>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
二月の末と言うのに真冬の気温そして今朝は雪模様
天気予報は連日過去の記録を引用して今年の異常な寒さを強調する。

春が来ない年はない  IMGP4668水仙
                       今朝の雪を戴いた水仙

今は冬 明日は春 IMGP4640れpy水仙 
                       昨日の&明日からの水仙
我が家にはすでに春が来ている。春の足音だ。
昨年淡路島一周ライドで農家のおばさんから戴いた水仙の球根が芽を出したのだ。201110111649320bf_20120229102336.jpg

IMGP4656お雛様
飾り棚の上の財務大臣手作りお雛様は一週間前から春を告げている。
三月三日過ぎには早々にまた箱に仕舞われる運命を知ってか知らずか。
3月からは必ず温かくなりますと言い切っているようだ。

春が来た 春が来た どこに来た
山にも 里にも 我が家にも
そして春は明日必ず日本に来る。
熱海の健保組合の保養所へ一泊視察に行く機会を得た。
駅前の「家康の温泉」なる足湯と機関車の意味不明なコラボで熱海は迎えてくれた。
IMGP4626駅前足湯  IMGP4633熱海の海

翌朝、保養所のマネージャーから経営理念や利用率・収益率等を聴取の後、運営会社担当と会見・
まあ、本格的な事業計画は「プロ」同士でプレゼンやっていただくとして、視察終了。

我がつま先はみやげ物街へ自然と向いて行く。
IMGP4634熱海みやげ物街  IMGP4638店先の秋刀魚  
とある店先で「サンマ目刺し」を発見、これは私用、温泉饅頭は会社用の土産とした。
こんな小さなサンマをはじめて見た。30匹650円
一人居酒屋の肴にビッタシなサイズと手頃な値段。

帰宅後、財務大臣の不在をいいことに早速暖簾上げ。
IMGP4650秋刀魚 とワンカップ  IMGP4646秋刀魚
この肴に似合うお酒はウルメイワシと同様カップ酒がいい。
開栓する時に縁からお酒が溢れないように静かにゆっくりななだめるように蓋を取る。
先ずは一口、すすりこむ、サンマの油の焦げる臭いに腹の虫がざわめく。

熱々のミニサンマを頭からかじる。うっ軟らかい。
わたの苦味が口中に広がり酒を誘う、もうひと口お酒を流し込む。

もう一匹サンマを摘む、タチマチ1カップ空ける。
2個目のワンカップに手をつけた時、財務大臣がサンマの焼ける臭いに誘われたかのように帰宅。

囲炉裏端はたちまち車座の宴会と化す。
結局ワンカップはファイブカップとなってしまった。食べたサンマは12尾。

のん兵衛長屋みたいな風景を他人にはちょっと見せられない。
残りのサンマは18尾、冷蔵庫に待避させた。一人ならあと二回は楽しめるかな。

天国・天国・囲炉裏天国は一人がいいな。
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画
英題: UNDERWORLD AWAKENING
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
上映時間: 1時間28分
ケイト・ベッキンセールの主演で、バンパイア(吸血鬼)族とライカン(狼男)族の種族の存亡をかけた戦いを描いたアクションシリーズの第4作

originalアンダーワールド 覚醒  sub03894_largeアンダーワールド 覚醒  
タイトなラテックス製スーツに身を包み、相変わらずのキレのいいアクションを見せている。
お勧め度 マイナス100% 単なる破壊劇、週刊劇画マガジン誌的にクライマックス直前に次週に続くで終わる。
本編はここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
「納車」といっても自転車ではない
車載輪行のための自動車だ。
昨年、ロードとほぼ同時期に発注したのだが車の方が早かった。
IMGP4604納車  IMGP46136お祓い
氷雨降る今日、以前から懇意にしている東京王子のトヨタ販売店に引き取りに行き、その足で越谷久伊豆神社で交通安全祈願とお祓いを受けてきた。IMGP4608久伊豆

「新しい皮袋には新しいお酒を」
「新しい車には同時にニューコルナゴ君を」と思っていたのだが、コルナゴ君の姿形はまだ見えない。

この手の車は「黒」が精悍に見えるのだが、私の信念として車は清潔感満載の「白」。
欧州辺りでは白は塗装無し車に見えるらしいが、白は明るく目立つ。

ナンバーは希望ナンバー108 IMGP4602 108
「入れ歯」とも読めるが、仏教の世界では煩悩の数だ。

人間の身心の苦脳、肉体や心の欲望、他者への怒り、物事への執着などなどなど。
まといつく煩悩を車のナンバーにすることによってそれを御する。

つまり私の物欲塔を自戒するためにこの番号に指定。
欲望を抑え、捨て去る努力をすること。

とは言うものの、なかなかこの煩悩を制御することができないnebanebaだ。
矛盾を搭載してまた走ります。

いずれにしても無事故でまた私をサイクリングの旅に連れて行ってもらいまーす。
財務大臣に先日「ミラノ」でゲットした四っつ目のニューヘルメット公開した。
叱られた

「無駄遣い野郎めっ」
「頭は一つなのに四つも必要かぁ?」
「ヤマタノオロチだって頭が八つあったって鉄兜なんぞ被ってねぇぞぁ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・罵詈雑言は延々と続く。

IMGP4601前面スタイル・
私はしばし大臣の発言を神妙に聞く振りをして、全て彼女が吐き出した頃を見計らっておもむろに、もの静かに声のトーン落として諭すように答弁。

『大臣のお洋服がクローゼットの壁を押し破るかと思われんほど詰まっておりますね。』
『体一つなのにあれほどのお洋服はどう着られておられるか私は「観賞」いたしません。』

『必要であるからクローゼットに「貯蔵」されているのだと推測いたします。』
『私がせめて自転車一台に一つのヘルメットを使わせていただくことをお認めください。』

IMGP4596バックスタイル

財務大臣曰く  「・・・・・」

ざまあみろ
ここからは私の「心の呟き」

「二十のころ着てたワンピースを着れもしないくせに後生大事に持ってゃあがって」
「しかもセッセと箪笥の肥やしを無限に買い増しやがって、事業仕分けの消費委員会で質問攻めにしてやるぞぉ。」

まあそれ以上の言及や発言はわが身守るためには無用
家庭いや人類平和のために・・・・・・
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画
映画「TIME/タイム」製作国: アメリカ
英題:「 IN TIME 」
上映時間: 1時間49分 T0011497qIN TIME
テクノロジーの発展によって老化を克服し裕福な者は永遠に生きられる一方、貧しい者は寿命のために働き続けなければならない近未来を舞台にしたアクション・サスペンス
341090_001IN TIME 341090_004IN TIME
完走 面白い。
祖母、父母、妻も、娘も、そして本人も人類皆外見は25才・・ちょっときもいが、もし資金が潤沢に合ったら私ももう一度25才に戻って生活してみたいね。(そんな呑気な内容の映画では決してない。)

お勧め度 95%
本編はここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画
英題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE
製作国: アメリカ
341035_001ものすごくうるさくて  341035_010ものすごくうるさくて
父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く。
感受性豊かで過敏な少年とそのグランド父と思われる男の演技がいい。
お勧め度70パーセント。タイトル長すぎ。
本編はここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
新コルナゴ君のフレーム入荷がが待ち遠しくて「ミラノ」に立寄ってみた。
まだ影も形もない。

そこで、新車用にヘルメットを先取りしてみた。
サイクリングヘルメット「catlike-whisperplus-helmet-red」

他にあまりないデザインだ。見方により、ハニカム状でもあり。アムロヘアー的でもある。
ちょっと気が早いんでねえかえ? whisperplusred.jpg
このヘルメットのカラーリングとデザインは新車とグッドマッチングと思うのだが
この我が「物欲」を財務大臣に何と説明しようかなあ。

しばらくは車のトランクに貯蔵しときますか。
IMGP4567「catlike-whisperplus-helmet-red  IMGP4579_convert_20120220182312「catlike-whisperplus-helmet-red
厳冬の平成6年2月20日 明治生まれの我が母の命日である。
我が故郷伊那谷は信州と言えども積雪はほとんどないのだが、この寒さゆえ今年も墓参はお彼岸まで延期させていただき、実家へお線香と絵蝋燭を宅配便で送ることで免罪とした。
IMGP4536お線香  IMGP4540絵ろうそく
家長の長兄は電話口で「たまにはゆっくり話に来いよ」とちょっぴり不満な口振り。
わたしのぐうたらなブログ見ての批判かと「冷汗」たらり。

昨日は新宿で、今日は千葉で、明日は浅草で・・連続飲み会。
「親不孝者め」
おふくろよ・・・ごめん。
春になったら必ず行きますからね。
今夜は陰膳を免罪符とした。IMGP4584遺影
親父とのツーショットの写真の前にお袋が好きだった鰻の蒲焼を一切れ供えさせていただいた。
親父と分け合って今頃草場の陰で味わっているはずだ。親父はカップ酒もチビチビやってるだろうな。

では彼岸まで。
2月19日(日)会社指定の定期健康診断日
勤務の都合上全員が受診できるのが休日ということで日曜日に設定。
てなわけで日曜日だというのにブランチとビールを抜いて会社近くの診療所へ。

例年の「行列のできる」診療所と思いきや、検尿・体測・視力・聴力・血圧・心電図・血液・問診・レントゲン・
すべて完了するまで所用時間は20分弱にて終了。
オッそうだ「腹周り検測」もあったっけ。
IMGP4545_convert_20120220103517健康診断 IMGP4547_convert_2012022010362ホタテ
IMGP4549_convert_2012022010373567b 親子 IMGP4562_convert_20120220103825空ビン
まあ健康であることに感謝して、我が家近くの磯焼き居酒屋へ。財務大臣も同行。
昨夜から食事制限して、朝食兼昼食抜きで頑張った我がお腹にご褒美を授与することにした。

我が家の「一人居酒屋」同様の「いろり天国」を置いたこの店へはお初。
この店は良いか悪いか、値段は高いか安いか、客層は?、今後長く使えるか「居酒屋診断」することにした。
こ上がりで先ずはグラスビールで喉とお腹に癒しの一滴、いや一杯。

帆立とイカ焼きオーダー、帆立650円は高いと思ったが何と私とおなじ「天然」バカデカ
まあこれならは許すか。気分良くして韓国焼酎をボトルでお願い。

ロックでぐぐいのぐいっ。旨いねえ。
鮭の親子というか鮭のづけといくらに鮭のネギトロ風も財務大臣におねだり&ゲット。

財務大臣同行で大船に乗ったnebanebaはたちまちボトルを空にしたのでありました。とさ。
健康に乾杯…だね。

まあ両方とも診断結果はしばらくしてから出るでしょう。
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画
英題: THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
製作国: アメリカ
上映時間: 2時間38分
340019_001ドラゴン・タトゥーの女  340019_016ドラゴン・タトゥーの女  
ラストに「愛」を感ずる。R15は醜いがそのカットを巧く生かしている。
ルーニー・マーラーの、「タトーの女」の演技と後半変身した彼女の美しさとの格差には見る者(nebaneba)は魅了させられる。
ただし「警告」、予告編を含めて2時間45分以上という長編に対処するためには、開映前にしっかりトイレに行っておく事をお勧めする
お勧め度 90パーセント
本編はここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
今週は「宴」が続いている。夕方から氷雨降るなか東武浅草へ
今夜は浅草で樽画伯と彼が個展を開いている喫茶店「ギャラリーカフェ オルケスタ」のマスター松田風馬氏と三人で今回の「樽ギャラリー」反省会。

(デジカメ忘れてケイタイとパンフコピーで画像確保)
img072パンフ・・電気ブラン・・img071パンフ
反省会と称した飲み会はあの「神谷バー」そして「電気ブラン

明治の時代からこの神谷バーは数多くの文豪達が足跡を残している。
この「電気ブラン」が庶民の「ハイカラ」志向とむすびついて大正・昭和・平成に脈打って居るのだという。

樽画伯も松田氏も作家の風貌を持ち合わせてしかも庶民、「神谷パー」と「電気ブラン」が良く似合う。これに酒なら何でもの私が加わっての「人生談義」

アルコール度40度のブランデーを一杯・二杯・三杯と重ねるうちに、話題は生い立ちから家族構成・人生観・音楽観・芸術論・交遊録・はたまた女性観まで意気投合、あっという間に二時間経過。
かって石川啄木・川端康成・永井荷風・萩原朔太郎等も友人と電気ブラン飲み交わしながらここで同様の時間を過ごしたのだろうか・・。

話は尽きぬが三人三様に遠方よりの参集につきタイムオーバー。
松田氏は青梅へ、樽氏は松戸へ、そして私は越谷へ夫々に家路をたどるのでありました。

ところで当夜は乗り越しはせずちゃんと新越谷に下車したnebanebaでした。
反省会と称した居酒屋会議には何度も出席してきたが、今回の「反省」は極度に楽しかった。
自転車を媒体とした繋がりに感謝だね。(2月15日水曜日)

反省会場は、南越谷から武蔵野線経由西船橋で総武線に乗り換え本八幡へ、(44分)
駅近5分の「和多屋IMGP4520和多や

チーム東葛のみなさんとは年に何度もお会いしているわけではないが、こうやってたまに乱入するチーム外の爺を快く歓迎していただけることに感謝だね。

さて、何を反省したか、2月4日のイベント「東京ゲイトブリッジ開通記念スポーツフェスタ」の当日渡り初めの橋上でチーム東葛の有志メンバーと遭遇する予定であったが、2,000人もの参加者の中から皆さんを探し出せず、お会いできなかったことである。

IMGP4521和多屋

参加者は、グルメライダーのGibsonさん、カメラワークプロのdadashinさん
超細密エンジニァのemoさん、結婚式直前、自転車大学教授の断腸亭さん
スーパーちゃりガールのあきさん、岩淵水門ビアンキガールのけいさん(あきさんのご友人)、
江戸川のスーパーマンkincyanさん そして、乱入男のnebanebaの総勢8名
殊に幹事役のあきさんには快活な仕切りで皆を盛り上げていただき感謝だね。

今までハンドルネームと本名とお顔とが私はなかなか一致することができなかったが、今夜はじっくり膝を交えて和多屋の美食に舌鼓を打ち、美酒に酔い、親交を暖めることができた。

さて、楽しい時間はあっという間に過ぎてじゃあまたねと解散したのは23時。
すっかりいい気分でご帰還にあたって下車駅を乗り過ごすことを忘れなかったnebanebaでした。

またもや・・・・・・・呑み代よりタクシー代のほうが高かった。
チーム東葛の皆様こんなじ爺ですが懲りずにまた付き合ってやってくださいな。
わが母校「長野県伊那北高校」の関東地区同窓会の機関誌が毎年5月に発行される。
今年は私が何故か編集委員を仰せつかってその原稿収集に奔走する日々である。

氷雨降る2月14日夜、俳人で居酒屋の亭主でもある俳号「伊藤伊那男」氏を訪ねて、原稿依頼した次第である。
もちろん彼も長野県伊那谷出身で私の後輩である。昭和24年生まれ推定62歳。

彼は俳句の会「銀漢俳句会」を主宰、同人誌「銀漢」を毎月発行出版している。

書籍の街・神保町にさりげなくマッチしたお店で、オーナーが俳人ということもあって、季節の味を繊細に表現した定番と日替わりメニューが楽しめるお店。ココだけの絶妙な味を楽ませていただいた。

そのお店「銀漢亭」は「創作小皿料理銀漢亭」とネットでは紹介されている。
千代田区神田神保町2-20、TEL:03-3264-7107

image2.gif  IMGP4499銀漢亭
店名の所以を亭主に聞いてみた。
銀漢とは俳句の世界では天の川のことであるとか。
つまり「天の川亭」である。なんと夢のあるネーミングだ。

今夜、この店に同行した呑み仲間は、私と同期の18回生三名。
もちろん信州の美酒「真澄」を熱燗で戴く。
IMGP4506メニュー  IMGP4501鯖山椒
メニューはもちろん短冊に一品づつ書かれ壁に留めてある。
私は「鯖の山椒煮」をオーダー。ピリッとした山椒の香りが舌を刺激して、酒を誘う味だ。

IMGP4509店内  IMGP4512句会
店の奥では定例の句会が開かれており、「一茶」が十数名、どことなくアカデミックな雰囲気だ。
明日は店主と同期の20回生が集まり同期会がひらかれるという。
その内の四名が機関紙へ投句してくれる約束をしてくれた。

これで今夜の私の原稿収集の役目はほぼ果たせた。めでたしめでたし。
ちなみに俳句とは縁のない同行三人、あとは旧交を温め、政治談議や現業の憂さ晴らしを肴に美酒に酔うことで時を過ごすのであった。

ところで・幕末から明治にかけてどこからともなくやってきて、伊那谷を三十年間放浪した俳人「井上井月(いのうえせいげつ)」をご存じであろうか。

img067ほかいびと  img066.jpg
小林一茶と並び称される、郷土の俳人「伊那の井月」。
彼を主人公とする、映画「ほかいびと~伊那の井月~」が、
東京都中野区の映画館で上映されます。
監督は、伊那北高校13回卒の北村皆雄さん。

主演は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で吉田東洋役を怪演した田中泯さん。
音楽は一柳慧、語りは樹木希林という蒼蒼たるキャスティングです。

上映内容は下記の通りです。

映画「ほかいびと~伊那の井月~」 
上映情報
期間: 3月24日(土)~4月6日(金)
会場: ポレポレ東中野 
〒164-0003 東京都中野区東中野4丁目4-1ポレポレ坐ビル地下
(JR総武線東中野駅徒歩1分 都営大江戸線東中野駅徒歩1分)
Tel.03-3371-0088
時間: 10:30 | 13:00 | 15:30 | 18:30
料金: (当日) 一般1,700円、学生1,400円、シニア1,000円
 (前売)1,300円

是非ご覧あれ。
日本中に寒波が襲来。今晩から明日にかけて関東にも氷雨か雪の情報が。
我が家の「財務大臣」は、まだご帰還無し。こんな夜は熱燗に限る。
さあ、「一人居酒屋」「囲炉裏天国」の暖簾を揚げよう。

IMGP4479お燗  IMGP4482長芋
先ずは鉄瓶を「囲炉裏」に掛けてじわじわと湯煎。大き目のぐい飲みを用意。
湯が暖まる間に、長いもをぶつ切りにして山葵と醤油を用意。「一人居酒屋」の付け出しだ。

鉄瓶から湯気が上がってくるのを待つ時間がもどかしい。
右手で徳利の首をつまんで、左手にぐい飲み。この手酌の瞬間がなんとも侘しくていい。

右手には徳利を持ったままで一杯目、口に含み一気に喉に通す。
ふぅー、そっと息をぬく。体内に「一肌」が流れ込んで五臓六腑に染み渡る。

二杯目もぐい飲みは手に持ったまま注ぐ。
三杯目、ぐい飲みをようやく「囲炉裏」の淵に置いて注ぐ。

山芋に箸をつける、山葵がツーンときた。

IMGP4484タジン鍋  IMGP4496セット
二本目を鉄瓶に入れて燗したところで、台所へ立って冷蔵庫を漁る。

冷蔵庫の野菜室を漁って、もやしとピーマンをゲット、おまけはオクラ。
上の段の肉室の白色トレーの底にへばり付いた少々の豚肉も・い・た・だ・き。
鉄瓶を囲炉裏火から外して、タジン鍋で蒸し焼きだ。そうだポン酢も用意しよう。

シャキシャキもやしとピーマンと少々のお肉で二本目をゆっくり味わう。
ポン酢に山椒多目の「やげんぼり」の七味をちょっと落として、いい香りだ。

そして、&、そしてIMGP4491おくら
ねばねばオクラを生でかじりながらの三本目。
これぞnebanebaの一人居酒屋「囲炉裏天国」
「財務大臣」はいまだ未帰還。もう一本いくか。

天国、天国。いろり天国。