>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平日の午後6時20分、郊外映画館。
話題の「60歳のラブレター」を観た
観客は老夫婦3組プラスアルファー1.
        332813_01_01_0260歳のラブレター①
ストーリー
60歳前後の3組の夫婦の愛をテーマにドラマは進む。

フロローグは、毘羅さま近くの写真館で結婚写真を撮った若夫婦に、その時30年後のお互いに宛てて書いたラブレターを添えて写真を届けるという設定で始まる。
届け先である夫婦は、橘孝平、 橘ちひろ。
仕事一筋で家庭を顧みず、挙げ句に若い愛人までつくって好き放題の孝平(中村雅俊)と
専業主婦で家族に尽くしてきたちひろ( 原田美枝子)は、孝平の定年を機に、離婚を決意するが…。

魚屋を営む正彦(イッセー尾形)と光江(綾戸智恵)は、口げんかが夫婦の潤滑油。
正彦の糖尿が見つかってからというもの、光江は食事療法にウォーキングと、
正彦の健康管理に気を配る日々だったが…。


5年前に妻を亡くし、高校受験を控える娘と2人暮らしの医師、静夫(井上順 )。
海外小説の医療監修を依頼された彼は、そこで出会った翻訳家の麗子(戸田恵子)といつしか恋に落ちるが…。

   完走  332813_04_01_0260歳のラブレター③
中村雅俊 ・ 原田美枝子 の橘夫婦をメインとしたストーリーだが 、私にはなんとなくドラマ仕立てで、ラストが綺麗過ぎる。

井上順 ・ 戸田恵子 のカップルもありきたりの高齢恋愛のドラマ仕立て。

感動物は、 イッセー尾形 ・ 綾戸智恵 演ずるところの 魚屋松山夫婦だ。
妻が辛辣な言葉遣いをするがそれが逆に熱っつい愛を感じる。
その妻が脳腫瘍の手術で入院する際にそれとなしに夫イッセー尾形の欲しがっていたギターを押入れの中にプレゼントしてあるることを伝える。

イッセー尾形が奏でるビートルズのミッシェルが病院中に響く
妻は再起する。

感謝だね。
私にも欲しいロードバイクがある。
妻よ、入院しなくても良いから、高級バイクプレゼントして頂戴。
おっと、最近買ったばかりだから等分無理だね。
メルヘンチックな本筋の60歳にはちょっぴり不満。  T0007261a60歳のラブレター④
「涙ボロボロ」を想定したが「落涙」なし、
「感涙」程度。                    
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッと乾杯してね
スポンサーサイト
「親王会」
旧職場が東京北区JR王子駅近くにあった時からの現役&ОBの親睦会の名称
毎月給料支給日の直後の水曜日は月例呑み会
参加権利者は20数名いるが、毎月の出席者は入れ替わり立ち代り10名前後。

居酒屋「魚荘」P1090032_convert_20090528153238魚荘①
王子駅裏の居酒屋、毎週水曜日はおつまみが半額となる

今月の定例会は5月27日
わたしはちょっと早めに着いた
メンバーが揃うまで小一時間一人酒。
P1090035_convert_20090528154030魚荘③     P1090052メニュー

そこで考えたこと・・・・おつまみ半額で採算取れるのか・・・
偏見に満ち満ちた私なりの回答
①日頃の顧客に感謝の意図で採算度外視の出血サービス
  (毎週続くか)
②客を呼び込むための広告宣伝費と考える
③1品の料理の量や、刺身の切り身を薄くして減らす
④半額の料金をかさ上げする

午後7時過ぎ三々五々メンバーが集まってきた
何時もより集まりが悪い

再度の転職で都合がつかぬ放浪癖者が欠席。
会社整理で2ヶ月に1回の出席として、今月は欠席月の者。
定年後郷里の九州に帰るといっていまだ在京で皆勤者、しかしなぜか本日欠席。
今日お見合いの後のデートらしいという現役組の未婚者が欠席。
他にも諸私的公的素敵な事情で欠席の現役の者数名。
等々で結局この夜は6名で盛り上がることに。

そこで先ほどのつまみ半額の私の推理を披露
刺身の切り身の厚みを計る者
ワカサギのから揚げの本数を数える者
刺身の大根の「つま」一本一本を数えだす者
盛り上がって話題は変遷する。

三社祭りのみこしの担ぎ棒の太さの話
浦和のウナギ祭りのつかみ取り参加者の女性のしぐさの話
過去の居酒屋での武勇伝と女の子との失敗談
もちろん私は自転車の楽しさと雨とパンクと物欲と出費の辛さを披露

時間も忘れ、ワイワイと。
周りの客も少なくなって P1090050焼酎
やがて次回の日取りの確認と割り勘してお開きとした。
                             
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッと乾杯してね
アフター5  P1090024いわしきびなごひとくち鯵やっこ蕗味噌ビール

良い映画もやってないし
妻は残業で遅いし
久々に「いろり天国」の暖簾を掛けるとしよう

今日は暑かったから高級ビールでいこう
普段は「発泡酒」か超高級「箱の芋焼酎」

肴は・・・・・・P1090027いわしきびなごひとくち鯵やっこ蕗味噌ビール②
きびなご
いわし
ひとくち鯵
ちょっと気取って「蕗味噌つき冷奴」 

まだ妻はかえってこない P1090028おまけのソウセージ
よしっ、おまけのソーセージも焼いてみよう。
なんとかいける

明日は「親王会」だ
かつての職場が東京北区の王子にあった
そこの現役&OBの親睦会で「親王会」

決して高貴な人の集まりではない
単なるオヤジの呑み会

毎月給料日直後の水曜日の定例会
王子の居酒屋「魚荘」のおつまみ半額デーなのである。

あしたは呑むぞおうっ               
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッと乾杯してね
若年性乳がんのために24歳の若さで逝った女性の実話、
ドキュメンタリー番組からノンフィクション書籍を経て劇場用映画になった
・・・・・という「あの話題」の映画を観た

001余命1ヶ月の花嫁  002余命1ヶ月の花嫁

003余命1ヶ月の花嫁  004余命1ヶ月の花嫁

ストーリー
仕事を通じて知り合った太郎(瑛太)と交際をはじめたイベントコンパニオン千恵(榮倉奈々)。
ある朝、ごっそりと抜け落ちた髪を太郎に見られてしまい、
乳がんの治療を受けていること、近々手術を受けることを打ち明け、太郎の前から姿を消す。

手術を終えた千恵はかつて太郎が旅した屋久島をひとり訪れていた。
そこへ太郎が追ってきて、乳房を失った傷心の千恵に変わらぬ愛を誓う。
共に生きて行く決意をしたふたりだったが、千恵のがんは再発してしまう。


そして余命わずかな一時、教会でウェディングドレスを・・・・・・・・。

005余命1ヶ月の花嫁  006余命1ヶ月の花嫁
完走
実話であることのストーリーの意外性は予測できないが
明日が来ることの奇跡と生きる喜びと
恋人たちが恋愛を全うする物語とでも言うか

大好き、一緒にいたい。
そして死の恐怖に耐える恋人同士。

そんな恋愛を貫いた若い2人の姿は素晴らしい。
007余命1ヶ月の花嫁  008余命1ヶ月の花嫁
実話であるから映画のみに感想を書かせていただくが
ラプラブの二人はともかくも
父親である柄本明 (千恵)と大杉漣(太郎) の心境を私は思いやる。

40年以上前に「愛と死をみつめて」が話題になったことがある
それと類似かな
「少女趣味」とかたつけるのは酷評かな。

                               
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
トムハンクス主演の 犯罪ミステリー「天使と悪魔」を観た

photo01天使と悪魔  photo02天使と悪魔

ストリー
400年前ヴァチカンが科学者へ与えた弾圧の陰で結成された秘密結社・イルミナティ
そのイルミナティが復讐のため教皇候補の暗殺を計画しているという。

これを阻止するべく、ガリレオの暗号コードに挑む宗教象徴学者・ラングドン(トム・ハンクス)と科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ローマへ旅立つ。


photo04天使と悪魔  photo05天使と悪魔
完走
「宗教象徴学者」って何
「反物質」って何ッ
事前学習は必要だね
前作「ダビンチコート゛」も記憶に薄いままの鑑賞だった。
photo07天使と悪魔  photo09天使と悪魔
緊迫感と臨場感はたっぷりの映像だが、
前述のとうり不勉強で開映直後は眠かった。

次期ローマ教皇を選ぶことを「コンクラーベ」と言うらしいが「根競べ」と「堂々巡り」かと解釈
その「コンクラーベ」の日に世界中から聖職者、信者、マスコミが集まった大混乱の中で
二重三重に仕掛けられた時間の壁と闘いつつ謎解きをしていくラングドン。
photo13天使と悪魔  photo14天使と悪魔

スリルとサスペンスそして派手なアクションシーン。
ローマの街も楽しめる仕掛けは充分だ。

ただ、宝探し的なストーリーの運びに勝手にラングドンが探し当てていくのはできすぎ。
話が忙しい。どんな謎もラングドンが一瞬で解き、即、次の行動に移る。

タイトル「天使と悪魔」 angels & demonsの意図するところはラストで納得
とにかく忙しい映画だ。photo15天使と悪魔
                            
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとね
グランフォンド福井の案内状が届きました。
P1080999福井  cource2009s.jpg

昨年も参加させていただいたが、
365スキー場をスタートゴールとして、琵琶湖から若狭湾を経由する210キロ、150キロと
若狭湾往復の100キロコースがある。私は100キロメートルにエントリーした。

このイベントは、なんといってもエイドステーションが充実していることと
コースやメイン会場の地元の方々やスタッフの接待がいい。
豊富な食べ物と温泉入浴券つきは最高だ。

さあ今年も楽しんでくるぞグランフォンド福井
写真は昨年のスタート直後のシーンで雑誌に掲載されたものです。
                               
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
商用で久々に人形町を訪れた
日本橋人形町の元寄席「すえひろ」の隣

ビルの谷間の老舗を発見「うぶけや」
中央区日本橋人形町3-9-2

P1080994うぶけや①  P1080995うぶけや②
「やけぶう」の看板は右から読む

ウィンドウ、いや店先に並べられた刃物 P1080996うぶけや③
そう、ここは刃物の砥ぎやさんの老舗
もちろん販売もしている
江戸時代から約200年以上続く刃物の専門店
屋号は「産毛」から来ているようだ
毛抜きはゆうめいらしい。

今日はせわしなく人形町を訪れたので
この次お店の中へ寄ってみよう
                               
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
5月18日
今日で佐渡休暇も終わる
せっかく佐渡に来て一回も自転車に乗らない手は無い。
早起きしてアサランと決めていた。
しかしこの朝佐渡は暴風警報発令。P1080978佐渡の荒海 
海岸線の風と波は荒れ狂い私を拒否した。
何故にこれほど佐渡は私に辛く当たるのか。

P1080962荒海とマドン  P1080980佐渡の荒海とマドン①
マドン君と記念撮影のみで早々に宿へ退散することにした。
その際なんとチームミラノのHさんと遭遇
彼は210kmを完走したとか、私と同じ年代だがガッツある。
今日はレンタカーで島見物とか。
お互いに写真を撮りあって分かれた。

さて、
宿をチェックアウトしてからフェリーの出航までの間に
文化的見聞もと「佐渡歴史伝説館」を訪れた。

          P1080981佐渡歴史伝説館
佐渡には数々の悲しい伝説や歴史がある。
言ってみればその昔から「政治犯」とされた人々の悲話が多い。

そんな「佐渡歴史伝説館」であのジェンキンスさんと遭遇した
    P1080984ジェンキンスさん P1080990ジェンキンスシール
ジェンキンスさんは、ここのみやげ物コーナーで働いていて、あのブルーリボンのシールを手焼き煎餅の包装箱にぺたぺた貼るお役目をしているのだ。
妻と祈念のツーショットをしていただいたが、ここでは妻はラインだけで遠慮させていただく。
佐渡の地で浮かれた気分の我々であったが最後にズシーンと重い想いを禁じえなかった。

彼は「客寄せパンダ」で良いのだろうか。

12時40分 両津港発。 P1080985来年また来ます。
新潟港15時10分着
そして関越道にて家路に付くのでした。
来年も佐渡へ行きます。
必ず完走します。              
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとね
5月17日 午前3時起床
血湧き肉踊る思いでめを覚ましたと同時に部屋のカーテンを開ける。
予想していたとはいえ一縷の望みは窓打つ雨に打ち砕かれた。

激しい雨だ。
妻はこのまま宿に留まる事を切望したが
昨夜の議論の結論は 
 ①スタート地点までは行く
 ②小雨であれば私だけは走る
 ③最悪二人とも棄権してもpuyanさんの応援はする。であった。

会場着4時30分
駐車場ではすでに5時45分スタートのAコース出場者が自転車を組み立てて準備している。
私の出走時間は6時頃だ。「雨よ止め」・・・
八代亜紀の顔が何故か憎らしく浮かんできた「雨雨降れ降れもっと降れ・・・」
雨脚は更に激しく、もう準備しなくてはスタート時間に間に合わない。
妻の一言「危険を避けるのも男です」
ここは引き下がるしかない。

傘を差してAコースのpuyanチーム二人の応援に切り替え彼等を探しにスタートのゲートから逆に居並ぶ若武者を一人一人確認しながら逆方向に進んだ。

P1080901スタート前の長蛇
この雨にも関わらずこれから210kmを走ろうと言う若き戦士達は目が輝いていた。
ロードのコスチュームは着けていても、傘を差して自転車も持たない二人を奇異に思う目線が射る。

途中、鶴見辰吾さんのグループと遭遇した。が、
いつもなら一言二言交わすのだが、
そ知らぬ顔で「おはようございます」としか言えなかった.。
だが後で知ったことだが彼も朝起きてあの雨で棄権して彼のチームのドライブ応援だったとか。

5時45分、先頭はスタート  P1080913スタート雨にも負けず
このスタート地点から800メートルくらい離れた地点でようやくpuyanチーム二人を発見。
と言うより節目がちに歩く二人を彼等が先に発見して声を掛けてくれた。
P1080902戦士2  P1080905スタートするpuyan
その間雨は小止みなく降る
puyanチーム二人と昨年の様子やお互いの自転車への想い
ブログや心情などを話しながらスタート地点までご一緒させていただいた。
かれら二人からは元気の気を戴いた。
空も明るみを増して私も走ろうかと思ったが、妻が目で拒否した。

そしてpuyan・Yasさんチーム二人はスタートラインへ。
行ってらっしゃいの会場ジョッキーの声に送られて飛び出していった。

全ての参加者がスタートした後 P1080917温泉コースへスタート
我々夫婦は、計測チップを返却し、温泉コースのスタートに立つのであった。
シャッターを押してくれたスタッフが「賢明な選択です。」とは言ってくれたが、
Vサインのポーズが空しい。

P1080921温泉②  P10809276温泉①
ホテルに戻り、朝食用に戴いたおにぎり弁当をほおばり、露天風呂へ
冷え切った体は暖まりはしたが、満足しない。

雨は小止みになり益々後悔の念が湧いてくる
ビールを飲んでフテ寝。
鶴見辰吾が言っている「迷ったら走れ」

午後2時再び露天風呂へ
また激しく雨がたたきつけてくる
puyanチーム二人は頑張っているだろうか

着替えてゴール地点へ車を走らせる
完走証受け渡し場でまだ彼等が帰還していないことを確認して
ゴール間近で二人を待ちながらゴールインしてくる完走者に拍手を送る。

P1080938ゴール付近  P1080934ゴール

帰還者をセンサーで感知して、ジョッキーが完走者一人一人の名前をアナウス
「・・・・・・さーん、おかえりなさあーい。」
これを聞くと感動する。

雨は降り続ける

やがて
「Yasさあん おかえりっ-」
「S さあん おかえりっー]の連呼
puyanだ
思わず「puyan、やったねえ」と叫んでいた。

涙が止まらなかった。

・・・・・・・・ P1080941でかしました。  P1080946s氏   
完走証「でかしました」とサービスのトン汁を。そして「達成感」を手に喜びの二人。
                P1080943地元bs極からのインタビュー
地元BS局の女性レポーターのインタビューを受けるpuyan
彼女も130kmを完走した兵だ。    

みんな輝いていたね。
若さ滴る良い青年達だ。

エールを交換して再会を喫して別れた。
よし、明日は雨も上がるはずだ。
佐渡でアサランしよう。
再度宿「大佐渡」に帰って早寝した。

佐渡エピローグへ続く。               
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしくつづく
尚、佐渡ロングライドのオフィシャルベージによりますと
       エントリー、参加者、完走者、完走率は
Aコースが 1,895人、1,629人、1,331人、81.7%、
Bコースが 799人、 632人、535人、84.7%、
Cコースが 226人、 186人、169人、90.9%、
Dコースが 228人、 157人、156人、99.4%。
全体では 3148人、2,604人、2,191人、84.1%でした
。[2009.5.18]
5月16日(土)
午前3時起床、関越道を新潟港を目指しひた走ること333km
途中仮眠をとるも7時30分新潟西インター通過
EТC料金1,600円也、(通常料金6,950円)

P1080856新潟港②  P1080857新潟港
佐渡汽船のフェリー乗船を待つ車列に付く
殆んどの車両に自転車が積載されている。みんな仲間か。
9時30分出航  P1080869船倉
船倉は自転車を積んだ車でもじどおりすし詰め状態

P1080859船室  P1080863特等室
船室では、支給の毛布に包まって約2時間30分の所要時間に仮眠を貪る。
佐渡両津港直前に特別船室を覗いてみた。
ちょっとしたホテルのツインルームより広い。こんな贅沢はできない。
船内の売店で見つけた P1080865土産品買わなかった

   P1080860佐渡へ   P1080867上陸
12時ジャスト、両津港に接岸、いざ上陸。
乗客の全てが参加者の模様。

我々は先ずは明日走るBコース130kmを車で試走。
ずいぶんきついところもあるが、前半で飛ばし過ぎずに余力をもって行けば
後半の侮れないアップダウンもなんとか走破できるであろう。

「完走するぞ」と心に誓い、メイン会場へ.
受付を済ませた頃心配していた天気が崩れ始めた。
P1080873メイン会場  P1080875受付完了

P1080876受付会場  P1080878メイン会場
ここで予てより遭遇を約束していたブログ開始当初よりのブロ友のpuyanことS氏の到着を待つ
彼は仲間とお二人で昨年に続き2回目の参加。バスツァーで佐渡へ上陸だ。
彼とは初対面である。
ちょっと生意気なインテリ企業戦士をイメージしていたが、
実に精悍なマスクと礼儀正しさに加えて話術に長けた好青年であった。
彼とのツーショットも彼には後光が射して輝いていた。

お友達の彼もpuyanに劣らず好青年でお互いに明日の健闘を祈って宿へと急いで行った。
           P1080881遭遇③

P1080880前夜祭①  P1080884雨の前夜祭
我々は前夜祭をちょっとだけ覗いてみた
中野光一元競輪選手のトークのようだが雨が激しくなり、早々に宿「大佐渡」へ退散した。

P1080891記念品  P1080895ジャージゼッケン
さて、宿に着いて記念品を広げてみた。
ティーシャツと佐渡のコシヒカリ。

そしてそして明日のゼッケンとチップ。
ここから夫婦の大論争が始まるのである。
明日雨の場、出走するか否かの議論である。

とりあえずお互いのジャージにゼッケンだけは付けて、
明朝の会場で天気の具合により決めようと言うことでひとまず議論に終止符を付け・
就寝。

翌朝3時に起床と相成った。
当日編へと続く                   
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしくつづく
2009.5.15 P108085020095.115石油価格
高値安定って言うところかな

ちょっとお出かけしてきます
佐渡で自転車海苔

puyanさんとは3年越しのおつきあい・・・といってもブログのうえだけ、今回佐渡で初のトレインを組めるか。
彼は210km 私は130kmうーんまたしてもすれ違いか。お会いできることを楽しみに行ってきます。

後日報告
みやげ「噺」に乞う期待
                              
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
5月13日、自宅から10分の某D大学病院
私のかかりつけの医院から紹介状を携えて受付へ
ちょっとした腫れ物を切除していただこうという算段であった。

多数の予約患者が順番待ちをしている中2時間後ようやく診察室へ

P1080847待合室

若い医師曰く「ここでは順番待ちで手術は6ヶ月先です。」
「早く手術したければ他の医院を紹介します。」
「どうするかはあなた自身で決めてください」

この程度の手術は大学病院では出来ない。
下請けに回します
ってえことですかねえ。

こっちとら、今まで一回も体にメスを入れたことのないマッサラな清い体
母親が丈夫に生んでくれたこの体に傷つけることに不安を持って腹切りに臨んだのに
なんでえ6ヶ月も先かそれとも別の医院へたらい回しだと。

6ヶ月先ってえことは、命に別状無いってえこった。
よしっやめた。
もし、痛くなったら新たに小さな医院を自分で探していってやらあ。

この大学の紹介状はいただいたが封印されたまま永久に開封されないであろう。
この大学病院の本日の売り上げ。文書料 \980円也。 
                             
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
自転車生活と居酒屋生活が一致している私にとって
これが同時に進行することは幸せの局地である。

5月11日上野アメ横のとある居酒屋「ひもの屋」
ここに集まった6名全て自転車海苔
私以外は全て30代40台・・台
昨年千葉のサイクルイベントで知り合った若者達。
P108079956人居酒屋

ワイワイやろうのYYさん、陽気で場の盛り上げ方が上手。
彼等の子供同士が同級生のHKさん、お子さんをローディーに巻き込みそう。
最近青年起業家したKNさん、翌日海外出張で飛行機のゆれたのは二日酔いのせい。
その元部下のТ嬢 ちょっとだけ方向音痴で美人。当夜道に迷って30分遅刻。
年齢不詳MN嬢、みんなから若いといわれ調子付いて呑みすぎ。
&私、それこそ調子付いて、全く酩酊、かつ痴呆症にて当夜帰宅したことさえ忘却。

自転車の話、ブログの話、酒の話で盛り上がり、
みんな若いにもかかわらずロートル自転車海苔の私を盛り立ててくれました。

ありがとう。いい若者達です。P1080803ひものや

この日写真は撮ったことさえ記憶になく
今日、カメラに保存されていた画像を発見しアップしたしだいです。
ちなみに焼酎ボトル3本目を開けたところまでは記憶にある。

                            
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
またもや一人だけの夜。
またもや一人居酒屋の開店と相成った。

かねてネットオーダーした炉辺焼きセットを初めて使ってみることにした。
一人居酒屋の新兵器・・・・・イワタニ産業の「炉ばた大将」・・・炙り家だ。
  P1080831炉辺大将   P1080808炉辺焼き①
最下部のトレーに適度の水を張って点火。

先ずは発泡酒で喉を潤す。
今日は暑かったぁ。P1080816炉辺焼き先ずビール
あらびきソーセージに冷蔵庫の角に放置されてた塩鮭と本日食べ損ねた私の昼食用おにぎり。

いける。
さて、「炉ばた大将」にマッチしたレシピで行こう
お酒は焼酎に切り替えてと  P1080842炉辺焼き③
ピーマン、椎茸、それに茄子。
何でもいけるね。

良いもの手に入れた。
これなら毎晩でも居酒屋「炉ばた天国」を開店できるね。
ハーイ「いらっしゃいっ」
                               
                             ランキングに参加してます。
                             ポチッとよろしく
P1080763鷺草  P1080766雪の舌①
芽が出ました「鷺草」・・・夏に期待             「雪の舌」・・・咲きました。

         P1080778雪の舌②
雪のように真白い舌・・・言いえている「虎耳草」

そして昨日母の日にと届いた「華」
P1080780母の日  P1080786母の日②
次男の嫁さんから妻へ届いた赤いカーネーション。
ありがとうよ。
                              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。