>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
霞ヶ浦北浦の左岸をボタリング中に稲刈り機の周りに集結する鷺の大群に遭遇した

稲刈りマシーンを操作してるのは農家のご主人 鷺大群

農道で監督していたその奥さんに曰く
稲刈りの末期で残り少ない稲穂に集まるイナゴ等の虫を狙って鷺たちは飛来するとか

この写真に写っているだけで45羽
たぶん60羽以上群がったいたであろう

アサザもしかり北浦は自然の宝庫だね
また走りにいきます。 アカザの群生④             gq4o 北浦





ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ
浮き草のような「アサザなる植物」が湖面に花咲くという。まだ見たことがない。
その「アサザ」を求めて霞ヶ浦の北浦を一周してきた(9月28日)

霞ヶ浦は西浦・北浦・外浪逆浦(そとなさかうら)とそれに連なる河川とに分けられるようだが
まずは車にてネットで調べたおいた潮来(いたこ)の外浪逆浦「トンボ公園」へ行ってみた。
アサザ池は花の旬を過ぎてしまったのか、よく目を凝らしてわずかに見てとれるだけであった
彼岸花だけがやけに目立った
潮来トンボ公園③ 潮来トンボ公園② 潮来トンボ公園④ 潮来トンボ公園①

北浦周囲約70kmへのボタリング
北浦左岸0キロメートル地点近くにベースを張り、自転車を組み立てていざ出発。
北浦は西浦と違って対岸がよく見えるため景色の変化がありを気持ちよく走れる
北浦左岸① 北浦左岸② 北浦左岸③筑波山を遠くに望む 霞ヶ浦北浦一周①

走り出して間もなく小さな入り江にアサザの群生地発見

アカザの群生① アカザの群生④ アカザの群生⑤ アカザの群生⑥
入り江の水に浮くように群生していた。
緑の葉の絨毯に黄色の花が可憐に咲いている。見事だ
波が来ると絨毯ごとフワリフワリと全体に揺れる。船酔いにも似た夢の世界へ引き込まれる
デジカメでしばし激写

左岸はところどころダートになっていて、農道や国道へ迂回しながら進む
ちょっとわずらわしいが、そこはタイヤ保護のために我慢
農道では農家の方との出会いや、鷺の軍団との遭遇など珍しい体験で楽しいことでもあった。
北浦左岸④ 霞ヶ浦北浦一周②通行止め 北浦白鷺① 北浦白鷺②

神宮橋から北上すること27.75㎞、この地点に架かる巴橋が左岸終点だ
箸のすぐ手前には鉾田町の環境学習施設「エコ・ハウス」がある。トイレをお借りした
北浦左岸白鳥湖  北浦左岸⑥終点     北浦左岸⑤27275キロ
                                 ここから上流は巴川となる
巴橋を渡って右岸を下ることにした北浦右岸②
右岸は左岸に比べ入り江が多く、しかも大きく湾曲していて距離も伸びる
昼近くになって風も強くなってきた。
この大きな湾曲を通過するには向かい風も追い風も一つひとつの湾で何度も経験させられる
北浦右岸③ 北浦右岸民家の間を縫う 北浦右岸④ 北浦右岸⑤
時には集落の民家と民家の間を抜けたりして右岸を走ること35㎞
やがて右岸0キロメートル地点神宮橋袂に到着
そして神宮橋を渡って左岸の出発地点へ帰着
総走行距離 68.6キロメートルであった。アカザの群生⑥①①
本日の収穫 可憐なアサザに逢えたこと



ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

秋色の筑波りんりんロード往復80kmを再度走ってみた(9月23日)

輪行で常磐線土浦駅スタート秋 つくばりんりんロード土浦駅

 秋 つくばりんりんロード コスモス      秋 つくばりんりん筑波山      秋 つくばりんりんロード 筑波駅      
秋色の りんりんロードで真正面に筑波山が現れると間もなく旧筑波鉄道筑波駅(休憩施設)だ
さらに土浦から30キロ地点の真壁駅で一休み
 秋 つくばりんりんロードコスモス②      秋 真壁駅みよしやくりあん最中②      秋 真壁駅みよしやくりあん最中
真壁駅の真向かいにある和菓子店「みよしや」の栗アン最中で食欲の秋も満喫
甘味に元気もでるよ

りんりんロード終点40km地点 岩瀬駅
ここで桜の木陰でシルバーカーに座って涼を取っているおばあちゃんと世間話
おばあちゃん曰く 「ぇッ、これから土浦まで自転車で行くのお、若いっていいねえ」
いゃあ若かあねエ と言おうと思ったが 「ありがとう。また来るね」

復路もりんりんロードは秋色だ
 秋 つくばりんりんロード①     秋 つくばりんりんロード②     秋 つくばりんりんロード 影
空には秋色の雲 そして我が影もりんりんロードいっぱいに伸びている

そして本日のメインエベントは、復路の藤沢駅前宮崎酒店の生ビール1杯350円
秋口とはいえ乾いた喉を潤すにはこれに限る
   藤沢駅宮崎酒店         藤沢駅宮崎酒店②
今日は店主が自家製の瓜の浅漬けに茗荷をあえてわざわざホームまで持ってきてくれた
これは旨かったねえ。生ビール以上に。

藤沢駅でたっぷり休憩をとって出発地土浦駅へ到着
自転車片つけて家路へ、電車輪行もまた楽し、 いい一日でした。つくばりんりん秋の空




ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ


下がる下がるはこの価格

麻生内閣への期待に比例して
価格は下がる
9月ガソリン価格
東京シティーサイクリングの後、久々に地元の温泉に浸かった

埼玉県越谷市の国道4号バイパス沿いの天然温泉 美人の湯「ゆの華」          越谷温泉ゆの華 ①          越谷温泉ゆの華 ②
湯質は茶褐色をしており、都会の温泉特有のコーヒー色だ

開場してもう10年近くなるか最近ご無沙汰だった
最近ではあちこちにできたが当時ではスーパー銭湯の走りであった

入浴料700円 開設当時より100円値下げ

ジェット水流バスで20分ほどメタボ気味の腹部を刺激
サイクリングで雨に打たれた体を癒してくれた

1kg減量後、近くの回転すしで満腹に。


ランキングに参加してます。
ポチッとよろしくね。
2008 TOKYO CITY CYCLING
参加賞と完走証を戴いた
東京してサイクリング 参加賞  東京してサイクリング 都庁都民広場  東京してサイクリング 完走証 東京してサイクリング 完走証 裏面   
① Tシャツ (希望サイズ)              完走証 表           裏
② エコ袋
③ 2016東京5輪招致タオル



ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ
2008TOKYO CITY CYCLING
なぜか今年も参加した

ゴール地点の神宮外苑絵画館に駐車し、スタート地点の都庁都民広場へ移動。
受付開始午前7時
今年は絵画館駐車料金が5割UPの一日1500円。これは痛い。
東京サイクリング 都庁①     東京サイクリング 都庁②     東京サイクリング 都庁③2000名
今年はエントリー数なんと2000人。主催者やスタッフはたいへんだろう。             
都心の全コース40キロメートルに2000人放ったら自転車が溢れ返り渋滞が予見できる
できるだけ早めのスタートを狙って、スタートライン直近で待機。
スタート直前 スタート直前


セレモニーの後午前9時スタート。
渋滞予測は的中。最初から「いざり」状態の走行。

来年はこのイベントへの参加意義はじっくり考えるとして今日一日楽しもう。
新宿-青山-原宿を経て新橋エイドステーションんへ

東京サイクリング 数寄屋橋     東京サイクリング 銀座4丁目     お台場潮風公園エイドステーション
その後数寄屋橋-銀座-勝鬨橋を経て有明-お台場潮風公園へ

潮風公園で自転車乗り方教室なるスタントによる事故実演見学の後再び都心へ
この際、アクシデント発生。1ツ曲がり角間違えて30名ほどが千葉方面へ集団でコース離脱
私もその内のひとり

夢の島公園付近にて地理の詳しい参加メンバーに誘導されて、佃島付近でコース復帰。
しかしこの頃から雨が激しくなり、大手町ではカッパを着た牛のモニュメントと遭遇。
東京してサイクリング 雨の大手町     東京してサイクリング二重橋前     東京してサイクリング 国会議事堂付近

皇居前-国会議事堂-赤坂-を経て雨の外苑銀杏並木でゴールと相成った。
 抽選会への行列 東京してサイクリング ゴール抽選会 そして美女の祝福  東京してサイクリング ゴール

ゴールは雨にけむったがまあまあそれなりに楽しいサイクリングの1日であった。
      

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

浜松で日帰り天然温泉「八扇乃湯」に浸かってきた

前年に続き今回で2度目であるが
鳥羽志摩線の帰り道に伊良湖から浜松に抜ける国道1号線から少し外れて一休み

ちょっと温めだが旅の癒しになる
入浴料一人900円也
浜松八扇乃湯前景  浜松八扇乃湯①  浜松八扇乃湯②  浜松八扇乃湯のれん
http://www.hassennoyu.com/
このあと200km以上走らなければ我が家に到着しない
満腹では眠くなるし、腹ペコでは元気が出ない

入浴後お休み処でかけうどんを頂いてから浜松インター経由帰路についた


ランキングに参加してます。
ポチッとよろしくね。
赤福と白鷹

伊勢内宮の参道におみやげ店が並ぶ  伊勢神宮参道

やはり話題なお店として赤福本店

賞味期限の問題はクリアしたであろう
前回来たときのように行列しなくとも買い求められた
赤福 赤福 本店 白鷹 伊勢神宮後神酒白鷹③   伊勢神宮後神酒白鷹.②
                           
私が吸い寄せられたのは伊勢神宮のご神酒となっている白鷹                 
杉玉を掲げたいかにも造り酒屋だ 

ここで一捻り

お伊勢様 身を清めるは 灘の酒 
伊勢の神 銘酒福餅 みやげ買い

どちらのお店もいい味出してくださいね
但し、知らぬ間に「農水省御用達米」をつかまされない様にご用心あれ

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ
お伊勢参り
参拝のためその広大な境内を歩かせていただいた。

思わず見上げる神々しい大杉

    伊勢の森①       伊勢の森②       伊勢の森③
 
その木漏れ日はまさに後光

これだけで十分ご利益あれ

その証としてお札を押し頂いてきた


ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ
サイクルマラソン鳥羽志摩線に参加のため伊勢湾フェリーを利用した(9月13日)
                         akusesumap.gif
EТC夜間割引ぎりぎりの朝4時に東名高速東京料金所を通過
浜松で国道1号線へ出て国道42号経由で渥美半島伊良湖岬港着8時
伊良湖岬港   伊勢湾フェリー庫内   伊勢湾フェリー船室
伊良湖港発8時10分発にこれまたギリギリセーフ  最後尾に乗船できた

船倉でレクサスのエンブレムをつけたブラックカラーのハリヤーと隣り合わせ
エンブレム1つでネット価格6万円はする、3箇所18万。見栄かお遊びか
ちょっと深い不快

往復運賃14,400円 若干の割り引き(片道づつだと16,000円)
55分の船旅  320円奮発して上甲板へ
なかなかの気分良好、つかの間のまどろみに幸福感を味わう

鳥羽港9時5分着 鳥羽港   鳥羽港着岸

さあて、気分一新、まずは伊勢神宮の参拝と
コースの下見だ

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ


第10回サイクルマラソン鳥羽志摩線に参加した(9月14日)
前日渥美半島伊良湖岬よりフェリーに乗って伊勢湾を横断して鳥羽入りした
二見ヶ浦      伊勢神宮内宮        伊勢神宮外宮
まずは二見ケ浦神社と伊勢神宮内宮、外宮をそれぞれ参拝して安全祈願

その後サイクルマラソンコースを車にて視察
なかなかのアップダウン海岸線を優雅に走行というわけには行きそうもない。
       鳥羽展望台より伊勢湾を望む②         鳥羽展望台より伊勢湾を望む①
鳥羽展望台では伊勢湾英虞湾が一望できて景色は最高だが
かの映画「シャカリキ」そのものの坂が存在する
ここで我々夫婦は本番では93キロコースから70キロコースへの変更を決意する

その晩は、我々の宿泊した旅館での前夜祭
主催者の粋な計らいで初対面の参加者もアットホームの楽しいヒトトキであった

この大会は大きなスポンサーや公の機関から援助を得ずして参加費と多くのボランティアの力で10年続けてこられたと言う。まさに手作りのサイクルイベントだ
鳥羽志摩線前夜祭     鳥羽志摩線前夜祭②    鳥羽志摩線前夜祭景品 

私も地元の参加者や大阪から参加されたN氏等を含め多くの方々とエール交換できた

当日鳥羽志摩線受付風景  海洋センタースタート①  海洋センタースタート②g
5時起床
朝食もそこそこに、コンビニで水を調達後、会場の海洋センターへ
7時受付 参加者約400名
8時15分よりロングコースより順次スタート 

スタート直後は英虞湾沿いや、伊勢湾を間近に望む海岸線を景色を楽しみながらの快適なサイクリングだ
スタート後英虞湾沿いを走る     英虞湾を望む     志摩半島阿児の松原

多少の山坂はあるものの難なく70kmコースの折り返し地点の的矢展望台に到達
なんとなく物足りない。
やはり93kmの鳥羽展望台まで行こうと思うのだが

この大会は当日でもコース変更は自由である
ただしお昼のお弁当配布は最初の申し込み時決められてしまうので通過地点に行かないと自分のものはいただけない。
色々思案し申請したが、連れの許可が下りず頂上アタックを断念し折り返すこととなった。
      賢島方向を望む         的矢展望台70km折り返し地点
次回、来年また時間が取れたら再チャレンジすることとして
他の参加者に完走(感想)を聞くと
69キロコース 「トバシマセン」
93キロコース 「トバセマセン」 「シャカリキやらんと」「過酷」「でも納得」
120キロコース 「トバシマス」 「レースじゃないけどレースです」「鳥羽志摩っせえ」

どうぞ「坂バカ」な方々は来年是非挑戦してみてください。

伊勢えび汁とヒオウギ貝焼き        お弁当
スタート&ゴールに到達すると
手作りのお弁当と伊勢海老汁、貝焼が用意されていた。
そのほかにもバナナやカキ氷も

この大会ではエコとごみ減量の目的で食器や箸、スプーンは各自「持参」だ
もし、用意していかないと「ヒサン」だ
        鳥羽志摩線スタッフ       英虞湾③④

とにかく参加してよかった。いろんな方との出会いが生まれました。

かつて福井のグランフォンドで知り合えたМさんは地元三重県の方だが、都合で参加できなくったので彼のご友人の方が伝言もって駆けつけてくれた。うれしいねえ。

大阪赴任のご主人とと千葉に住む奥様のご夫婦がここで仲良くラブラブサイクリング。
そんな方ともお話できました。

そして我々の写真を撮り、早速メールに添付して送ってくれたNさん、
彼は週末はキャンプしてカヤックに興じているとか。

そのほかシャカリキな若者たちともお話できました。好きです自転車バカ
なんと言ってもこのイベントスタッフがすばらしい。
司会進行の女史に乾杯。

いい出会いでした 英虞湾③ 感謝 伊勢湾⑫ 感謝






ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

サイクルマラソン鳥羽志摩線 参加賞と完走証

第10回記念大会の参加賞を頂いた鳥羽志摩線参加証①    鳥羽志摩線参加証③g


① T シャツ (希望サイズを用意していただいた)
② 簡易チェアー (第10回大会記念品)
③ 参加賞 しそひじき
④ 抽選大当たり あらめ
⑤ 抽選大当たり ヒオウギ貝 生ものなので前夜祭からお世話になったNさんに差し上げた

そのほかサザエやあわび、伊勢えび等なかなか豪華な商品があった
最後に抽選に漏れたのか演出なのか真珠の首飾りが謙虚な方に大当たりでお開きとなった。

          鳥羽志摩線完走証②
完走証 当日カメラ班が参加者一人ひとりを撮影して手作りしてくれた。
      私は当日コース変更したが申し込みどうりのコース距離
      チビット後ろめたさが背筋をつつく 

ボランティアを含めスタッフの皆様本当にご苦労様でした。

ありがとうございました。


ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

サイクルマラソン鳥羽志摩線のあと英虞湾は賢島に一泊させていただいた

そのホテルの窓からの景色の綺麗なこと
癒されました  英虞湾絶景① ホテルより英虞湾を望む

景色に見とれていると忽然と現れたのは
無数の真珠養殖筏の間を縫うように小屋が泳いできたのである
と思いきや
小型舟がこの小屋にピッタリくっ付いて曳航していたのだ 真珠作業所の移動

真珠の養殖作業ハウスの移動と思われる
珍しい光景を目の当たりにした



ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

マイ IREBA

なんとも快調に顎というか我が口腔にしっくり収まっている
違和感は無く、時々付けていることを忘れる入れ歯イラスト①

夜の食事の後専用のコップでポリデント洗浄
時々忘れて朝まで口の中

出社する時入れ歯がないと探す
あった。口の中入れ歯イラスト③

時々外していることを忘れて出社することもある
前歯がそろつて残されているせいか違和感が無いのだ
妻はただのアルツハイマーだという
我が故郷になぞらえ「長野県地方」とも

夕食後、時々テーブルの上にに放置して寝てしまうことががある
妻はそれを丁寧に扱い舐めるように綺麗に洗浄してくれる

と思いきや
コップを持ってきてチリトリのごとく構え、割り箸をほうきに見立てて我が入れ歯をカランコロンと掃きこむ
翌朝台所の流しの隅の水切りの陰に放置されたそれを発見する
「入れ歯」君は、コップの底からヨレヨレの眼差しで恨めしげに私を見上げている
我が生命の糧をなんとしょう入れ歯イラスト④
歯は抜けてからわかる我が分身


ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ