君・残念なことにサードのM瀬君は彼の事業が多忙につき欠場。

P1010137南アルプス連峰
キャンプ地の「二人静」の東側の展望は雪を冠した南アルプス連峰。
左から鋸岳 2607m ・ 甲斐駒ケ岳 2966m ・ 仙丈ケ岳 3033m ・ 北岳 3192m ・ 間の岳 3189m ・ 農鳥岳 3025m。
いいねえ。最高のロケーションでのキャンプである。

トレーニングメニューは
酒の品評談義はもちろん、健康維持・年金支給額のからくり解説・孫の教育資金・事業継承家督相続・ピンピンコロリン成就・等々、とても一夜では消化しきれない。今夏再度キャンプすることを喫して布団ダウン、・・・・・・。

さて、明けて立春2月4日、
朝湯を浴びて朝食、そして解散となるのだが、名残尽きず、ファーストS水君の経営する伊那市の「菓匠 shimizu 」の工房でで再度ミーティングすることと成った。
P1010171カフェタイム P1010169メルヘン絵画
彼は高卒後修行を重ねて父君の和菓子店を継承し洋菓子と結合させ、彼の子息がフランス仕込みのセンスを結合してメルヘンチックな工房を完成させたのである。

一階が工房と売店、二階が喫茶サロンとなっている。このサロンはパーティーや小規模な結婚式にも対応できる、まさに世界に誇れる「菓匠」のメルヘン城である。

P1010165メルヘン菓子工房 P1010174しみず店内
信州伊那谷のメルヘンの城を多くの方に訪れて欲しいものである。

さてと、野球部のキャンプは今夏に再実行することで散会と相成った。