>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画

在日韓国人2世で、高校を中退したフリーター青年グーが、暴力とセックスがはびこる世界でたくましく生きていく姿を描く衝撃作・・・。
血生臭い  340580_001ハードロマンチッカー  
久々の落車。
本編はここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
晩秋の谷中界隈をミニペロで散策してみた。
台東区発行のイラストマップ頼りにスタート。
img086.jpgimg087.jpgimg088.jpg

IMGP3594田端東覚寺 IMGP3595青雲寺
北区田端の「東覚寺」近くまでジオス兄弟を車載アクセスして拠点確保。
谷中七福神の「福禄寿」を祀った寺でもある東覚寺からスタートし、恵比寿様の青雲寺を参拝。

富士見坂下から IMGP3597富士見坂下 IMGP3600富士見坂上
坂上に息せき切って上ってみると、霞みかかったその先になんと見えた。「富士山」

デジカメをズームアップにして撮影を試みること数回、くっきりとは写らないのが悔しい。
IMGP3671富士山見える② IMGP3669富士山見える
PCで反転加工しようやくウッスラ再現できた。白ラインで書き込み。
その昔はくっきり富士山の全容が見えたであろうが、今はビルの谷間に頂上の一部のみだ。

IMGP3602ゆうやけダンンダン IMGP3611茶遊亭
「夕やけだんだん」。
日暮里駅方面から進と階段上に出るのだが、うっかりすると階段道路の天辺から墜落する。
脇の「七面坂」を迂回するか自転車かついで下まで降りる。
階段下の「茶遊亭」は、玄米焼きシュークリームの実物の積み重ねが目を引く。

早速購入、即パクつく。IMGP3609玄米シュークリーム
皮はカリカリで抹茶味がうまい。カスタード味もある。
一個300円。店内は喫茶室となっており、行列ができる賑わいだ。

IMGP3612谷中ぎんざヒグラシの里   IMGP3618岡倉天心記念公園
「谷中ぎんざ商店街」は自転車を押しての散策。活気あり若い女性が多く、賑わいの商店街だ。
商店街をぬけ、岡倉天心記念公園でトイレ休憩。

IMGP3619大名時計博物館 IMGP3626大名博物館②
「大名時計博物館」は旧勝山藩の下屋敷跡にあった。
「博物館」と呼ぶのはちょっと恥ずかしい「ワンルーム」。入館料300円也。

IMGP3627蕎麦慶喜②  IMGP3630蕎麦慶喜
この谷中界隈にはもちろん寺の町であるが、それと共に蕎麦屋も多い。
その一軒がここ「慶喜」。店主に聞くと「ヨシノブ」では当人に悪くて「ケイキ」だと言う。
ちょっと意味不明だが、蕎麦自体は美味であった。盛り蕎麦大盛を啜りこんだ。

そしてその「慶喜」こと徳川慶喜候の墓参もさせていただいた。 
IMGP3634しげのぶ墓  IMGP3663寺町走行
谷中墓苑の南中央に位置していた。ここに十五代将軍の墓があることも初めて知った。

IMGP3637旧吉田や酒店  IMGP3639旧吉田や酒店
下町風俗資料館・吉田屋酒店
「下町風俗」と銘打ってあるから、「夜の風俗」を連想していたが何のことは無いただの「売り酒屋」の遺物だ。不謹慎な連想した私の期待を裏切ってくれた。お酒も売ってはいない。

寛永寺 IMGP3641寛永時  IMGP3649寛永時
境内の銀杏が見事に色づいていた。

IMGP3650芸大奏楽堂 IMGP3652国立博物館 
芸大の奏楽堂が開放されていた。 国立博物館は「空海と密教美術」展を開催中・パス

IMGP3655動物園前  IMGP3662寺町走行②
上の動物園を経て不忍池「弁天堂」へ 
IMGP3656不忍池①  IMGP3657不忍池②
弁天堂前は露店も出でいて賑わいを見せている。
本堂で弁天様のご朱印戴いて本日の行程を終了、帰路につくことにした。

IMGP3677帰路西日暮里駅  IMGP3680帰途
帰路は西日暮里駅裏の間道抜けて出発地田端へ。
ジオス君等収納。

本日の総走行距離  20.8kmでした。
まったりしたボタボタであった。
今日は小春日和となるという「お天気情報」に急いで支度。赤コルナゴと青コルナゴ君との二人連れ。
都心の紅葉状態視察サイクリングと洒落込んだ。
越谷から間道抜けて IMGP3533荒川芝川水門
芝川から荒川へ出る。
IMGP3537鹿浜橋  IMGP3539チェヘン破断
鹿浜橋を渡って荒川CRへ。
ところが、ここでアクシデント発生。
なんと、赤コルナゴのチェーンが破断。さてさて、今日の空のごとく顔面蒼白。
CRの路面に這いつくばってジョイントの部品の片割れを見つけたものの留め金は行方不明。

このまま落ち込んではいられない。
荒川河川敷のグランド警備のオジサン情報で京浜東北線東十条駅近くにロードの店があるとか。
赤コルナゴの走者に曳きコルナゴを指示して、青コルナゴはそのお店に先行。

IMGP3546修復  IMGP3548修復姿
見つけた。でもまだ開店前、呼び鈴で店主を起して交渉。
ジョイント部品は無いがチェーン交換で交渉成立。追いついた赤コルナゴの修復と相成った。

チェーン代金4500円の出費。メンテもついでにサービス。
青コルナゴも同種チェーンにつきついでに交換を奨められたが丁重断り先を急ぐ。
この間のロスタイム一時間余、秋の陽はつるべ落とし、貴重な一時間を体験。

北本通り王子から飛鳥山前を抜けて本郷通りへ。
IMGP3559吉祥寺  IMGP3552吉祥寺縦
本郷通りの街路樹「銀杏」はまだ青々している。紅葉には早すぎたか。
曹洞宗諏訪山・吉祥寺の山門から本道への参道の銀杏が多少色づいていた。寄道撮影。

更に本郷通りを進み、東大正門から構内
IMGP3563東大②   IMGP3568安田講堂
ここもまだまだ完全な紅葉には程遠い感じだ。もちろん落ち葉の「黄金絨毯」は未完成。

IMGP3564東大①  IMGP3571三四郎池
構内を一巡りして三四郎池に回りこんで見ても綺麗な紅葉一部だけ。
「日曜画家」?はいっぱい。

当初目算計画では本日の次なる目的地は、「神宮外苑の銀杏並木」であったが、このまま行っても多分、銀杏の落ち葉の「黄金絨毯」を踏むことは難しいという判断に達した。

そこで、東大は不忍池側の弥生門から抜けて、浅草「ストロバヤ」に矛先を向けたのである。
ランチタイムにはまだ間に合う。前回のりべンジだ。
IMGP3576ストロバヤ   IMGP3578神社エール
今日はほぼ満席状態。 喉はジンジャエールで潤す。本当はワインを欲しいが我慢。

IMGP3579サラダ  IMGP3580ボルシチ
ランチメニュー・・・・・・サラダ&ボルシチ
IMGP3583海老クリームコロッケ  IMGP3585ロールキャベツ
海老クリームコロッケ&メインのロールキャベツ

IMGP3581ホルシチ&パン  IMGP3587デザート
デザートは三色アイスクリームとマロンアイス&ウィンナー珈琲で締め。
いぁーお腹いっぱい。またもや食べすぎだぁ。メタボ解消は夢のまた夢。
シェフ店主にお見送りを頂いておいとま。

IMGP3590雷門  IMGP3592帰途
浅草はいつもの賑わい。雷門も健在。日本も元気を取り戻しつつあるのかな。
国際通りから旧4号線経由で帰途へ。

「ミラノ」で途中下車。IMGP3593ミラノ
・・・で、赤コルナゴの「チェーン破断事件」の報告がてら一休み。
青コルナゴも念のためにチェーン交換していただいて・・・・帰宅。(4,350円)
午前中は肌寒、昼満腹、午後チョイ汗の一日であった。
総走行距離・・・・53.8kmでした。
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画

映画「マネーボール」110812_maney_mainマネー・ボール
英題: MONEYBALL
アメリカのプロ野球、メジャーリーグの貧乏球団を独自の理論で常勝球団に育て上げた実在の男の半生を、ブラッド・ピットが演じる感動的なヒューマンドラマ

本編はここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
埼玉県 
越谷市 IMGP352020111122富士山
今朝の富士山と今日の灯油価格
IMGP3532スタンド  IMGP3521単価80円
今年の冬一番の冷え込み
ストーブの灯油を準備した。

1リットル80円
20リットル1600円
昨年より100円高い

円高なのになぜ?
我慢して12月まではストーブ使うの控えようかな。
2007年7月1日以来ブログアップ記事1001本目。
2007年3月24日から6月末までに43本アップしているから正確には1044本目になる。

アップした数を気にもしていなかったが、「ろにまさ」さんからその指摘を頂いていて初めて認識した次第である。
私の管理状態が悪いために消去したり、映像が消失したものもある。

幸い初期から2009年12末までのものは「ブログ出版局」にお願いして保存版冊子として確保してあったので読み返してみた。
   IMGP35172ブログ   img037_20111120130941.jpg
前職を去る直前に「ロード」と「プログ」のそれぞれを、無趣味な私に、その筋のそれぞれの先輩に進められて始めたのが2007年3月であった。

あれから四年と八ヶ月、この間マイカーは三台も乗り換えている飽きっぽい私が良くまあ続いているものだ。
ロードとブログそして映画とお酒、支離滅裂にアップしてきた。

この間、一日に100から多いときには400を超えるアクセスを戴いた。
こんな「ボタ」なブログにアクセスいただいていることに感謝申し上げます。

ブログを通じて多くの方と交流ができた。
私へのコメント第一号は「puyan」さんでした。大切にしてます。佐渡でお会いできました。

大阪・名古屋・福井・三重。仙台・千葉・四国・佐渡・秋田・長野・滋賀・兵庫・静岡・・・
なんと全国の方々からコメントを頂き、自転車イベントでもお会いできました。
グループでの走行会や飲み会にもお誘いただきました。

ブログ始めてよかったあ。ご訪問いただいた方々に感謝感謝。
リンクはその感謝の意をこめて多くの方々のページとリンクを張らせて戴いてる。
そんな自転車環境を作っていただいた「ミラノ」には大感謝。

そこで本日は、そんな涙ボタボタの裸の私をご披露いたします。

私の基本的な性格を形成してくれた故郷の高校「県立伊那北高等学校」
その同輩の31回目のゴルフ会が開催された。夏秋開催で、夏は伊那で開催
秋は、信州伊那谷在住組と関東在住組との中間点である山梨県甲府での定例開催である。

発会当初は8組30人以上の参加者であったものが、還暦を過ぎた頃からは徐々に減って、今回は9名。
内2名は腰痛で、1名は最初からパスして温泉直行で19番ホールのみの出場。
IMGP3499露天ふろ  IMGP3503露天
そう、温泉三昧組の約1名とはnebaneba選手である。
当日(11月19日)は豪雨といってもいいような雨模様。石和温泉のホテルへ日帰り入浴。

露天風呂も大雨がゆけむりと湯面を波立てていた。
私は、中学生くらいの親子連れのお父さんにシャッターを切っていたただいてご満悦。
腰下の祖チンもバッチし激写してくれた。ブログ上はトリミングさせていただいた。、

TS3S0038ゴルフ組ttt  IMGP3509乾杯分割ブログ
ゴルフ好きのツワモノ6名は午前9時ティーアップしたとの写真付きケイタイメール。
そして、目的の十九番ホールはホテル内の居酒屋「座敷」
腰痛組と温泉組も合流しての大宴会である。

先ずはゴルフの成績発表、あの雨の中でもグロス80台の者や除夜の鐘以上も叩く者と多種多様。
いずれにしてもゴルフコースは冬の田植えの様相であったと思う。
密かに「温泉が正解」とほくそえむnebanebaであった。

酒が弾むにつれ、昔話や老後の生活設計の話に花が咲き、夜は更けて行くのでした。
夜中には雨もすっかり上がったようだ。

今朝はさわやかに目覚めた。
朝食会場で、再会を喫しそれぞれ生活の場へと散っていく若者?達9名。
元気でいろよ。
nebaneba
ブログ歴 「1,000本記事」達成
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画

銃士の魂 「一人は皆の為に、皆は一人の為に」
映画「三銃士」
338942_005映画三銃士  338942_017映画三銃士
『王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
英題: THE THREE MUSKETEERS
製作国: フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ

幾度も映像化や舞台化がされているアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」
謎の美女ミレディをミラ・ジョヴォヴィッチがなまめかしく好演

久々の痛快冒険娯楽映画だ。少年時代にタイムスリップできる。
本編はここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
山茶花咲いた 白に遅れること2週間、ピンクも開花
明日から気温も低くなりそうだ。
晩秋から初冬へのバトンタッチだね。
IMGP3407山茶花横
朝、目覚めると11月とは思えぬ暖かさ、よしっ、ちょっとだけ遠乗りしよう。
そこで思いついたのが、牛久のシャトーカミヤランチと守谷の温泉「きぬの湯

IMGP3413沈下橋  IMGP3484沈下橋縦
茨城県南部守屋にある勤務先事業所の配送センター内に車載移動。その直ぐ隣が「きぬの湯」だ。
コルナゴ君組み立てて小貝川左岸を下る。

IMGP3411沈下橋  IMGP3481沈下橋
沈下橋を右に見て更に水戸街道を目指す。

IMGP3426水戸街道  IMGP3428きせりさと
旧水戸街道を左折、通行車両にあおられる。龍ヶ崎で牛久沼辺りをすり抜け牛久入り。
ちょっと寄道して牛久市庁舎に立ち寄る。
今日から始まった十一月場所で大関目指す期待の力士「稀勢の里」の地元だ。役所前に幟旗。

IMGP3430銀杏  IMGP3433クローズ
役所の裏通りを抜けるとシャトーカミヤ裏の銀杏並木が綺麗に色付いていた。
ところがシャトーカミヤの正面に回ってみると、なんとシャットアウトの表示。
3月11日のあの大震災で壊滅的被害を受け修復中とある。

IMGP3432シャトウ神谷  IMGP3434貸切レストラン
バーベキューコーナーは営業していたものの場内の見学はノー。
レストランは営業中のようであるが、今日はどこぞの結婚披露パーティーで貸切オフリミット。
呆然自失。

IMGP3435パン  IMGP3439パン
仕方無しに、シャトーカミヤのパン工房へ。カレーパン一個で飢えをしのいだ。
このままでは腹の虫は治まらない。なれば前々から挑戦しようと思っていた「牛久沼のうなぎ」に矛先を向けることにして、沼の辺りまでひきかえすことにした。

IMGP3440鶴舞屋②  IMGP3462鶴舞屋風景
鶴舞家
店構えが大きくとちょっと気後れするが、高床式の階段を上がってお店に入ると、テーブル席と座敷、そして個室があり、明るく広いお店だ。先客が20名近く。

和服のお姉さんが、牛久沼を一望できる座敷へ案内してくれた。
IMGP3446フリー  IMGP3456うな重
先ずはビールをグッと一杯、といってもノンアルコール。
そして、うな重。

これが私が華って過去に食したことがない美味さ。
箸で小分けし、うなぎを口に入れると瞬時にとろけて舌に絡んだかと思うと喉に流れこんでいく。
芳醇な蒲焼の香りが、脳のてっぺんから全身を包んでいく。

満足満腹。美味に感謝してーー。

IMGP3414小貝川  IMGP3477岡堰
ぷっくり、膨れ上がったお腹をよいしょっとコルナゴに乗っけて小貝川を遡る。
お腹が重い。岡堰で小休止。
なんとかスタート地点守谷へゴール。
コルナゴかたつけて、いざ「きぬの湯」へ

IMGP3491きぬの湯  IMGP3488きぬの湯
きぬの里「きぬの湯」で汗流して、のんびり温泉三昧。
満足満足で帰宅の途へ。常磐道がちょっと渋滞。

本日の総走行距離 59.8kmでした。
映画帰りにレイクタウンをウインドショッピング。
文字通り「ウィンド」でしか縁のない宝石店「MAHARAJA
img03マハラジャダイヤモンド
その奥のカウンターで子どもの拳大のもある巨大ダイヤモンドの指輪を発見。

先ずはこの輝きを見ていただこう。
20111112172705ダイヤ  20111112172938ダイヤ
興味しんしんの私はこれを激写・・・・カメラを持ち合わせずケイタイ写メ。

店員さん曰く、「子連れの客が子どもの手首にハメルこともある」とか。
気軽に私に持たしてくれた。
恐る恐る手に取る私に「合成宝石」と言う。
そうだよねえ、いくらなんでもこんな巨大なダイヤを警備員も無しにウインドウに置かないよね。
ホッ。貧乏人の私には目の毒だね。

店員のT・AYA嬢が、「冷やかし客」の私に笑顔で接客してくれた。
おまけにハーブの利いた紅茶まで戴いてしまった。

名刺交換して、自分のブログのアピールを抜け目なくするnebanebaでした。
***********************************************************************
そうだ映画館へ行こう 私の映画遍歴ブログです。「酷評nebaneba映画

映画「辛亥革命/1911」339814_001辛亥革命1911 
中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命100周年、ジャッキー・チェン映画出演100本記念の歴史巨編。

本編はここそうだ映画館へ行こう
***********************************************************************
プログネタがなくなって・・・写真整理してたら出てきましたこの三枚。

img013.jpg    img005.jpg    
私はまだ「親父の胎内」に居ました。昭和19・20年ころの満州と思われます。

戦後、信州信濃の山里で産湯を浴びました。
堺屋太一氏に「団塊」というレッテルを張られました。

戦争体験はありません。親父は戦争の話を一切聞かせてくれませんでした。

そして昭和40年代の遊び盛りを王子で過ごしたのでした。30数年も前ですが。

img006_20111111125038.jpg
どこぞで撮ったか撮られたか覚えのない写真です。
はたして私なのかどうかも疑わしいですが?????あの頃に戻りたい。

65の坂を昇り始めました。まだまだ昇り続けさせられています.
遺言書く財産は全く有りません。そうか自転車どうしよう。6人の孫の内誰かが乗ってくれるかなあ。
日本最大の自転車ショーCYCLE MODE(サイクルモード)2011 当日編
11月6日 朝、心配された雨も一時お休みして何とか持ちそうだ。
ミラノ」から戴いたチケットとジオス小径君を車載のお供におでかけ。

メッセ駐車場の混雑を避けて、幕張メッセ近くの前職での関係事業所前に駐車させていただき、ジオス君とメッセ入り。

IMGP3351駐輪     IMGP3353チケット販売
当サイクルモード初日の「ピナレロ盗難」事件をニュースで知り、轍を踏まぬようしっかり施錠。
ガードマン三名が「見張り」してくれていた。
チケット売り場は通過。

IMGP3358試走リング  IMGP3355入場行列
試乗のつもりはなかったが念のために登録、手首に試乗パスとなるリストバンドを着けていただく。
入場口は長蛇の列、待つこと20分、10時入場。
 
IMGP3359会場コルナゴ  IMGP3360コルナゴC51限定
トップブースは「コルナゴ」。お目当てはこれ、COLNAGO「 C59 ST02カラー」
恋は盲目、一緒の空気を吸っている?と思うだけで幸せに感ずる。
ひとしきり「ため息」。何回となくシャッターを押す。写真で独り占め・・したつもり。
 
IMGP3363コルナゴC51  IMGP3377新城
C59 ITALY 150th Anniversary 完成車価格 : \1,575,000 にもため息。高嶺の花に横恋慕。
新城幸也選手のトークにも聞き入り、私自身次第にテンション上がる。

IMGP3368ジオス縦  IMGP3366ジオスランドール  
GIOS TOURING BIKESPAZIO スパジオもため息、また惚れた。浮気したい。

IMGP3369デローさ  IMGP3378会場①
DE ROSA デローザとCARRY ME のブースでもひとしきり足を止める。

IMGP3382会場風景ウエア  IMGP3390試走
カラフルなウェアーもゲスト導引で客寄せ。試乗は大人気だが、私はやっぱりやめておこう。

IMGP3384会場トレック  IMGP3385トレック
TREK トレックは 当然 Bontragerボントレガーとブースを同居

IMGP3386シマノホイール横  IMGP3388シマノデュラ
SHIMANO シマノブース。ここもピンキリ、いい物はやっぱり見た目もいい。

IMGP3380昼食ワゴン  IMGP3379昼食ワゴン
あれこれ見てたら現実を忘却してしまう。「宝くじ」当てなくちゃあ。
朝飯抜きで出かけてきて、お腹が空いて現実に戻った。フードコーナーへ。
行列一番人気は「肉巻きおにぎり」と札幌の海鮮弁当「北海岸

IMGP3403姫食2  IMGP3404昼食
私は「北海岸」お好み寿司弁当をチョイス。
ウニ・サケ・カニ・マグロ・カズノコ・イクラ・ホタテ等々たっぷり乗ってる弁当だ。

私の選んだのはウニとイクラとサーモンのちらし弁当。
ザワついた会場の片隅のテーブルで食するのも味気ない。
再入場のための蛍光スタンプを手の甲においていただき、一旦会場を出る。

コンビニでノンアルコールビールテイストを購入、そして幕張海岸の芝生へ。
潮風に当たっての「北海道味」は最高に美味かったねえ。

食後に再入場と腰を上げたものの、またあの会場で食指なめなめも飽きたし・・・と・。
ポツリと雨も落ちそうだし、そのまま自転車置き場からジオス君を引き取って帰ることに。

駐輪場のガードマンにさよなら言ってメッセを去るnebanebaでした。

帰宅しても何故かシマノのホイールC35が IMGP3389シマノホイール縦
チラチラと脳裏に浮かんでくるのは物欲の悪魔が私を襲ってきたのだろか・・・・・・。
幕張メッセ
11月6日日曜日、私はその一角で世界の名車にため息ついているかも。
img034チケット
「ミラノ」から届いた「夢」の招待状。
文化の日
ちょっとだけ「文化」と「歴史」に触れたくなって浅草にお出かけした。
ある目的あって朝食は抜き。
IMGP3285岩淵水門  IMGP3295荒川CR
越谷から間道を縫って荒川に掛かる新荒川大橋へ出る。岩淵水門から四つ木橋までは荒川CR。
今日の行程では思いっきり走れるのはこの区間だけ。
多くのローディーと行き交う。夏支度と冬支度が混在。
ロングライドなのか大きなリュックを背負ったローディーもチラホラ。

IMGP3304吾妻橋  IMGP3305やげんぼり
四つ木橋から国道6号線に入り、スカイツリーの脇を抜けて吾妻橋を渡って浅草へ。
先ずは「やげんぼり」で七味唐辛子「大辛、山椒多目」(525円)4袋を購入。

そして本日の第一の目的はここ伝法院通り入り口の「インドカリー・夢屋
IMGP3311インドかリー夢屋   IMGP3307夢屋
遅い朝食と言うより「昼食」となってしまった。
あまりにも腹が空きすぎていたために出され限定たメニュー「ナスとチキンのトマトカリー」を食べ終わってから写真撮影となってしまった。・・・残骸・・・朝食は必ず採ってゆとりを持ってお出かけしましょう。
それにしても久々の本場の「カリー」は美味かったねえ。多分インド人もビックリであろう。

IMGP3325東京時代祭り金龍  IMGP3326中村屋
さて、「東京時代まつり行列歴史絵巻」とはいかなるものか、期待に胸躍らせて二天門の前で待つこと1時間、「金龍の舞」と歌舞伎「中村座一門」が通過した。
勘三郎が片岡仁左衛門・次期勘九郎等と台車の上で笑顔振りまいてのパレードである。

その後、更に待つこと1時間、ようやく「歴史大絵巻」の出発である。
浅草寺本堂北側広場から img032イラストマップ
 
午後2時出発 IMGP3331東京時代祭り出発  IMGP3332東京時代祭り出発
浅草寺の創建より平安時代~鎌倉~江戸~東京となった歴史エピソードの名場面を再現された・・・ようだが、我々はこれをつまみ食い的に自転車で裏道駆けて駆けて「追っかけ」をした。

IMGP3323笛太鼓  IMGP3327中村屋
IMGP3335東京時代祭り行列  IMGP3340東京時代祭りゴール
京都の時代祭りの二番煎じの感もありだがまあ大スペクタクル時代絵巻とでも評しておこう。

さて第三の目的地ロシア料理「ストロバヤ」へ。
なんと、ランチタイムにタイムアウト、時代祭りの見すぎでシャットアウトされてしまった。
ランチタイムは「2時か゜ラストオーダーです」よ、皆さん。
IMGP3333ストロバヤ  IMGP3344四つ木橋
仕方なく店の前で空しく記念撮影。
それならば、帰路にあるあの蕎麦屋に寄ろうと、四つ木橋を渡り曳船川親水公園沿いの亀有「吟八亭やざ和」を目指す。

IMGP3345やざ和  IMGP3349葛西用水
なんと代替目的の吟八亭「やざ和」はシヤッター下りて又もや文字通りシャットアト。
ならば再々代替、八潮の「巴屋」へ ところがここもお休み。
そうか今日は木曜日、蕎麦屋の定休日だった。か。

すごすごと葛西運河沿いに帰宅するnebanebaペコペコチームでした。
「食文化」に見放された「文化の日」であった。

本日の総走行距離・・・63.5kmでした。