>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
ミラノアサランの朝7時
昨夜の一人居酒屋で深酒で寝坊で遅刻だ
本隊に追いつくには私の脚力では心臓破裂するだろう。

思い切って一人アサランと決め方向転換
国道4号線を千住新橋へ、荒川左岸を葛西臨海公園を目指す。
左岸は道幅も広く走りやすい。ただ、土手から染み出た雨水がマドンにはねるのが気になる。
首都高速環状線ハープ橋を掠めて高架下を走る
  P1090542ハープ橋通過     P1090547環状線下
今日は曇り空だからさほどではないが、炎天下であったら日陰走行できるな。

このまま進むと中川河口からは葛西臨海公園に渡れなくなるので
途中平井大橋を渡って一旦右岸にでて更に新葛西橋を経由して目指す葛西臨海公園へ。

ここまで35km。P1090551葛西臨海公園 

このまま帰っては物足りない。荒川湾岸橋を渡り、対岸の若洲へ行くことにした。
海沿いのサイクリングロードで東京へリポートを右に見て若洲へ
若洲ゴルフ場を周回し再び新木場へ P1090554サイクリングロード
新木場ローデー達が貯木場周回コースを猛烈なスピードで私を追い抜いていく
とても追いつけない。
ここで私は今日のアサレンはボタと決め、
有明、佃、豊洲 を徘徊しながら 晴海通りへ
 P1090586t2歌舞伎座   P1090590銀座4丁目
晴海通りを歌舞伎座、銀座4丁目経由 
P1090597皇居前②      P1090599皇居前①
皇居前のパレスサイドのサイクリング解放区を2周。
ここにも多くのローディーがスピードを楽しんでいた。

ここまで75km
これで帰宅すれば100kmの本日のノルマ達成できそうだる。

御茶ノ水から、秋葉原、上野を抜け千住新橋へ
またまたボタ気をだして荒川右岸の河川敷サイクリングロードで少年野球を観戦しながら扇大橋へ

  P1090621西新井     P1090622西新井大師境内
扇大橋から西新井大師を経由ねショップミラノで小休止。

この間息子宅へ立ち寄るも、P1090617孫の自転車
どこかへ出かけていて、不在。
たまには孫の顔でも見ようとしたが、爺ぶりを発揮できず。
息子家族全員分のママチャリとマウンテンを撮影して退散。 

ミラノでは本日のアサラン欠席の言い訳をして帰宅。
本日の総走行キロ 98.9㎞
おおっ100km達成できなかった、ふーあ、残念。  
                               ランキングに参加中
今夜も一人酒
暖簾を上げました。

帰宅するとつれあいの置手紙
「旧友と飲み会です」
「食材は冷蔵庫に用意してあります」

何と高価な2ケで400円近い長崎産サザエ
ゆでたとうもろこし
それになんやら肉の味噌漬け
カレーライスの鍋も鎮座している
P1090517396円サザエ  とうもろこし

バカや老、俺が店主だ、その日のネタは俺が選ぶ
とはいえいつもは百円前後の帆立が精一杯の当店の台所事情
1個200円のサザエは戴きとした。
とうもろこしは空腹を満たすのに腹の隙間に詰め込んだ。

暖簾を掛け
箱の焼酎ロックを一すすりして、ふと脇を見ると
予ねてオーダーしてあった信州 I 北高校の同窓会名簿最新版が悪徳郵政便で届いていた

サザエは焼いた後で蔕を取ると貝殻に食い込んで取るのに苦労する
焼く前にあらかじめアイスピックの先をその隙間に差し込んで取るのだが
なんとなく生爪を削ぐようでサザエが可愛そうだ。
P1090522いろり天国  P1090539いろり天国②

今夜もその下ごしらえをする際一つは成功したが
もう一匹は殻を左手に持った瞬間にしっかり口を閉じられてしまった
いつものことだが成功率50%のつぼ焼きと相成った。

さて、前述の同窓会名簿であるが
ペラペラとページを繰ってみて年の経過を思い知らされた
旧制中学からの先輩諸氏のページは当然のこととはいえ物故者が大半、
私は高校第18期生、昭和41年卒だ。(1966)
そのページを開いてみると、それ以降の卒業生のほうが何倍もページを占めている。
見て下さいこの写真 P1090532同窓会名簿
それぞれに付箋を挟み込んだのがこの写真だ
開いているところが43年前、高校18回昭和41年
左の付箋が中学創立当時、大正9年
右の付箋は高校61回、平成21年

そうか、私の青春は43年も前だったか
いやあまだまだこれからが俺の青春だ
不良中年をいや、優良良高年を貫いてやる。
簡単にゃぁ若いもんにニッポンを譲らんぞ

とはいえ今夜のサザエの肝の苦さは舌にしみる。
焼酎を静かにススルnebaneba亭いろり天国でありました。
一人居酒屋は感傷の居酒屋でもありました。
                              
                               ランキングに参加中
P1090489植えの精養軒  P1090492不忍池
梅雨の合間に上野の森、不忍池の畔でで
自転車仲間6人がビアパーティーを開いた。

P1090497-①乾杯  P1090509③
例によって6人居酒屋のガーデン版だ
日中の気温32度。汗はたっぷりかいた。ビール環境は整った

さあ乾杯。
話題は
N&N氏の福井グランフォンドの奮闘談カラ始まり、

糸魚川グランフオンドエントリーと昨日、銚子犬吠崎往復210km走破したN&K氏の武勇伝

銚子センチュリーでの昼食場所となる海鮮料理店の選定

Y氏のメカニックの話にも熱が入る

そしてそして いやあ 呑むは呑むは・・・

幾度となく乾杯し、P1090513乾杯②

浴びるほど呑むという表現があるが P10905113泡風呂
T女史はといえば・・これはもう泡風呂に浸かってしまったのだ。

そして上野の夜は更けていくのでした。
P1090508夜景
                              
                               ランキングに参加中
レイクタウンで見かけたブログネタ P10904411  ①
P1090459③  P1090444②
なんやら新人グループのライヴデモと握手付きサイン会
最前列の観客は何で危ない親父ばっかしなのかね
観てる方が恥ずかしくなった

それでもカメラに収めたら P1090452④
ガードマンに撮影禁止と制止させられた
広場でやってるものを写して何が悪い
「禁止の理由を述べよ」と言い返したら
そのガードマン「禁止と書いてあるから」との答え
「それは理由にならない」と私
ガードマンは立ち去った。

でも、何やら得体の知れないロリータ集団やらパラパラダンサーを撮り続けても意味無いし
私の「首掛け2段ストラップ付きデジカメ」はケツポケットに納まるのでした。
                                
                               ランキングに参加中
スイス製ミニベロ
BRUNOP1090446bruno_20090625074059.jpg
210,000円

日曜のレイクタウンで見かけた
と言うより映画に行くたびにこの店にディスプレイされているBRUNOを
3分間見上げている私を発見した。

今年はマドン君を入れたばかりだから
来年度の予算に組み入れるよう大蔵大臣に依頼するのは
さし控えたほうが良いだろう。

1年4万円で5年貯蓄計画なら何とかなるか
次から次へと湯水のごとく湧き出る「物欲」を誰か抑えてください。

「欲しがりません貯まるまで」
せっせと働きましょ。                 
                               ランキングに参加中
人類滅亡を意味する“審判の日”から10年後の2018年を舞台のターミネーター4を観た。
karimain_largeターミネーター4  sub3_largeターミネーター4
ストーリー
時は2018年。
人類軍の指導者となり、機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきたジョン・コナーは、人類滅亡をもくろむスカイネットと戦う人類軍のリーダーとして立ち上がることになる

一方、ロサンゼルス郊外の荒れ野原でひとりの男が目を覚ました。
男の名はマーカス・ライト。2003年に死刑囚としてその人生を終えた男。

彼は完全なターミネーターのはずだったがスカイネットの陰謀に気づく
そしてョン・コナーと共同戦線を組む。

sub15_largeターミネーター4      sub17_largeターミネーター4

果たして、ジョンはスカイネットに勝利することができるのか?

sub22_largeターミネーター4  sub26_largeターミネーター4

完走
ターミネーターといえばシュワちゃんの先入観で観たが。

あの アーノルド・シュワルツェネッガーそっくりさんのマシーンがコナーとの対決で無残にメカ姿になってしまうシーンがシュワちゃんからの脱皮の象徴か。
sub31_largeターミネーター4  sub32_largeターミネーター4
娯楽映画として暇なら見ても良いねの世界だね。
戦いばかりのシーンの連続だが、人間がターミネーターに恋をするちょっとしたロマンも折り込んである。

まだまだ続くでラストとなる
「一回ごと完結してよ」と思うのは私だけか。
私にはシリーズ物は向いていないか。        
                               ランキングに参加中
雨の日が続きコルナゴ君もトレック君もラックに引っ掛かったまま出番を失している。
まあそれもよし。
「劔岳 点の記 」を観る事にした。

日本地図完成のため未開の地・劔岳を命懸けで目指した測量師たちの姿を描いたドラマ。
原作は新田次郎の同名小説。
明治の時代のこと。
main_large劔岳 点の記  main_s_large劔岳 点の記1
ストーリー
明治時代末、陸軍参謀本部陸地測量部の柴崎は、地図上で空白となっている劔岳の登頂と測量の命令を受け、仲間と共に劔岳に挑む。

しかし、そこには雪崩や暴風雨など想像を絶する困難が待ち構えていた……。

trg_sb3_s_large劔岳 点の記  trg_sb5_s_large劔岳 点の記
完走
地図作りとは文字どおり地道で退屈な仕事だ
映画にもそれはそのまま表現されている。・・・・退屈だ

ただし写真は綺麗だ
山好きな方には最高であろう。

感動、感涙シーンもある。
新田次郎の原作に感動して映画を観たい人に配慮して酷評はあえて避ける。

信州は山国育ちの私だが、私にとって山は眺めてるもので登った事が無い。
したがってそこに山があるからみたいな「山登り」の気持ちは分からない。

日本山岳会が競って剣岳制覇しようとするシーンがあるが
山は競って登るものではない。里山しか知らない私にもそれくらいは解る。

仕事として山へ登ることの厳しさと空しさはこの映画から感じ取ることはできた。

trg_sb7_s_large劔岳 点の記  trg_sb8_s_large劔岳 点の記2

浅野忠信はこの職に最適の淡々とした演技であった

香川照之には泣かされた。目の演技が素晴らしい。、

松田龍平、やんちゃ坊主的配役にピッタシだね。

trg_sb9_s_large劔岳 点の記  trg_sb10_s_large劔岳 点の記
映画は原作を超えることができなかった一作としての評価だけはしたい。
絵だけはいい。素晴らしい。
                   
                   ランキングに参加中
日時: 平成21年6月20日土曜日 午後5時より
場所: 横浜市営地下鉄中町台 味処”高遠”P1090408居酒屋高遠
所在地: 横浜市都筑区仲町台1-14-31ビクトリュー仲町台101
TEL:045-941-1336

信州の高校時代の同期会「十八の会」の春の集いの案内にいそいそと出かけた。
わたくしの同期生は関東に100名近く棲息している。

何かにつけて集まりを持つのであるが、梅雨に入って何故か「春の集い」
今回は横浜を中心とした棲息地に網をかけたのである。
もちろん私は埼玉から2時間をかけて横浜都筑の地へ出張っていくのでありました。。

この日集まったのはいずれも60歳をちょっと超えた若者12名。
母校は男子高校ではあったが女子も15・6名在籍していた。
このうち3名の女傑が花を添えた。

一流О女子大現役合格後成田闘争の際、成田の青年と恋に落ち
そのまま住み着き今は有機農業を営む異色・・・E子(孫4人)

40歳のときに一級建築士の資格取得
横浜でご主人と建築事務所を経営する・・・S江(これまた孫4人)

苦学の末進学し、定年の歳まで川崎の小学校で教諭・教頭を歴任
今また教育委員会関連に勤務・・・M子(近々孫誕生)
今回の会場「高遠」も彼女の出身である信州高遠の縁である

さて、この居酒屋「味処・高遠」の料理は絶品である
その味に舌鼓を打ちながら会話は弾む

P1090410居酒屋高遠その1

近況報告やら高校時代の恋の話、当時の教師の消息。
孫の話に、家族の話題。苦労話も生き生きした表情で話す。
みんな長けてきたなあ。

いずれも団塊の世代と言われ競争を強いられてきた世代だ
みんな元気で若い。「日本は我々が背負っている」の自負でみなぎっている。

麻生君なんかいなくても俺が日本を引っ張っていく・・・そんな意気込みの集まりであった。
話は尽きるところ無く続くが、焼酎ロックの氷が底を付いたのを期に
再会を誓いお開きとした。   P1090421氷


私は横浜で京浜東北線に乗るまではしっかり目をあけていたが
案の定、と言うか酔いの後の定め・乗りこして引き返し
また駅のベンチでコックリコ。

午前様となるのでありました。
懲りずにまた夏の納涼会を待ちわびるのであります。
                   
                   ランキングに参加中
我が家のルーフバルコニー
実生から育って3年目の万両の鉢に侵入者あり
雑草と思い放置していた若芽がぐんぐん伸びて花が咲いた。
    
     P1090398カ華麗な侵入者     P1090407スクリュー花
スクリュー状に無数な欄に似た可愛い花弁の花がついておどろいている。
どなたかこの華麗なる侵入者の名前を教えてください。


此花が群生したとしたらその様はまた見ごたえあるだろうなあ。
多年草であれば散ったら一つの鉢を与えてあげよう
           
                   ランキングに参加中


今夜も一人居酒屋「いろり天国」の暖簾をくぐります。

越谷の田んぼではかえるの合唱
梅雨の雲間に半欠け月の光が田植えの終わった田んぼに写る(はずだ)

そこで今夜は月見酒としゃれ込んだ
酒は月見だから日本酒にしたP1090363月型はんぺんだ①

銘柄は月の丸さにちなんで月桂冠とした
ぐい飲みも丸模様のある利き酒用の大型茶碗にした。

そして今晩の逸品は伊勢の「まる天」の帆立はんぺん
先日福井の帰り名神高速養老サービスエリアで購入した380円、ちょい高。
月形はんぺんだ。

形は白くて丸い。十五夜にしては多少いびつだ
十三夜としようか 十六夜としようか迷ったが
語呂のいい「十六夜はんぺん」と名づけた
P1090371月型はんぺんだ②  P1090376月型はんぺんだ③

弱火でじっくり裏表をあぶる
「月に黒雲」は一瞬だけ強火で一部を焦がす

暖まったところで皿に移すが、かぶりつくにはちと厚すぎる
そこで登場がナイフとフォークP1090377月型はんぺんだ④
帆立はんぺんステーキか

ナイフを入れるとスーと切れると思いきや、何か引っかかる
そう、帆立の貝柱満載のこのはんぺんはナイフの刃に帆立の貝柱が絡みつくのである。

皿がキスキス音を立てるが行儀より食い気、ナイフでのこぎり切り。
ナイフに絡みついた帆立の筋は魚の骨をしゃぶるがごとく前歯で漉き取る。
うっ、いい香りだ。筋をシャブルより本体を食そう。
P1090378月型はんぺんだ⑤

月桂冠をキス唇で吸い、舌先で転がしてから
帆立はんぺんの切り身を何もつけずに口に運ぶ、
おお、まさに帆立の味と香り。
舌に染みた月桂冠となじんでいい味を出す。これはいける。

次に切り身に一滴おしょうゆを垂らす
これもいける
その次は練りわさびをちょこっと付けて
これもいい

たちまち酒も進み
帆立はんぺんも残り少なくなる
切り身は少しづつ小さくして何度も口に運ぶこととした。

白のタルタルソースを付けたらステーキ味になるかもね

380円もしたから1個しか買ってこなかったが
惜しいことした、もっと買って来ればよかった。

三重県の人は旨い物食ってんだね
今度伊勢に行ったら釜毎買って来よう・・・破産する。

今宵もいい気分の十六夜・・居座酔い・・の月見酒であった
           
                   ランキングに参加中
当日一緒に走った奇特な方から私達の写真を送っていただいた。
せっかくなのでここに期間1日限定で公開掲載します。

福井グランフォンド写真集④  0005L_Granfondo0906141福井グランフォンド写真集①

福井グランフォンド写真集6  福井グランフォンド写真集②

    福井グランフォンド写真集③     福井グランフォンド写真集⑤

   福井グランフォンド写真集⑥   福井グランフォンド写真集⑦

   福井グランフォンド写真集⑧  福井グランフォンド写真集⑨

福井グランフォンド写真集⑩  福井グランフォンド写真集⑪

   福井グランフォンド写真集⑫      福井グランフォンド写真集⑬

また来年福井365スキー場で、若狭湾水晶浜でお会いしましょう。

大阪 ユキオウさん兄さん
大阪の かず@E51さん
京都のSGGKの人さん
三重県松阪市のHМさん
秘密組織福井の I さん 
千葉のKNさん。
謎のターミネーター美女ライダ-さん。
愛知のたけひろさん、来年こそお会いしましょう

そしてスタッフの皆さんありがとう。
来年もお会いしましょう。
   福井グランフォンド写真集⑭     福井グランフォンド写真集⑮
                             
                               ランキングに参加中
100kmコース
なんと言っても cource2009s.jpg この福井グランフォンでの参加ポイントは、エイドステーションの充実とアフターランのグルメにある。
3つあるエイドステーションの接待は心暖まり物心ともに満足の絶頂を味わえる

約50キロ地点の第一エイドステーション
三方湖畔の縄文遺跡公園
(妻はこれより先にバイバスして第2ステーションに向っている)
P1090327第一エイドステーション①  P1090325第一エイドステーション②

P1090323第一エイドステーション③  P1090321第一エイドステーション④
もし、この美しい彼女達が縄文の世界からの接待としたらあなた方は3,000歳か1万歳か?
爽やかな笑顔で、冷うどん、おにぎり、オレンジ、バナナ、アンパンを提供していただいた。

私はうどんはメタボのもとと行列を辞退したものの
オレンジには、この縄文美女に魅せられて、何回も行ったり来たりでお代わりをした。
そんな私に快くポーズをとってくれた。
永遠の美女軍団、三方湖縄文人に後ろ髪を引かれつつ、水晶浜弟2エイドステーションへと向った。

P1090333トレック②  P1090341水晶浜
約65km地点弟2ステーションは風光明媚な水晶浜にあった。
遠くに原子力発電所を眺めつつしばし休憩。

メニューは第一ステーションとほぼ同じであるが、
チャイニーズドレスの美女軍団の接待と天然水の補給が売り。
P1090339第2エードステーション  P1090337トレック①
おにぎりはお腹を指差し辞退し、ここでもオレンジとバナナをリクエストした。

ここからはだらだらと続く坂道であることは承知していたから、充分休養し、それに備えた。
その坂道への分岐点で今年も仮装で案内をしているボランティア青年に遭遇。
今年は何とコカコーラの缶詰姿。P1090344案内ぼーや
昨年は亀姿であった。グランフォント福井コスプレ誘導員③かめ

彼の奇抜なコスチュームアイデアを絶賛した
夏の日に照らされながら気持ちよくツーショットに応じてくれた。
シャッターを押していただいたのは大阪のあの「ユキオウ」兄さんであった。
 P1090329ユキオーさんチーム   P1090346第3エイドステーション
なんとか試練のだらだら坂の峠を越えて敦賀湾畔の80km地点の第3エイドステーションへ
ここでバイパスちょんぼした妻と遭遇。
この先ゴールへ向けて最後の激坂目指すエネルギー補給に専念

そして約15キロメートルのヒルクラムとスキー場取り付け道路の激坂を必死でクリア・・・・もち論無理する私ではない。
歩くべきところは歩かせていただいた。 P1090331必死のさかのぼり

そしてゴール
待っていてくれました「ユキオウ軍団」
ありがとう。

ゴール後のお楽しみはもちろん福井グルメ

P1090353おろしそば  P1090351トン汁
おろし蕎麦とトン汁

P1090352スパゲティー各種  P1090350デザートアイス
各種スパゲティーに デザートのアイスケーキ

最後の癒しは「365きらら温泉」P1090357温泉サービス整理券
流石に人気で入場制限
整理券にて1時間待ちで火照りきった体を温泉に浸けてさっぱりと。

150㎞の部に参加したKNさんも無事完走。
しばし歓談後帰途に着いた。

記念品の P1090361参加賞
Tシャツとドリンク。
さて、来年も走れるか。
2年連続の参加は良いが、激坂でまたもや歩いてしまったのがなんとも悔やまれる。
楽しく過ごさせていただいた地元の皆さん
スタッフの皆さん
ブロともの大阪 ユキオウさん兄さんの迫力が励みになりました。
大阪の かず@E51さんまた来年も一緒に走りましょう。
京都のSGGKの人さん優しい笑顔来年も見せてください。
三重県松阪市のHМさん感謝です。
秘密組織福井の I さん来年またお会いしましょう。 
千葉のKNさんお世話になりました。
そして謎のターミネーター美女ライダ-さんコメントください。
愛知のたけひろさん、来年こそお会いしましょう。
皆さん楽しい一日をありがとうございました。


        
           
                   ランキングに参加中
会場の365スキー場へ午前5時30分到着
すでに駐車場は満杯に近い状態
メインステージから遠く離れた位置に駐車P1090305準備

先ず受付
P1090301受付風景 P1090314集合会場
KNさんと連絡取り合流
彼は150キロコース

午前6時半開会が7時半過ぎてもコールがない
今回参加者が2000人を超え参加者の駐車確保と受付に手間取っているようだ

この間多くの方と交流が出来た。
コース別の列についたとたん P10903062ブロとも③
「埼玉のnebanebaさんですね」と初対面の2人組・・・どうも秘密組織はここまで私を追いかけてきたかと一瞬胸のハジキに手をやりかけたが、私のブログチェッカーの歓迎であった。
私のプログや性格を把握していて、バイクの隅々まで一致していることを確認されて後は歓談。

そして次々と私のブログを観ていただいている「ブロ友」とご対面
大阪のユキオーさんとそのお仲間6人
後々コースで常にご一緒し、往路の登り坂でダウン気味の私を元気付けていただいた。

京都のSGGKの人さん
P1090310ブロとも②  P1090312ブロとも①
大阪の かず@E51さん
三重県松阪市のHМさん
特に松坂のHМさんには妻のためにコースをバイパスするルート図を作成してきていただいた。

愛知県海部郡在住のたけひろくん様には会場中うろうろして探したがとうとう会えなかった
2000人もの参加者から探し出すのは至難の業か。
P10903162000人 DSCN0263スタート前①

7時48分ようやく210キロコースがスタート
私達は8時頃のスタート DSCN0264スタート前
ソロリソロリとスキー場への取り付け道路を下る
そして本格的にグランフォンドを楽しむnebanebaでありました。

その後コース半ばでのちょっとした坂の上。
遅れる妻を待つ振りをして休憩していると、うら若き女性ライダーに声かけられた。
「nebanebaさんですね」
もしかして女ターミネーターか
「いつもブログ見てます」のお言葉

そんなあ・・・嬉しくなって一緒についていこうとしたら、妻が追いついてしまった。
その後彼女を見失ってしまった。
せめて電話番号でも聞いておくべきだったか。
さらに続く・・・ P1090334イメージ


     P1090314集合会場
   
6月13日(土) 第7回福井ブランフォンド2009に参加のため
会社会議終了後早退して妻と自宅を出たのは午後2時

高速道路に入ってから自分の今夜泊まるホテルのメモを忘れたのに気づく
千葉から参加するKNさん とは宿泊ホテルは違うがその件でメールのやり取りしたことがある
彼はすでに現地に到着しているはずなので私の泊まるホテルはどこか聞くことにした
私の予約したホテルを他人に聞く・・・どうなってるの

KNさんのメール履歴からかホテル名判明。東名高速上岡崎付近で受電。
「ホテルセレクトイン敦賀」
一泊夕朝食サービスつきツインルーム3,750円(安い)
車載ナビで検索し午後8時ホテル着。

缶ビールを飲みながらサービスのカレーライスをいただき
同宿の滋賀県からの若者6名グループと歓談
同じく100kmコースに参加とか
エールを交換し、自室に戻る
コンビにで買い込んだ焼酎ロックを寝酒にした。
2杯も飲まぬうちに熟睡したようだ

妻の日焼け止め用の厚化粧に付き合って午前3時起床
なんとか尻(ケツ)税を納めて午前4時半ホテルチェックアウトしイザ会場へ

       P1090300受付 つづく
「いろり天国」の開店
今夜の素材は帆立のみ
ダイエーで売れ残り1個だけ120円で仕入れた。

P1090276帆立①  P1090292帆立②
先ず帆立の貝の平ら面をちょっと強火で1・2分炙る
やがてゆっくり口が開いてくる
大あくびの状態になったら
すかさずピンセットの親玉で挟んですばやく裏返す。
この際帆立の煮汁があまりこぼれないようにすることとやけどに注意

裏返して今度は上に来た平らな貝殻にちょっと力を加えると
小さく「ピン」という悲しげな音で貝殻は分かれる
あとは帆立の丸みのある側の「貝殻鍋」を弱火でじっくり炙る。

貝ひもがべっ甲色になったら食べごろ
1滴だけお醤油を垂らす

皿に「貝殻鍋」ごと移して
紐、肝、柱の順に焼酎をすすりながら食す。

この際、焼酎2、肴1の割合で口に運ぶ、慌てず舌の焼けどに注意
貝柱はうまいからと言ってかぶりつくと直ぐなくなる
じっくり味わいたいがガマンできない。

やがて「貝鍋」には煮汁だけが残る
これを「貝鍋」の扇の要を持って汁をこぼさぬように口を運び、ススル

ここでまた焼酎をすする。
良い気分になったところで小腹がすくが
今夜は他に食材が無い。というより冷蔵庫へ足を運ぶのもめんどうだ

えいっ手近にあった3色アンパンの2カケだけ焼いてみた
まあいいか・・・P1090299パン「いろり天国の」閉店
そのまま朝まで寝てた
炉端の火は消してあった。
                   
                   ランキングに参加中