>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
日本橋人形町1丁目

鯨のモニュメント発見人形町の鯨
かつて江戸時代に人形浄瑠璃の芝居小屋が3軒あったあたりだ

そしてお取引様の案内でランチ人形町大田①
昭和2年の建築の建屋で昭和30年創業という53年余の歴史ある老舗
この辺りにはまだまだこのような風情のお店が残っている。

あの大東亜戦争の空襲を受けずに焼けなかった地域にある 
よし町「太田鮨」
店内は水車の側板をそこここにインテリアとして利用しているモダンさだ
大田鮨店内カウンター②   大田鮨階段   大田鮨湯のみ
二階への階段の手すりも水車の側板だ

ここで差し出される湯呑みがばかでかい
釣り鐘を想像させるどんぶりほどもある大きさだ

ランチコースのトップはトロから 昼食時とあってかネタもにぎりも大きい
鰹や貝と次々と握られる
いくらの軍艦巻きが出される頃は満腹になる大田鮨カウンター
このお店では箸を一切使わない それがツウか粋かというものか 我が指でつまむ鮨は実に旨い

ランチコースの最終2品は玉の太巻きとお好みの巻きもの

玉の太巻きの大きさは板蒲鉾の輪切り大の出汁巻き卵がシャリ少々で海苔に巻かれた状態
その姿と大きさを想像して欲しい
迫力ある玉の太巻きである

あまりの迫力にパクつくのに夢中で写真撮影を忘却
是非ご来店にてご確認ください。

最後は私好みの鉄火巻きで〆て老舗の鮨の味に舌鼓を打った
満足満足
さあて午後のビジネスに取り掛かりますか。

この街は粋な店が多い
次にこの街に来たときはどこのお店に入るか益々楽しみになってきた。


次回の人形町のへと巻につづくと思われる

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ




夏 3部作


この暑さは我が家の柚子への豊作の贈り物
柚子①      柚子②      柚子③

我が家の冬の名物「鍋」に欠かせぬ柚子は今太陽に照らされて香りの仕込み中

鍋焼きうどんもいいねえ

湯豆腐で一杯なんてえのもいいですねえ

酒は四国の梅錦を冷やして

信州の真澄の人肌もいいねえ

秋よ早く来い

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ





おはようございます。

昨夜の雷雨は豪快でしたね サッカーの試合が中止になるとは

今年の夏も夏らしさを律儀に維持し続けております。

今年も我が家の万両の実は豊作でしょう
        万両3      万両①

秋にはヒヨドリが啄ばみに飛来する。夏に感謝ですね

この辺で夏「満了」として頂きたい気持ちですね

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

暑中お見舞い申し上げます。

今年も我が家のバルコニーに夏がきてくれました。

鷺も花になって律儀に飛んでまいりました。

鷺草が咲いた①      鷺草が咲いた②      鷺草が咲いた③

酷暑の折柄ご自愛くださいますよう。

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ



[夏  鷺草飛来]の続きを読む
房総ツーリング3サイクルトレイン in 小湊鉄道 当日編

7月27日(日)

お出かけの休日は例によってウキウキ気分。午前3時に目が覚めてしまった。

唯一の家族は暑さを嫌っての不参加の決意は固く、布団の中からお見送り。
私は彼女から小遣いにすべくキャンセル料をせしめてから
日焼け止めの厚化粧して一人寂しくコルナゴ君と出発。午前4時

京葉道路経由、6時には市原市役所駐車場に到着
市原市役所   受付②   受付①
受付を済ませ、自転車組み立て、ゼッケンの取り付けは、この種のイベントの手順
ただし、参加記念品は無し。

まずはこのイベントの目玉「小湊鉄道 サイクルトレイン」乗車のため五井駅へと向かう
スタート    五井駅    五井駅②

乗車風景をスナップ 五井駅記念撮影   五井駅乗車 

ホームで乗車風景をスナップしているとスタッフの一人が
私の首から落下防止にストラップで吊るしたデジカメを親切に奪い取って記念撮影してくれた。 
なかなか配慮深いスタッフだ。記念品は無くてもなかなかいい感じだ。いい1日になりそうだ。

車内風景   車内足元座席の足元は自転車を膝で挟み込む形
五井駅(7:52発)→
2両編成の先頭1両を貸切り、参加者50名の自転車をぎっしりと詰め込んだディーゼルカーに揺られること約1時間。やがて養老渓谷駅へと到着(8:54着)

養老渓谷到着   国養老渓谷駅スタート前   養老渓谷スタート 
諸注意とクラス編成 そして記念撮影後自転車でのスタート。ひたすら勝浦を目指す。
アップダウンと言うよりアッブアッブのヒルクライムだ。

ここより勝浦市   第一エイド興津海浜公園   第一エイド興津海浜公園②
勝浦市との境にあるトンネルを抜けると第一エイドステーションのある興津海浜公園 へは一気に急なダウンヒル。私はスピードを制御できず右カーブで危うくクラッシュ寸前に向かいの山の斜面でストップ。

冷や汗かいた後はエイドステーションで主催者の用意したバナナと水を一気飲み。
それに公園入り口付近で販売していたカキ氷。
一杯300円也。
癒されましたねえ。 勝浦海岸 暑さが癒えたところで勝浦海岸沿いを御宿を目指す。

第2エイド御宿月の砂漠記念館③   第2エイド御宿月の砂漠記念館②   第2エイド御宿月の砂漠記念館
御宿第2エイドステーション 月の砂漠記念館前。いやあ「熱い」の言葉のほうが似合っていた
トイレ脇の水道施設でシャワーを浴びる海水浴客の真っ赤に焼けた肌が痛々しかったね。
炎天下での水分補給の原則「10分毎に」を励行しようと再認識

小休止の後大原を目指す大原へ   大原へ②トンネル 隋道をいくつか抜けて
トンネル内は暗く時々危険な場面もみられた
ドライバーさんもトンネル内はライトを点灯して欲しいですね。

第3エイド大原海岸で
昼食弁当が配布された。お弁当配布   お弁当

第③エイド炎天下で昼食③   第③エイド炎天下で昼食②   第③エイド炎天下で昼食
日陰も無く炎天下での昼食弁当美味しかった...........ね。
砂地での落ち着かぬ昼食を早めに切り上げて再スタート

第4エイドステーション 第4エイド集いの郷むつさわ   第4エイド 
ここはコンビニか併設されていたので早速店内に涼を求めた
チューチューアイス「クーリッシュ」と氷結緑茶を買い求めた。

涼を取らせてもらって言うのもなんだが、あのヒエヒエのコンビニ店内で1日中働くのは店員さんの体に良くないね。そこいくとロードライダーは健康だね。夏は汗、汗は健康。

さて第5エイド⇒長福寿寺第5エイド長福寿寺を経て本日最大のヒルクライム斜度15度と言う難関に挑戦
私は「心臓より自転車大事」でとうとう坂の頂点間近20メートルを歩くことになってしまった。

そして 山倉ダムダム通過経由にて⇒市原市役所(ゴール) となるのでありました。

総走行キロ 108キロメートル
何とか完走しました。(20メートルを除く)

暑かったねえ。 正に自分との戦いでした。
集団走行の楽しさと、途中離脱できない不自由さとを学習したのでありました。

そして締めくくりはスーパー銭湯へ
市原温泉湯楽の里①   市原温泉湯楽の里③   市原温泉湯楽の里②-②
市原市役所から6km位の位置に市原温泉湯楽の里をスタッフから聞きだし汗をながしてきました。
入浴料 800円也
いい湯でした。
自転車に温泉 満足 満足stage3_map.jpg
さあ、明日からまた仕事だあ

望むこと
長距離トレインの内一両は自転車をそのまま持ち込める車両を連結してくれたらいいなあとも思う今日この頃でした。

鉄道各社にそんな遊びこころがあるといいですね。

  ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ
さあて次の日曜日ははサイクルツーリング
房総ツーリング3サイクルトレイン in 小湊鉄道にエントリー

○集合場所・受付は
(場所)市原市役所駐車場
(受付)6:50~7:30
※7:30に市原市役所駐車場を出発、そのままサイクル
トレインに乗車します。stage3_map.jpg


小湊鉄道 サイクルトレイン
五井駅(7:52発)→養老渓谷(8:54着)
※自転車のまま乗車します。

○ツーリング(100km)
養老渓谷粟又の滝⇒興津海浜公園⇒
月の砂漠⇒大原⇒道の駅むつさわ⇒長福寿寺
山倉ダム⇒市原市役所(ゴール)

100キロのツーリングとトレインの旅を楽しんできます。

最後尾に回収車が付いてくれるとか

そんなものにのるもんかい

参加費6,000円 1名 (昼食付き)

せいぜい楽しんできまあーす


7月25日
ある就任パーティーに水戸を訪れた

パーティーが終わった後仲間内の二次会に水戸唯一の繁華街「大工町」へ繰り出した。
大工町交番①          水戸大工町
黄門様とKOBAN様たちがこの街の入り口で目を光らせたいたが
この繁華街でも不況の波は押し寄せているようで酔客も少ない

この飲食店ビルでも看板ネオンは全て点灯しているものの何軒かは閉店している
現に我々が以前この地に来た際立ち寄った6階のスナックは閉鎖していた。

そこにいたナンバーワンホステス嬢がが独立して4階で開店したとか
今回はその新米ママさんに紹介していただいて近くの安いスナックで2次会とした。

そして「ルネサンス」
何で「乾杯」の発声を流行り言葉で
「ルネサンス」と言わなきゃならんのか

そして締めはラーメン屋で打ち上げ

ホテルで就寝24時30分ホテル水戸② ホテルフロント 水戸ホテル部屋

さあ明日は100kmトレイン&サイクルツーリングだ

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ
日本橋人形町3-9   (7月24日)
とあるビルの前で発見人形町末広②           人形町末広① 
                                    「寄席 人形町 末広 跡」
由緒ある土地だ
人形焼だけでなくこの街にはいろいろと名物やお店建物がある

江戸の雰囲気もそのひとつ
これからはここに来ることが多そうなので今後じっくり探索しようと決意した

そこで手始めは居酒屋

お取引様とご一緒したのが日本橋人形町 「花咲」
コテイなお店だが25人は座れる
とりあえず生ビールで「乾杯」

といくが、「カンパーイ」は古いとか
今は「ルネサンス」ていうのだそうだ
まあ何でもいいが流行りには乗っておこう

ここのお店の売りは焼酎で
100種以上の焼酎が取り揃えてある

全て味わうには一晩では無理
昨夜は四合瓶3本を5人で空けてみた

どれもこれも旨い人形町花咲②


料理も刺身から珍味から何でも旨い
特に好評であったのは白レバーのレアー焼きだ

人間で言うと脂肪肝であろうが実に旨い

さあて次はいつ行こうか

まだ他にも良いお店がありそうだし
ここもいいし 日本橋人形町は迷い箸ですねえ

近いうちまたおじゃましまあーす。

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

昨日歯医者さんからお勧めの歯ブラシを頂いた。八潮歯科看板


私専用です。私専用はブラシ
                        毛先が短く面積も小さい

使用方法を目線美人の女医さんにドキドキしながらご教授

手鏡見ながらの歯磨き教室

毛先を歯茎に当てた歯ブラシを持つ私の手は興奮で小刻みに震えている
それを観て美人女医さん曰く
「そう、それくらいの強さで小刻みでいいんですよ」と

やさしい顔で (マスクで顔は見えないが )微笑んでわわたしの鏡を覗き込む
手鏡の中で目線が会う

益々私の手は震える
心臓は張り裂けんばかりに高鳴っている

「その部分は左手を使ったほうがいいですよ」と
上右奥の部分入れ歯の支えとなる歯の磨き方をご指導

左手なんて使ったことない

「毎日ここだけはこの歯ブラシで丁寧にやってくださいね」
「はい、ここまで」
                 暑中お見舞い 大暑④
家に帰ってから磨き方は覚えていない事に気がついた
よしっ、また明日教わりに行こう

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

                      暑中お見舞い 大暑⑧
大暑の昨日、長男夫婦に女児誕生の知らせ
電話口の長男の弾んだ声に嬉しさがにじむ

長男夫婦にとってははじめてのお子だ
次男夫婦には既に二男二女の子宝が
そう私にとっては5人目の孫である

中学高校と親をやきもきさせる生活をしていた長男
ワーキングステイとか言ってはプータローの時期もあった
結婚も弟に遅れること10年余

まあ他人さまにそう迷惑かけるでもなく成年と化したが
これからが彼の真価が問われる
というより背中で子育ての試練だな

俺はもうお前の手助けは直接しないよ。
おっと相手も親の力は借りてねえ自分ひとりで大きくなったと思っているな

まあ孫への小遣いでももらいに来いよ

まずはおめでとう
嫁さん頑張ったね。
                         暑中お見舞い 大暑⑦


ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

今日は暦の上でも大暑 
写真はクリックで拡大します。

黄は黄のまま      暑中お見舞い 大暑⑧

白はあくまで白く   暑中お見舞い 大暑⑦  紅は紅のまま

今は夏 夏は今      暑中お見舞い 大暑⑥   響きがいいですね

熱い夏 夏は限りなく暑く   暑中お見舞い 大暑⑤    原色が好きです

汗  暑中お見舞い 大暑④    快汗がいいです

輝く太陽を    暑中お見舞い 太陽      まともに見られない

なぜ
太陽の下では    暑中お見舞い 大暑②     誰もが嘘つけない

お天道様は    暑中お見舞い 大暑①       全てお見通しだから

ちょっと前の昔

子供も大人も

みんなドロドロに汗かいてましたね

そんな夏がもう一度だけでいいから戻って欲しい。




大暑の朝、草加工業団地野球場公園の片隅から
夏の花々が暑中お見舞いを申し上げました。


自転車乗りnebanebaがちょっと綺麗にまとめてみました。

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ


完走 記録 所要時間8時間35分

自分との戦いの一日でした。(2008.7.20)

朝4時おきして千葉栄町の会場へ受付  参加者用駐車場
駐車場でSwacchiチームSay SATOさんにご挨拶

午前7時より15名ずつのスタートスタート私のスタートは 7時21分
1週間前に全コースを試走しているものの完走できるか不安が脳裏をかすめる
地図やキューシートを見ないで済むのと集団での走行は心強いコース図銚子センチュリーラン2008


完走できたことの大きな要因
①試走効果で地図やキューシートを見ないで済んだこと
②集団での走行で、時には集団で、時には勝手に私が連結して私を引っ張ってくれた機関車がいっぱいいたこと。

そこで今回は私を助けてくれた機関車たちを勝手に紹介します。
私を牽引してくれた機関車① 成田から蓮沼  私を牽引してくれた機関車成田から蓮沼
蓮沼CP                                                          CP 1 オライ蓮沼道の駅 飴のサービス
私を牽引してくれた機関車②第一CPから飯岡まで>私を牽引してくれた機関車第一CPから飯岡まで
九十九里海岸  砂の彫刻展
浜では先週は未完成であった砂の芸術が完成していた
私を牽引してくれた機関車③ 九十九里自転車道私を牽引してくれた機関車九十九里自転車道
第2CP    犬吠崎CP  銚子港人気寿司や 
犬吠崎でのスイカは冷えひえでうまかったねえ。千葉サイクリング協会の配慮に感謝だね
銚子のすし屋で昼食をと予定したいたが、行列ができてて、あきらめざるを得なかった。

私を牽引してくれた機関車④ 銚子から利根川CR私を牽引してくれた機関車 銚子から利根川CR

私を牽引してくれた機関車⑤ 佐原から成田まで私を牽引してくれた機関車 佐原から成田まで②
ことに第3CPから成田まで私の能力を知ってか知らずか私の能力を最大限に引出す走法をして引っ張ってくれた千葉サイクリングクラブの方には感謝する。

試走の際一番苦痛であったこの第4区間のアップダウンを乗り切るのが課題であった。
これを難無く(難はあったものの)一度も自転車を降りずに通過できたのも彼のおかげである。

私を牽引してくれた機関車 佐原から成田まで
彼にピッタシ着いて、ギヤチェンジのタイミングも盗んでその走法を習得させていただいた。
最後のダウンヒルで成田さんの塔が見えたときは嬉しかったあ


完走    完走証明
この朝、偶然にもチームミラノのメンバーUさんらお二人と遭遇した。
彼等も既にゴールしていて私を待っていてくれた。
記念写真 ハイ チーズ

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ
以前に入れ歯と親父について記したことがある
1年以上前のことである

そこで「入れ歯パートⅡ」

かつて大枚を費やして我が身となったはずの命の歯はその直後から甘党の私の口に合わず
「入れバコ」なるプラスチックのケースに入れられたままになっていた。

修正をその歯科医院へ行けは゛いいのだが

歯科医院はご幼少の頃から大きらいな私である。田舎のこと町に出たときには歯医者の前は避けて遠回りをするか駆け足で駆け抜けていた。

歯医者の治療室は鉄工所の工場(こうば)
グラインダーやドリルでカ゜ーガーギリギリキリキリキーン

想像しただけでも体が膠着してくる
そんな訳で私の部分入れ歯は修正せず長い間イレバコにひっそりとかくまわれていた。

ところがここ数ヶ月の間に残る貴重な象牙が奥も前も曲がったり緩くなってきてしまった。
痛みもある。歯茎も腫れだした。

痛くない治療を求めて何千里。意外や職場近くの名医を我がオーナーが紹介してくれた。
私としては「鉄工所」のイメージは捨てきれず、オーナーの紹介状(といっても誰かの紹介と言えば痛くしないという一縷の望み)を持ってこの医院におずおずと参じたのである。八潮歯科前景
 八潮歯科医院
八潮歯科駐車場
立派な医院である。駐車場も広い。八潮歯科看板

待合室はホテルのロビーのごとく広くゆったりしている八潮歯科②
ロビーの中央には大きな水槽が鎮座し、中では水中花の間を小さな熱帯魚がスイッスイッと小気味よく泳いでいる。

治療室へ。八潮歯科①
えん曲に曲がった枝の付いた治療台が20基以上ズラリと並ぶ。一瞬回転すしを連想した。
俺は寿司だねになってグルグル廻されるのか、まさか。

まてよ、お代は「時価」なんてことはないだろうねエ

だが鉄工所の雰囲気は無い。明るく天井も高い
治療台の周辺にある歯医者さん特有の機器や薬品の容器ははピカピカに磨かれトレーに並べられている。
うがいの洗面器やコップは清潔に保たれている。
かつて私が通院したところのように治療台の周りに石膏やガムのへばりつきに似た汚物が付着した様相とは全く違う

これなら痛くは無いだろう
それならば「お代は時価」でもいいか

私の担当はここの院長先生。
イケメンではないがその道の自信が背中に滲み出た短髪ロマンスグレーだ。
丁寧に治療計画と入れ歯の設計を説明してくれる。
診察券 (表) 八潮歯科診察券表

ここでこの歯科医院のスタッフ紹介
まず受付嬢及び事務スタッフ3名
いずれも明るく笑顔で手際よく予約スケジュールを組んだり料金の精算をしてくれる。
八潮歯科診察券
予約管理票(診察券裏)

女医さん歯科技工士さん歯科衛生士さん
いずれも美人ぞろいだ。特に目が美しい。目線が合うとドキッとする。
ただ、私が通院して3ヶ月以上になるが彼女たちは、顔面いっぱいの大きなマスクを外した事が無い。
立ち振る舞いは「清楚」実に好感が持てる。

さて私の入れ歯設計だが
この医院では2人目、日本で指折りという顎に優しく違和感の無い新技巧の
世界でただ一つの入れ歯を創り上げてくれるという。

よしっ。まかせた。
料金も良心的な庶民価格。定年過ぎた私でも払える。
そこで出来上がったのがこの歯108入れ歯
おっとこれは私の車両ナンバープレート.....イ.レ.ハ゛.

下の入れ歯が完成し現在使用中
私にピッタリ密着して至極快適。
入れ歯してる感覚無し

世界に一つの私だけの入れ歯である
貸して欲しいといわれても絶対に貸さない。

本物を見たい方は続きをクリックしてください。

ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ
[入れ歯 Ⅱ]の続きを読む
月13日 (日) 

銚子センチュリーラン2008コース図銚子センチュリーラン2008
 千葉県サイクリング協会主催
7月20日の本大会にエントリーはしてみたものの私にはまだ160km余を走ったことが無い。

当日スタッフや若いロードレーサーに迷惑を掛けたくない。
そこで地図とキューシートそれにSay SATOさんのブログから拝借した下見レポートをリュックに詰め込んで
試走に出かけた。ふれあいプラザさかえ
8時30分千葉県栄町「ふれあいプラザさかえ」の駐車場スタート
ホンチャンの私のスタート時間より遅れること1時間10分

北総台地は曇り空。成田空港の爆音はすれども飛行機は見えずの霧の中CP1のある九十九里浜を目指す。霧の北総台地を進む
スタートして成田までのアップダウンが結構キツイ。
成田空港からは順調に進む。団塊の世代には心の奥に残る兵どもの夢のあと--三里塚
団塊の世代には心の奥に残る兵どもの夢のあと--三里塚

三里塚を過ぎ芝山辺りで道を間違え遠回り。
CP1 .の道の駅「オライはすぬま」で小休止道の駅オライ
ここからは海は見えない。

CP2 .のある犬吠崎を目指すのだが
九十九里浜沿岸の自転車道は飽きるほど長い。
この頃太陽がギラギラと輝き照りつける九十九里浜
砂浜ではサーファーが溢れ、砂の芸術のコンテスト?も砂の芸術①
砂の芸術②
                 自転車ロード終点
                   自転車道路終点
しかし山場は犬吠崎直前だ延々とアップとダウンかを繰り返す。
霧が深くてCP2 の設置地点の君ヶ浜しおさい公園からでも灯台を見ることができなかった。
霧に煙る犬吠崎灯台

さあて次の目標は佐原の利根川土手のCP3だ。

霧に霞む銚子漁港シンボルタワー霧に霞む銚子漁港シンボルタワー

まずは銚子港へお立ち寄り。港は魚の臭いプンプン。秋刀魚の刺身で一杯やりたかったね銚子漁港
コースの半分は消化したものの、現実は船着場で地図と首っ引き
まつぎし辺りで村祭りに遭遇村祭り遭遇
ヘルメットにサングラス、レーパン姿では、振る舞い酒で一杯というわけにも行かず、記念にパチリ。で通過
利根川サイクリングロード
その後に利根川自転車道が延々と続く、
私にはアップダウンよりいいが飽きる

佐原CP3
CP3.のある佐原では佐原の夏祭り。八坂神社 の 祇園祭りの真っ最中。
山車見物したかったが、このときすでに5時を回って余力わずか
仕方無しに水郷めぐりの観光船をパチリッで最終ゴールを目指すことに。佐原CP3.付近船着場


残り40km弱。神崎大橋詰を左折して成田に向かうのだか、
この神埼橋までが長く感じたこと永久に橋詰まで着かないかと思った。
疲れてるんだねえ。
このまま利根川右岸沿いに15kも上ればゴールの栄町には到達する
一瞬頭をよぎったのは「パイパスしちゃえ」あと40km地点

しかしなぜか自転車は神崎橋詰信号を左折していた。
コルナゴ君はうそやごまかしが嫌いのようだ
私としては仕方なしに、成田経由の峠をアップ、アップ、そしてダウンすることになった。

これは答えましたねえ。
とうとうコルナゴ君を押して上がり、ヒルトップで乗せていただきそしてダウン

そんなことを何回と繰り返し、成田市街へ
朝がた通過した栄町に向かう国道408号線復路に到達


そこから約10キロまさにこの時間では「酷道」408号だ
出発時のアップダウンはそのまま残っていた。

40408「ヨレヨレヤ」で408ク「ヨオヤク」ゴールの「ふれあいプラザさかえ」にゴオーーーーーーール
午後7時15分 
コース図銚子センチュリーラン2008

広い駐車場にポツンと1台、ハリヤー君は待っていてくれました。
寂しかったでしょうね。

なんと所要時間11時間15分
大会当日だったら失格だね

地図を見たり、途中の物見遊山を割愛できるから
ホンチャンでは8時間以内になんとかゴールできるかな

160kmという距離は、ひたすら走りに徹する距離だね
ロングはたまにはいいけど

私には100km以内で、祭りを見たり祭り
佐原船着場②

博物館があったら寄ってみたり、街のおばちゃんと話してみたりの自転車乗りが合ってるかな

利根川にて2008.7.13
とにかく来週は時間短縮を目標に走ります。乞うご期待。


ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ

7月6日日曜日
早起きして霞ヶ浦にお出かけした。
計画段階からこの日がまちどうしくて、午前2時に目が覚めてしまった。
妻が起きてくるまでインターネットで霞ヶ浦に関する情報収集する
午前6時、ハリヤー君にコルナゴ君乗っけて常磐自動車道を下る
国民宿舎で朝の音入れ
土浦の霞ヶ浦総合公園 7時15分着
国民宿舎「水郷」にて朝の音入れ。たっぷり録音していざ出陣。8時出発地点運動公園
霞ヶ浦は湖なのか川なのか、疑問に思いながら、一番大きい湖の南側を本日周回予定の中間地点「北利根橋」を目指す。
標識によると右岸とある。霞ヶ浦には、右岸、左岸。中岸があることが判明。
                                     右岸10キロ地点
ということは他の日本の湖にはこの3つの川岸があるのか        
それとも霞ヶ浦は川なのか。

難しいことを考えるのはやめにして先に進むことにした。
右岸、左岸いずれも北利根橋を基点にしている模様。

走行の始めは国道125号を行き右岸沿いに出るが、途中無舗装があり、国道に戻ったり
田園の農道を選んで走った。
無人uk

湖では釣り客が目立つ。一人で何本も、しかも自動というか無線で管理し、
釣り人は車の中で昼寝タイプが多く見られた。無線操縦の釣り師
水上スクーターの競技中
水上スクーターの競技会にも遭遇
ゴールデンゴールズのホームグランドも見学コールデンゴールズホームグラウンド
「欽ちゃん」の姿をベンチに探したが見えなかった。欽ちゃん野球特訓中

北利根橋
国道を避けて農道を、あるいは民家の軒先をすり抜けながら右岸を進みます。
ちょっと迷いながらも北利根橋到着
左岸基点0メートル地点だ北利根橋.より左岸を走る
右岸に比べこちら左岸はよく整備されている。霞ヶ浦には右岸左岸中岸のあることが判明
霞ヶ浦左岸整備されている
ギラギラ太陽と強烈な紫外線が我々を襲ってくる。75キロ地点「霞ヶ浦ふれあいランド」へ緊急避難である。
館内は冷房完備。水の補給とアイスクリーム、そして木陰で30分のお昼休憩。
持参のおにぎりをぱくついて昼食とした。お昼休みは霞ヶ浦ふれあいランド
梅干が旨かった
昼食後このまま進むと中浦周回のの40キロコースへと続くが、
この暑さである、無謀はやめて計画とおり 霞ヶ浦大橋
霞ヶ浦大橋を渡って霞ヶ浦中岸を経て土浦を目指す。

灼熱の太陽は容赦なく照りつける。 途中、水族館の池の端で再度の小休止。 
木陰は風がすずしい水族館の木陰で休息
かき氷1杯200円を調達。生返ったねえ
左は湖湖と蓮根畑を
右は蓮池いやこれは蓮根畑だね。そんなロードが延々と続く。
15時 92キロを走破しようやく土浦市に戻ってヨットハーバー着 ホワイトアイリス号
小休止したところが遊覧船の波止場、乗船客がゼロ。

裕次郎のマドロスを気取って船のモヤリに片足を掛けてタバコを一服
遊覧船「ホワイトアイリス」号は我々の気まぐれに出航することとなった。 15時35分
コルナゴ君は船尾でご休息
乗客は船尾でご休憩のコルナゴ君2台と
クルーザーのオーナー気取りの自転車乗り二たりだけオーナー気分で船首を独占
                                オーナー気分で船首を独占
 出発地点を湖上より
船から今日走った両岸を眺める
今朝の出発地点の国民宿舎と風車のシンボルもよく見える
 船室も独占 船室も貸しきり状態
全くの貸切運行。運賃二人合わせて2100円遊覧船内
暑さと紫外線に悩まされたが、最後にいい思いをさせていただいたね。 霞ヶ浦の自転車と独占クルーズの旅でした。
16時30分 出発地点到着 温泉
本日走行96km
国民宿舎「水郷」の展望風呂で汗を流させていただきました。
入浴料 400円 いい湯でした。
満足 満足  尻の痛みも吹っ飛びました
これだから自転車をやめられません。


ランキングに参加してます。
よろしくね。ポチッ