>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
アースライドとは
豊かな自然の中、自らの力で創り出す感動。

アースライドは自転車を通して本当の豊かさを感じ、
仲間や地元の人々との交流を深め、


共に環境の大切さを考え、美しい自然・音楽・文化を
楽しんでもらうことを目的にしたロングライドイベント
・・・・・とある。

そんなイベントを東京お台場で開催とか、
東京アースライド
出発地は各自宅・・・・・安上がりなイベントだ
img_87.jpg
参加料金: 大人3,000円(2名以上での申込2,500円)子供1,500円
開催時間: 10:00~16:00(参加者フィニッシュ時間11:00~14:00)
申込期間: 2009年9月4日~10月15日  スポーツエントリーで受け付けている

参加費が高い気もするが、自宅から約50km往復100km
私にはちょうど良い距離だ。
そこで参加申し込みをしてみた。
よろしかったらimg_88_20090930125911.jpg img_881.jpg
当日お台場でお会いしましょう
                    
                     ランキングに参加
ちょっと過激な大人向けのB級ピンクラブコメ
「男と女の不都合な真実」を一人で観た。
main_large男と女の不都合な真実  sub1_large男と女の不都合な真実
物語
アビー(キャサリン・ハイグル)は美人の敏腕TVプロデューサー、だが恋愛はご無沙汰。
理想通りの男性コリンに出会うも、なかなか関係を進展できずにいた。

そんな彼女は、下品なトークで高視聴率を稼ぐ恋愛パーソナリティ、マイク(ジェラルド・バトラー)と仕事をすることになる。


ウブな?美人プロデューサーが、露骨な表現での恋愛カウンセラーに反発しながらも惹かれていく。

sub2_large男と女の不都合な真実  sub3_large男と女の不都合な真実
完走
男と女が相手に求めるものは違う?同じ ?
少々過激な耳をふさぎたくなる大人向けのエッチ会話満載

前半はセクシー&ワイルドなカウンセラーの下品トークと、堅物女にほどこす改造講座だ。
胸を強調する服のを「おっぱいが挨拶する」ような服と表現。
大人のオモチャ・バイブまで飛び出す。

ここまでやるか、って言うかシーンとアッケラカンに明るい台詞。
許せたのは中盤の映像が観光写真のように綺麗であったこと。

ラスト20分、映像のロマン色の恋物語に変化する、ここで初めて前半のえげつなさを許す。
 綺麗な sub4_large男と女の不都合な真実
ラストに期待していい。

だが一人で観ることの気恥ずかしさを前期高齢者は感ずるのでありました。
私に対する若いカップルの視線を意識するのは考えすぎか。

                    
                     ランキングに参加

久々に妻と休日が合致してサイクリングと温泉に借り出された。
目的地は牛久の「シャトーカミヤ

本日のスタート&ゴールは、手賀沼温泉「満天の湯」とした。
もちろん完走後にこの天然温泉に浸かろうと言う算段だ。

P1110110満天の湯②  P1110049満天の湯露天
午前7時、まだ入浴客も無く、そとから掃除中の露天風呂を覗かせていただいた。

P1110052手賀沼①  P1110051手賀沼②
先ず手賀大橋を渡って左岸を利根川を目指す。
左岸(北側)はサイクリングロードが狭く、またジョギングや散歩の人々で溢れている。
右岸(南側)は整備された快適なサイクリングロードがある

P1110054手賀沼川  P1110056利根川栄橋南詰
手賀沼はやがて川となり、右岸左岸と渡りながら、利根川土手へ
利根川に架かる栄橋を渡って北詰を左折、利根川左岸をしばし走ると小貝川との合流地点だ

P1110061利根川小貝川合流地点  P1110062小貝川ゼロメートル地点
小貝川と利根川の合流地点、写真上が利根川上流、下側右が子貝川。
小貝川ゼロキロポストはここより約1km程上流にある。

P1110063小貝川豊田堰  P1110064小貝川豊田堰
豊田堰を小貝川右岸に渡って4.5キロ走ると旧国道6号線水戸街道へでる
水戸街道へ右折して牛久沼をかすめて進む。

P1110070牛久沼  P1110073シャトー散歩道
牛久駅経由でシャトー散歩路を迂回してり「シャトーカミヤ」の外周を散策
やがて本日の目的地到達。

P1110100シャトーカミヤ①  P1110094シャトーカミヤワイン貯蔵庫①
10時5分シャトーカミヤに到着した。本日の大きな目的でもあるレストランでのランチ
ところが、レストランオープンが11時30分ということで、ワイン貯蔵庫見学で時間を潰してみてはみたものの、いかにも間が持てない。

仕方無しに、ワイン1本(1,400円)をお土産にゲットし、P1110115ワイン
パン工房
P1110104シャトーカミヤパン工房①  P1110102シャトーカミヤパン工房②
ここで軽く小腹を満たし、最終ゴール地点「満天の湯」で本格的昼食をとることにした。
もと来た道を猛烈な勢いで引き返す二人でありました。

P1110111満天の湯完走  P1110113満天の湯玄関
手賀沼天然温泉「満天の湯」 入浴料750円也。
泉質が濃くちょっと塩分のある乳褐色な温泉、長湯は禁物とか。
床屋さんやマッサージ、韓国あかすりも併設されていた。
入浴後、まぐろやまかけ丼で空腹満たし、家路に着くのでした。

本日の走行距離 65.4キロメートルでした。

                    
                     ランキングに参加中
ご存知 白土三平原作コミック大作、カムイ外伝
カムイとは確かアイヌ語で神のことでは・・・・。

332894view001カムイ外伝  332894view002カムイ外伝
江戸の時代、非人の子として育ち、ゆえに忍びとなり、ゆえに忍びのおきてに背き、たった一人で追っ手から身をかわす不屈の主人公カムイの苦悩と孤独を浮きぼりにする。

332894view003カムイ外伝  332894view004カムイ外伝
あらすじ
鉄の意志を持ち、見事な剣の腕前を持つ忍者カムイ(松山ケンイチ)は、おきてにがんじがらめにされた忍びの世界に閉口してそこから抜け出す。

かつての仲間、大頭はそんな彼を裏切り者とみなし、執拗にその後を追う。

ある日、領主の馬の足を切断し、そのヒズメを擬似餌に加工するという離島の大胆な漁師の半兵衛(小林薫)を助けたことでカムイはその家族に歓迎される。半兵衛の長女サヤカはカムイに恋心をいだく。

だが半兵衛の妻お鹿(小雪)は元忍者、カムイとなじまない

半兵衛が漁師の若者の密告により捕われ、処刑寸前にカムイはお鹿と共に救出する。

その後忍びの追っ手は大胆かつ惨忍な方法でカムイに迫ってきた。・・・・・・


332894view005カムイ外伝  332894view006カムイ外伝
完走
孤高のヒーローを演じるのは松山ケンイチ。屈強な男の苦悩と人間愛を演じている
ヒロインの小雪は薄幸な抜け忍をあの切れ長の細い眼差しで哀愁漂わせる名演技だ。

人間味に満ちかつ非道のやからと生きんがために戦う劇画シーンに圧倒される。
人を信じられる日がカムイに訪れるのだろうか。332894view007カムイ外伝  

伊藤英明 が汚れ役を見事に演じている。
土屋アンナ はわがまま姫を地で演じる。
佐藤浩市 の馬鹿殿振りは憎憎しい。
漁師役、小林薫 の大胆かつ人間味ある男としてはまり役であった。

                    
                     ランキングに参加中

安土城は、あの家臣明智光秀の信長への謀反、いわゆる本能寺の変後まもなくして何らかの原因によって焼失、その後廃城となった
その3年前に完成し、そしてこの物語はそのまた3年前から始まるのお話である。
001火天の城  002火天の城
あらすじ
天正四年(1576年)熱田の宮番匠、岡部又右衛門(西田敏行)は、織田信長( 椎名桔平)から、安土に五重の城の建設を命ぜられた。

又右衛門は即座に引き受けたが、城造りを指揮する総棟梁は、名だたる番匠たちとの指図(図面)争いで決めると言う。

さらに広く世界に目を向けていた信長は、当時日本にはなかったキリシタンの大聖堂のように、天井まで吹き抜けの城を望んだ。

夢のような城の指図造りに、苦悩rする又衛右門を支える妻、田鶴(大竹しのぶ )。そして、一人娘の凛(福田沙紀)

指図争いの席、競争相手の番匠たちとは考えを異にして、又右衛門は吹き抜けにしなかった。
意向に逆らった又右衛門に、激昂する信長。凍りつく指図争いの場で、又右衛門の番匠としての譲れぬ信念と誇りが信長を揺り動かした。

「岡部又右衛門が、総棟梁じゃ!」
やがて、大和六十六州の職人たちが安土に集結し、前代未聞の巨大な城造りが動きだした


003火天の城  004火天の城
完走
『釣りバカ日誌』シリーズなど、出演の名優・西田敏行の演技に注目だね
その西田敏行を支える妻の大竹しのぶの献身かつ気丈が涙を誘う。

005火天の城  006火天の城
敵国武田方の領地木曽のご神木を通し柱として移入するくだりがあるが、西田敏行と木曽の檜の匠緒方直人の駆け引きが見せ場だ。

緒方は西田の気概に惚れ込み御神木を切り出すがその後木曽義昌自らの手によって処刑される。
難を言えば木曽福島の奥山から材木を切り出すシーンを見たかった。

織田信長の「うつけ」ぶりと 007火天の城
領民への我侭は観るものを不条理な世界と写る
ましてやその3年後に明智光秀の謀反で天下統一できなかったことを知るものにとって、この城を築城することそのものが無意味無謀であったと感ずる。

しかし匠魂は、うつけの信長を超える生命力だ。
築城完成後信長の反省めいた台詞があるがこれも空々しく聞こえるたのは私だけか。

西田敏行の迫力と、大竹しのぶの薄幸が対照的でこの映画のメインテーマと思われる


今日はお彼岸のお中日
信州安曇野からお持ち帰りの食材
というより懐かしいお袋の味をいろりに乗せた。
信州松本産の土産「おやき」 P111004267おやき1  
ご幼少のころ腹を空かせたnebaneba少年にお袋が作ってくれた
具は野沢菜漬け・・・・信州伊那谷では野沢菜ではなく「おは漬け」と言った

「ほうろく」という底の平らなちょっと大きめの鉄の鍋をいろりの自在鍵に掛けて焼くのであった。
nebaneba少年は出来上がるのを待ちきれず、つまもうとして「ほうろく」の淵で焼けどした。

そんなことを思い起こしながら、焼酎ロックをすする
薄く油の乗ったお焼を時間を掛けてジワッと暖める。

油のこげる煙と共に懐かしい香りがまた焼酎を誘う。
「おやき」にナイフとフォーク、アンマッチではあるが何故かワクワクする。

P1110044おやき②
熱々のおやきを皿に移す
ナイフを入れる
「お葉漬け」を油で炒めた香りにnebanebaは少年時代にタイムスリップするのであった
二つに割った後、一旦ナイフとフォークを置き、郷愁に浸ってまた焼酎を口にはこぷ

今度はおもむろに手づかみでおやきをちょっとだけかじる、
ウッ、これだ

次は思い切ってガブリと大口を開け齧り付く
口中に「お葉漬け」とモチッとした皮の食感が広がる

うん、懐かしい味、だがお袋の味とはちょっと違う
いろり端にカサカサ皴皴のおふくろの手が無い。

だが50年以上前にタイムスリップさせていただいた「おやき」に感謝
親不孝もしたなあとまた焼酎に手を伸ばしそしておやきを口にして

今夜の焼酎ちょっぴりほろ苦い。
                    
                     ランキングに参加
AACR  P11100373安曇野ライドステッカー
アルプスあづみのセンチュリーライド2009
安曇野を男の遊び場にしようという企画、自転車のステージを安曇野で。
センチュリー・・・100マイル160キロを自転車でと言うわけだが、第一回の今年はその前哨として100kmと60kmの2コースでのトライアル企画とか。

来年は正にセンチュリーな大会にしようと言う長野県人そのもの賢人な企画
信州出身の私としてはそのニュースをtortuga さまのブログで知った以上即エントリー。

前日から会場近くの健康ランドにホテルを確保しての参加。
午前6時30分、受け付け1時間前にスタート会場にスタンバイ。

P1100978アルウィン  P1100984開会式
信州松本空港脇のサッカー施設アルフィン(アルプスの風)の周囲は広大な蕎麦の花咲く田園地帯。
マドン君は蕎麦のお花畑をバックに記念撮影。

空港と言えど飛行機はどこで離着陸してるのか、竹トンボも飛んでいない、

午前8時、サッカー場メインスタンドで開会式
主催者「松本の遊び男」の熱弁ご挨拶が広いサッカー場に響き渡りこだまする。

参加者・・・100kmコース100余名、60kmコース35名
いずれも自転車のツワモノばかり・・・に私には見えた。・・・付いていけるか一抹の不安、

ご来賓の挨拶の後に五輪出場経験選手の走行レクチャー、
その後、予想されたハプニングは起きた。P1100986tortuga さまとご対面
今回私がこのイベントに参加するきっかけを作って戴いたtortuga さまとの遭遇である
(彼の顔写真公開は了解を得て無いのでマスクをかけさせていただきました。)

何と彼は40台の年齢とは思えぬ精悍なマスクに引き締まった体形
私とは10センチは差がある股下長、
まあその辺はこの写真と彼のブログをご覧いただければ一目瞭然。

本日の健闘と今後の親交を誓ってスタートラインへ。

スタート風景 P1100987スタート 午前9時 
ゼッケン№順に10秒毎のスタート。
MCとバックグランドミュージュックは参加者の高揚をあおり立てる。

安曇野の山々 P1100998マドンと山並み2 P1100999マドンと山並み
コースは単調に上り単調に下る。
決してアップダウンが激しいわけではない

自分のペースさえ守ればそれはクリアーできる。
だが落とし穴はあった。

安曇野という言葉の響きに酔って景色を愛でながらの走行はペタルの回転を時々スローにさせた。
50kmの折り返し地点・・アルプス安曇野公園までは快適なサイクリングであった。

P1110002マドンと稲穂   P1110011アルプス安曇野公園折り返し 
日本アルプスサラダ街道(県道25号線)をメインコースとして安曇野を駆け巡る
稲穂とマドンそして50キロメートル折り返し地点アルプス安曇野公園

P1110008アルプス折り返しステーション  P1110007アルプス折り返しステーション
エードステーションでは、安曇野の遊水、りんご、バナナ、地元のスィーツのサービス

山くだり 快適にスピードアップ P1110014山くだり 谷の向こうの山がぐんぐん近づく。

やはり信州安曇野 P1110019そばの花とマドン  P1110026りんごとマドン
沿道には水田と蕎麦畑そしてりんご畑の連続。

落とし穴とは、この景色に見惚れて前半のんびりしすぎたことと、
後半の焦りにある。

折り返しコースで、後半は当然ではあるが前半上ったところは下る、下ったところは上る。
イベントとしては少数参加者の100名が後半はだんだんバラける。、

私のような単独参加者は「仲間」との走行意識が薄れ、孤独感から焦りを生じ離された前走者に追いつこうとして自分の走りを失ってしまった。

P1110031完走野菜汁とおにぎり  P1110033完走証とTシャツ
なんとかゴールしたものの、走行中の焦燥感はその後、後悔となる。
私がゴールした時点でまだまだ後続があったことに気づくのでありました。

ゴール後、スタッフが用意していただいた「おにぎり」と「きのこ汁」を「猫まんま」で腹に流し込む・・・・・・・・・・旨かったあ
完走証はスタッフ手作りの写真付き。そして参加の記念Tシャツをゲット。

来年センチュリーライドが実施された暁には、今回のてつを踏んで全コース楽しむライドとして見せるぞ。
スタッフの皆さん来年もよろしくね。

その後信州健康ランドで一休みし P1110032信州健康ランド帰途に着くnebanebaでした。

                    
                     ランキングに参加中
信州信濃の安曇野に来た
高速道路1000円に吊られた訳ではない。

P11009692安曇野
明日開催されるアルプス安曇野センチュリー前哨戦のためだ

国際宇宙空港「松本空港」滑走路脇のサッカー場「アルウィン」(アルプスの風)

 P1100964アルウィン    P1100965国営アルプス安曇野公園
メイン会場の前では明日の準備が進められていた。
60k折り返し地点国営アルプス安曇野公園を経てコースの下見をした。

高低差はさほどないにしても、アップダウンは確実に私の脚力を試して来るであろう。
サイクリングは楽しめば良い・・・腹を括って本日の宿へ

P1100973更科そば  P1100970とろろ
おっとととその前に食事。
もりとろろそば、更科そばの風味を味あわせていただいた。

本日の宿、「信州健康ランド」  P1100974
馬力アップと完走を願って信州名物馬刺しを肴に一杯。

旅に出て夢は安曇野を駆け巡る。

グッドナイト

                    
                     ランキングに参加
日中は日差しも強いが朝晩はめっきり涼しくなった
肌寒いくらいだ

人肌恋しい季節と言うのだろうか
明日は彼岸の入り、久々に一人居酒屋「いろり天国」の暖簾をあげた
P1100960一人居酒屋エビ
ダイエーで見つけた海老ちゃん2匹で124円
冷蔵庫の野菜室で縮こまっていた椎茸、以上2品が本日の売り切りおすすめ品

海老ちゃんを焼き網に乗せると始め黒色であった肌が忽ちピンクに染まりやがて朱色に変わる。
色っぽいね

プリップリの海老ちゃんをポン酢で戴く
歯をはじき返すがごとく口中で跳ねる感触
喉を通すのがいとおしい
焼酎をちょびっとすする。

椎茸は可愛そうな位縮んでしまった
口に運ぶとその皴の中から精一杯みずみずしい香りをくれた
焼酎をぐいっとあおる

ちょっぴり寂しい一人酒
秋だねえ。
                    
                     ランキングに参加中
昨夜の雨もすっかり上がり、空には満天の星をいただいて午前4時ホテルを出発、
会場近くの駐車場は昨夜からの車中泊組の車両を含め次第に参加者車両が増えていく。

富士山の方向を見ると登山者の懐中電灯の明かりが列を成して頂上付近にまで伸びている。

私は暗がりの中自転車を組み立てて集合場所へ 

  P1100875夜明けと富士山   P1100876集合時間と富士山
夜も白々と明け、富士山も綺麗にシルエットを見せだした。
本日の参加者、何と1,400名余とか

P1100880スタート今中大介  P1100881走行風景スタート直後
絹代さんの絶妙なアナウスと今中大介氏のスターターの合図でスタート、午前6時。
陽はまだ昇っておらず、気温9度、冷え冷えする朝の空気は自転車海苔を震えさせる。

山中湖から国道138号線を河口湖、西湖、精進湖、本栖湖と富士五湖沿線を走る。
ただし、寒さとこれから120キロ走るという序盤の段階ではあまり景色を見る余裕無し、

 P1100883風穴   P1100886エイドステーション
途中いくつかの観光名所はパス。
いくつか用意されたエイドステーションも、水補給程度でそそくさと先へ先へ

P1100891富士山とトレック③  P1100897富士山とトレック②
霧降高原では富士山がくっきりと浮かび上がり、時々強烈な日の光が体を温めてくれる。
コルナゴ君も牧場地帯を快調に走る。

やがてコースの中間位置の P1100905トレックと富士山
富士五個プラスワンの田貫湖近く「富士ハーネス」の第3エイドステーションへ
午前9時、50km/3時間・・・・・ボタのいいペースだ。

P1100907第3エイドの行列 P1100910第3エイドステーション
ここでのサービスには長蛇の列が。
私もここで朝食、焼きそばとトン汁、駿河丼をいただいた。ガッツイていて撮影は後の祭り。

そこで突然若者お二人からお声がかかる。P1100914.jpg
何と静岡県西部から参加したブログ仲間「KeiBo氏」とそのお友達。
互いにエール交換と記念撮影をして、完走と再会を誓って出発。

富士宮道路を南下、国道469号線に入る。
ほとんどが下り斜面、こどもの国や自衛隊東富士演習場脇の裾野を経由して、御殿場へ。
自衛隊富士学校を経て国道138号線を山中湖を目指す。

P1100918第4エードステーション  P1100922第5エードステーション
第4エーとステーション・・・こどもの国園内
足きり15時の第6エイドステーションを14時30分無事通過。
激坂、籠坂峠を目指す。

P1100923籠坂峠  P1100943ゴール&山中湖
昨日山中湖入りする際に図らずも車で下見した激坂「籠坂峠」
なんともキツカッタあ。
峠の峰に到達した際思わず感涙。
同様にその達成感を感じた者同士の、写真の取り合い。
私もどこぞか不明だが「中年自転車海苔氏」にカメラを手渡し、パチリ。

そして峠の下りを慎重に下山、山中湖に到着、ゴールするnebaneba選手でありました。
15時30分。
総走行距離121km
完走証 も頂きました。
P1100931完走証  ゴール

今回はずいぶんとスタッフの皆様に励まされての走行であった。お疲れ様でした。感謝。
前半は楽勝ムード、フィニッシュは地獄の峠。暫くは山登りはお休みしたいね。

 P1100842源泉  P1100838紅富士の湯
主催者から戴いた温泉割引券を握り締め山中湖温泉の源泉へ直行
「紅富士の湯」
昨日の「石割の湯」と同様山中湖町の二大温泉だ。
広大な露天風呂では、お仲間でこの大会に参加した人たちの自転車談義が
楽しげに交わされていた。

「紅富士の湯」で食した「山中湖そば」 P1100951山中湖蕎麦
何の変哲も無いが具の置きかたに凝っている。
三角の揚げを丼に張り付かせて・・・・・富士山
その下に鳴門巻きを配して・・・・・富士山の雲海
そしてどんぶりの中が実り豊かな山中湖・・・だそうです。

そしてそして・・・・・P11009423秋深し山中湖
秋色の濃くなってきた山中湖と富士山にお別れしたのでありました。


                    
                     ランキングに参加中



明日は富士山の裾野を一周するサイクリングイベント
富士山一周Mt.FUJIエコサイクリング
山中湖ー河口湖ー本栖湖ー富士宮道路ー裾野ー須走ー籠坂峠ー山中湖
予定走行距離120km

P1100844受付  P1100846山中湖交流プラザきららステージ
山中湖畔にある「山中湖交流プラザきらら」にて前日受付
ここでコースマップや記念グッズをいただいて大ステージへ。

P1100861環境フオーラム  P1100868じゃんけん大会
ステージでは、今中大介氏や鶴見新吾 工藤由記らによる環境フオーラムのあと
大じゃんけん大会のアトラクシュョン、じゃんけんに弱い私は当然のように商品はゼロ。

P1100848石割の湯1  P1100851石割の湯
明日の鋭気をこんなことでくじけてならぬと近くの温泉で体調保全
山中湖畔平野温泉「石割の湯」
すべすべの透明の湯に浸かってその後は腹ごしらえ

この温泉の名物「石割そば」  P1100855石割そば
月見に牛肉、きつねに山菜も入って550円
旨い安いそして満腹。
見も心もあったまり明日の活力をみなぎらせて宿に入るのでありました。

外は雨 霧も濃い。 P1100870きらら
明日は天候に恵まれることを確信してベットにもぐりこむのでありました。
ディア・ドクター

001ディア・ドクター  002ディア・ドクター
あらすじ
山間の小さな村のただ一人の医師、伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪した。
村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、彼の背景を知るものは誰一人としていなかった。


やがて刑事が二人やってきて彼の身辺を洗い始める――。
失踪の2か月前、東京の医大を出たばかりの研修医・相馬(瑛太 )が村にやってくる。


看護師の朱美(余貴美子)と3人での診察の日々。そんなある日、一人暮らしの未亡人、かづ子(八千草薫)が倒れたとの一報が入る。

かづ子は伊野の診察を受け、次第に伊野に心を開き始めていたが、そんな折にかづ子の末娘(井川遥)の質問攻めを受ける。そして失踪(しっそう)事件が起きる。

004ディア・ドクター  007ディア・ドクター

           008ディア・ドクター
完走
笑福亭鶴瓶という日本中が知りえてる「俳優」が
素性は誰もがわからぬ偽医者を演じている。いい役者してるね。

心理劇とでも言うのだろうか
台詞と台詞、役者の表情と相手の表情、シーンとシーンの「間」が、観る側の心理をもえぐってくる

009ディア・ドクター  011ディア・ドクター
笑福亭鶴瓶 ・瑛太 ・余貴美子・井川遥 ・香川照之 ・八千草薫 とキャスト陣も豪華だが
その配役の全てに心理の裏と表がその「間」の中に表現されている。

人間はみんなうそつきか
それが人間なんだなあ。

012ディア・ドクター  013ディア・ドクター

笑福亭鶴瓶は、許されるのか。
ラストシーンが全てを語る。
                    
                     ランキングに参加中
     P1100837住宅建設予定地2009.9.10     P1100835富士山2009.9.10
我がマンションの裏に広大な空き地がある
ここに一時マンション計画があったが
一戸建て14棟の建築計画に変わったようだ
9月になってから工事が始まった。

富士山も当分は見られそうだ。
ホッとしている今日この頃である。
333792view001サブウェイ123 激突  333792view002サブウェイ123 激突
あらすじ:
午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、
ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。

しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。
胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。

突如何者かにハイジャックされたニューヨークの地下鉄を舞台に、犯人グループとの身代金交渉を臨場感たっぷりと見せる。

333792view008サブウェイ123 激突  333792view009サブウェイ123 激突

頭の切れる武装グループのリーダーを演じるジョン・トラヴォルタと、
彼との交渉役を務める地下鉄職員役のデンゼル・ワシントンの頭脳戦も必見! 


333792view010サブウェイ123 激突  333792view011サブウェイ123 激突
完走
逃げ場のない地下鉄内での先の読めない展開に目が離せない。

スリルは無線で会話を交わす運行指令室の主人公ワシントンとハイジャック犯のリーダーのトラボルタによる丁々発止の応酬だ。

333792view013サブウェイ123 激突  333792view015サブウェイ123 激突
トラボルタは「生き方がうまくてもヘタでも行き先は墓場さ」などと気障なゼリフを吐きく。

ワシントンは職場での降格人事の原因たる汚職の内容を話さざるをえなくなる

心理戦のやり取りが観る側をそのスリルの渦に引き込んでしまう。

立てこもり犯を説得する警察のネコシエーターを連想する。
まあまあの出来かな。
ワシントンの必死かつ真剣な表情の演技は好感持てた。
                    
                     ランキングに参加中
ホテルの案内も同封された P1100781アルプスあづみのセンチュリーライド
アルプスあづみのセンチュリーライド2009
案内通知が届いた

信州で「八十二へ行ってくる」と言えば、銀行へ行ってくるの意である。
その長野県の大銀行八十二銀行口座へ参加費5,000円を振り込んだ。

ちょっと前、あの田中康夫知事が2選目で落選したのも、八十二の頭取がそっぽ向いたからとかなんとかそんな記事を二流週刊誌で読んだ事を思い出した。

あれっっ、アルプスセンチュリーランとは関係ない連想ゲームでした。
                    
                     ランキングに参加中