>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
P1150218アサリの酒蒸し  P1150217あさり
私にとってはちょっと手の込んだことをやってみた

スーパーで見つけたアサリ、脳裏には「酒蒸し」構想。
小袋を買い込んでいそいそと帰宅

砂抜きをしてあるとはいえ、念のために流しでボールに水張って砂抜き
昔、お袋がやっていたようにボールの中に包丁を差し込んでみた。

待つこと1時間
もういいだろう、さっと水切ってからいろり天国のタジン鍋へ

お酒をチョビットだれ垂らして10分蒸らす
いい香りだ、磯とお酒のコラボレーションだね。

今夜はちょっと肌寒いからお燗にしようかと思ったが、この香りを嗅いだらもう待てない。
「佐渡ロングライド限定真野鶴」を常温で。P1150227路ぐらい度
天国天国、いろり天国


昨年につづき今年も参加・・・・のはずであった
アルプスあづみのセンチュリーライド2010

このところやけに仕事が立て込んでいて、やり残しての参加も気持ちがすっきりしない。
いっそ「欠場」を決断した

残念。P1150223.jpg
あま来年もあるさ
神秘に満ちた古代ペルシャが舞台。
時間をさかのぼり、過去を変えることのできる伝説の“時間の砂”を巡る、壮大な冒険に満ちた物語。
監督はマイク・ニューウェル。主演はジェイク・ギレンホール。
原題:Prince of Persia: The Sands of Time

001プリンス・オブ・ペルシャ時間の砂・・002プリンス・オブ・ペルシャ時間の砂
あらすじ
強大なペルシャ帝国のシャラマン王第3王子であるダスタンは、勇猛果敢な若者。
自由奔放すぎるのが欠点だったが、ダスタンの勇気、英知、そして類いまれな身体能力は、王子の名にふさわしい彼の非凡さを証明していた。

ダスタンの運命を変えたのは、ペルシャ軍による聖地アラムトへの攻撃だった。
“敵国へ武器を提供している”という未確認情報を元に、シャラマン王の腹心の弟ニザムと3人の王子はアラムトを制圧。
だが、王は聖地に対する弟と息子たちの暴挙に激怒し、武器供与の証拠を示すよう息子たちに迫る。

その夜、シャラマン王は酒宴の席で毒殺され、その疑いは無実のダスタンにかけられる。…。

以上映画資料より編集
酷評nebaneba映画も見てね
[映画「プリンス・オブ・ペルシャ時間の砂」]の続きを読む
336109_001グリーン・ゾーン v 336109_002グリーン・ゾーン
英題: GREEN ZONE
イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾーン”を舞台に、
大量破壊兵器の所在を探る極秘任務に就いた男の決死の捜査を描く


酷評nebaneba映画も見てね
[映画「 グリーンゾーン」 ]の続きを読む
期日
2010年6月13日(日)※雨天決行
開催場所
今庄365スキー場(福井県南条郡南越前町板取85-36)
クラス設定
唯一無二300km、プレミアム200km、グランフォンド160km、フォンド100km、グルメフォンド50km

→コース紹介コース図

福井の○○さん
大阪の○○さんはじめグループの皆さん
三重の○○さんと○○お姉さんご夫妻
滋賀の○○さん
京都の○○さん
愛知の○○さん 
皆さん申し訳ありません

昨年は大変楽しく過ごさせていただきまして
 今年も当日お会いできてご一緒に走れることを楽しみにしていたのですが
親戚のの祝い事とマンションの補修工事立ちあいと重なりあいどうにも参加できません。

残念でなりませんが、また来年を楽しみにしております。
参加とホテルを明日キャンセル入れます。

皆様のご健闘とご活躍を心より祈念申し上げます。


 昨年のゴール写真2009福井 
このところP1150214丸干し烏賊  P1150209炙り
ロングライドで佐渡から自分用のみやげでここのところ一人居酒屋の暖簾を掲げている。
今夜はいかの丸干と尾畑酒造の「真野鶴」で店開きとなった。

いかはちょっと焦げ目が付くくらいまで炙る。
その前にゲソを引き抜いてしゃぶってみる。塩味が利いている。

「真野鶴」をチロッとなめる。
熱々のイカの胴をリング状に裂いて一切れ口にほおばる。

P1150206佐渡産居酒屋  P1150213炙り②
わたの肝の苦味がまたいい。「イカの塩辛乾燥バージョン」とでも表現しよう。
ここで「真野鶴」をグイッとやる。旨いねえ。

もう一品の添え物は瓜の鉄砲漬け。
イカの塩味とは一味違うさっぱり味が舌を洗ってくれる。
「真野鶴」がまた格段と旨くなる。

これを繰り返してまたしても「いろり天国」へと突入していくのである。
まあいいか
第7回 銚子 センチュリーラン2010
開催日: 2010年07月18日(日)開催
申込期間: 2010年05月15日~2010年05月31日  
(申込み期間) 状況
160km【所属JCA会員】
定員に達した為受付終了いたしました


なんと私が佐渡でのロングライドに酔いしれている間にこんな表示が「スポーツエントリーに」掲示。
人気のイベントとは聞いていたのですが、今年も思い切り走ろうと想っていたのに残念。

この写真は昨年、160km走り終えたゴール写真です。銚子センチュリー
今年は忍者に徹しますか 。
それとも銚子あたりでボタして参加者尻目に海鮮料理三昧で応援してましょうか。

いずれにしても悔しい高見の見物ですねえ。
雨の日曜日ハシゴ映画第2弾
「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」
shodogirls01書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 shodogirls02書道ガールズ!! わたしたちの甲子園
あらすじ
紙の生産高日本一を誇る愛媛県四国中央市では、不況が原因で町の商店街は閑散としていた。
四国中央高校の書道部部長・里子(成海璃子)は、ある日音楽に合わせ大きな半紙に文字を書く臨時顧問・池澤(金子ノブアキ)の姿を目にする。

その様子に衝撃を受けた里子たちは、町を活気付けようと「書道パフォーマンス甲子園」を開催することを思いつく


酷評nebaneba映画もご覧ください。
[映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」]の続きを読む
雨の日曜日、自転車にも乗れずシネコンで映画のハシゴして暇を消化した。
先ずは一本目「名優・仲代達矢」主演の「春との旅」
335616_01_l春との旅①  335616view002春との旅
あらすじ
足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親類縁者を訪ね歩く旅に出る。

親族との気まずい再会を経るうちに、忠男はこれまで避けてきた過去と向き合わざるを得なくなる。
そんな祖父の葛藤(かっとう)を間近に見ていた春にも、ある感情が芽生えていく。


酷評nebaneba映画もご覧ください。
[映画「春との旅」]の続きを読む
2010佐渡ロングライドで、大佐渡一周130kmP1150198参加賞
完走していただいた参加の証「Tシャツと佐渡産コシヒカリ」デザインもなかなかグッドだ。
各イベントでTシャツを戴くが箪笥の肥しと化している。これはどこかで着よう。か。

さて、話せばロングライドなお話
場面は
往路の新潟港で出航までの待ち時間に腹ごしらえにと入った港ビル3階の食堂。

店のおばちゃんに『メニューにある「トンビ」ってなに?』と聞くと
出していただいたのが小梅大のころころした形状のべっ甲色した炒めもの。

これは烏賊トンビといって烏賊の口だそうな
恐る恐る一つ口に入れた。ピリッとこしょうが利いて旨い、これはビールのおつまみに最適。
珍味である。
旨すぎて写真撮影は忘却、たちまち一盛平らげてしまった。

味付けの方法聞いたら答えは「企業秘密」
烏賊一杯で一つしか取れない貴重品、仕入れ先も聞いたがこれも「企業秘密」。

そこで私の作戦・・・新潟と佐渡とお店とおばちゃんを「褒め殺す」こと20分。
おばちゃんとうとう「帰りに寄りな、千円分仕入れとくよ。」
味付けは「・・・・・・・・・」やったぜ、とうとう企業機密を聞き出したぜ。

という事で帰路に佐渡を出航したフェリーが新潟港に着くと一目散にビル3階へかけあがる

おばちゃんは外出中であったが、店員さんにちゃんと私に渡すよう冷蔵庫に保管されていた。
そしてテープでメモの貼り付け「nebaneba様 1,000円」と書かれていた。
わたしは御代とともに例のわたしの名刺を渡しお礼をのべて家路に着いた。

P1150181とんび P1150186そして一人居酒屋
さてさて我が家にもどり一息ついての昨夜、早速の機密料理に取り掛かる。」
「トンビ」は一回分づつ小分け袋4つに入っていた。おばちゃんの心遣いがありがたい。

少々のバターで炒めてから塩胡椒で味付け
名づけて一人居酒屋「トンビの塩バタ胡椒炒め」・・・・そのまんまジャン

まず、新潟で呑みたかったビールで・・・・一口
うーん絶品。珍味だねえ。
おばちゃんの味には及ばないが、絶品に変わりない。
P1150191烏賊一夜干     P1150197真野鶴
そしてもう一品
佐渡の旅館でで仕入れた烏賊の一夜干
お酒はあの尾畑酒造の清酒「野間鶴」&「佐渡ロングライド限定野間鶴」

いやあ天国天国、佐渡烏賊三昧 烏賊天国 佐渡天国 いろり天国
5月16日 当日
午前4時起床。まだ薄暗い中、ホテルで用意してくれたおにぎりをかじりながらスタート地点へ向かう
天候晴れ、気温13度、寒い。ウィンドブレーカーを身につけてのスタートだ。

3,000人余の参加者による佐渡ロングライド
Aコース・・・210kmmap-1_20100519044835.gif
Bコース・・・130km
Cコース・・・100km
P1150089スタートライン  P1150091歓迎
私はBコース・午前6時20分スタート。
沿道では早朝にもかかわらず、街のあちこちで声援を受ける。

P1150097相川エイド  P1150099エイド①
20km地点・・相川エードステーション
パン、おにぎり、ワカメそば、バナナ、オレンヂ、スポーツドリンクと盛りだくさんのエイド。

ここは少し控えめにオレンヂとバナナ、ちょっと欲張ってワカメそばを戴く
10分程度の休憩で再出発。

P1150101尖閣湾②  P1150107尖閣湾
トンネルをいくつか抜け漁港をすり抜け、尖閣湾の海岸美に見とれる。
風光明媚な海岸線をひた走る。

P1150113入り崎エイド②  P1150115入崎エイド①
40km地点・・・入崎エードステーション
ここでも同様のエイドでスタッフの接待を受ける。

参加者同士で写真を撮り合って10分以内に再スタート。
ここからは気温も急上昇ウインドブレーカーは脱ぎ捨てた。
P1150123ゼット坂遠景  P1150125ゼット頂上
佐渡最大の難関「ゼット坂」が見えてきた。
想像していたのと違って苦しくはあったが以外に難なく?征服
流石に坂頂上からの景色は絶景であった。

P1150143大野亀  P1150144大野亀②
次なる難関大野亀も何とか征服。巨大な亀頭の姿に感嘆。

P1150148はじきのエイドお茶  P1150150はじきのエイド
72km地点・・・はじき野エイドステーション
ここでの熱いほうじ茶の接待に何故かほっとした。
一口おにぎりは塩を付けて食べたがが最高においしかった。

P1150156味噌汁ボラティア  P1150158烏賊弁当と味噌汁
100km地点・・・両津港
ここでお昼のイカ弁当の配布を受ける。主婦ボランティアの特製お味噌汁付だ。

ところが食事中に突然のアクシデント勃発
おにぎりをほおばり一噛みした瞬間に口腔で異音発生。

なんと上顎に収まっていたはずの我が入れ歯が真ん中でペキンと折れてしまったではないか。
口をモゴモゴして吐き出し、ペットボトルの水で洗いそして丁寧にハンカチに包んで自転車のサドルバックに納めた。
これは帰京したら即修理だね。歯医者さんにまたお金が掛かるのかな、保証要求してみるか。

気を取り直して残り30キロメートルに挑む。P1150159鬼太鼓 
鬼太鼓のアトラクションに勇気付けられていざゴールを目指す。

最後の30kmもなかなかアップダウンがあって試練のラストであった。
そしてゴール・・でかしました P1150193でかしました。

P1150170ツミレシル接待  P1150171つみれ汁
ゴールでは熱々のつみれ汁のお接待
全てにおいて至れり尽くせりの今大会であった。
スタッフの皆さん ボランティアの皆さんありがとう。また来年もお世話になります。
荘走行距離 ・・ 139.2kmでした。


宿に帰り、心地よい疲れから10時間以上眠りをむさぼった翌18日
島を後にする前に自分へのみやげを求めて真野の酒蔵を訪れた。

P1150174真野酒造  P1150176帰りフェリー
清酒「真野鶴」を買ったら可愛い店員さんから「ロングライドへの想いを色紙に残して」と依頼されて「来年もくるぞ」と描いて私の名刺を貼り付けてた。そして記念撮影。
彼女はSひとみさんの娘さんだ。

さて、今回の狂歌
シャカリキに走った後に歯科通い おにぎりガッツキ入れ歯割るなり。
佐渡ランで歯を食いしばる我が身には 激坂よりもおにぎりこわし


フェリーは「おおさど丸」で帰路船上の人となるnebanebaでした。
2010年5月15日
昨年は大雨で棄権したリベンジに佐渡へ渡った
今年は好天に恵まれそうだ。
P1150058おけさ丸  P1150065受付
新潟港12時40分出航・・・佐渡両津港着岸15時30分
16時、佐和田会場にて受け付け

P1150068太鼓  P1150079前夜祭
前夜祭開始・・・・抽選会はオールカス

専門学校生徒さんによる全身マッサージのサービスを受ける
私を担当してくれたのは長野県安曇野出身の女の子であった。すっきりしたね。
P1150072ストレッチ  P1150080遭遇


「KN」さんと物欲党の方と遭遇「TOMOO」さん「多摩ま」さん「ゴードン」さん、「hiro」さん
明日の健闘を誓ってそれぞれの宿へ。  

P1150083吾妻  P1150084ゼッケン
宿「吾妻」でジャージにゼッケンをつけて明日に備えた
伊勢「まる天」の揚げ天ぷらが茨城で手に入る
常磐自動車道上り線「守谷サービスエリア」
私の勤務先の配送センターが守屋にあるので帰りに時々寄らせていただく。

行列のできる天ぷら屋 P1150052マル天
客の注文を聞いて店員さんが揚げたてを手早く渡してくれる
貝柱は圧巻だ。
帆立の串揚げも旨い
値段は1個350円前後。

たまねぎは定番だが熱々をほうばるとなんともいえないね
お土産にしてこれを肴にビールを飲んだら最高だね。
海老ねぎとチーズ棒も旨いよ

茨城県で伊勢のお店の薩摩揚げ
「五色揚げ」はサービスエリア奥の冷蔵ウィンドウに置いてある
常磐道を通る機会があったら是非お立ち寄りしてお試しあれ

当然水戸納豆も売ってるよ。
佐渡Z坂への挑戦をを来週に控え筑波山で訓練リハーサル。(5月9日)
佐渡一周のロングライドではゼット坂という難所がある。なんとしても制覇するのが主願。

筑波リンリンロード「藤沢駅」に車を駐めて自転車を組み立てる
不動峠は避けての筑波山へ挑戦開始10時。
新治庁舎前を経てフルーツラインの激坂に挑む
脚力の無さに失望感さえ沸いてきた。何回か休憩しようやく表筑波スカイラインに接続。

P1150030筑波山②
表筑波スカイラインの緩やかなアップダウンでも私にはきつかった。
「不動峠」の頂上を通過してさらにつつじヶ丘方面へ進み直下の「風返し峠」頂へ

ここからは下り坂をのんびり筑波山神社を目指す。
P1150032筑波の里

神社前のみやげ物店「むらさき」では「山芋蕎麦」を戴く。
うまかったぁP1150033山芋蕎麦
この1ヶ月で3kgのダイエットできたがこの程度であればリバウンド無しと勝手に思い込み箸を進め、喉に流し込んだのでありました。

P1150037筑波山
充分休憩を取った後は、リンリンロード「筑波駅」まで一気に下る。
リンリンロードでは25km/h程度で巡航、無事「藤沢駅」へ帰還。
本日の総走行距離 48.9kmでした。

それにしても私の脚力での山登りは不適合シールだね。
何人のローディーに抜かれたろうか。

競ってはいけない。マイペースで走れることを喜びとすべし。
勝手に教訓としてしまうnebanebaでした。

勿論、最後の締めはスーパー銭湯 P1150050わらのさと
土浦市内の「湯楽の里」で自分を癒すのでした。
新芽の季節
P1150029レッドロビン②   P1150013レッドロビン
平成の大補修工事をしているマンションの我がバルコニー
垣根のレッドロビンの花が咲いた。
このまま「安定した春」が続くことを祈る