>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
社内で私の故郷である信州信濃、長野県のことが話題となった

信州長野県には国歌がある。「信濃の国」である   信濃の国


「信濃の国」、の曲は、長野県が東西128km、南北約220km以上もあり、気候、風土、文化の違う松本 伊那 佐久 善光寺の各盆地(歌詞の中では平と呼ぶ)、それに木曾谷や安曇野、県境の山間部を加えた広大な地域の信州連合国国歌であると私は信じている。

信濃の国は 十州に
 境連ぬる 国にして

.............の1番の歌詞でで始まるこの信州連合国国歌は途中4番でジャッキの曲に変調し、6番まで続く。
十州とは隣接8県の昔の呼び名で1.越後(新潟県)、2.上野(こうずけ)(群馬県)、3.武蔵(埼玉県)、4.甲斐(山梨県)、5.駿河(静岡県東側)、6.遠江(静岡県西側)、7.三河(愛知県)、8.美濃(岐阜県南側)、9.飛騨(岐阜県北側)、10.越中(富山県)と境を接しているのである。
十州


信州を離れて40年余、流石にこの私も「信濃の国」6番すべてをおぼえてはいないが、高校時代の友人等との集まりの席では母校高歌と共に歌うことが多い。

この歌の詞には信州の地形から産物、観光地、歴史上の偉人等が歌いこまれている

国歌の存在する県は全国広し中で希であろうし、

私はこの歌そのものが心の故郷となっている存在を誇りに思っている。

これからもこの歌は信州とかかわる人たちに歌い継がれていくであろう松本城

ここに全歌詞を紹介する。
1
信濃の国は 十州に  境連ぬる 国にして
聳ゆる山は いや高く  流るる川は いや遠し
松本 伊那 佐久 善光寺  四つの平は 肥沃の地
海こそなけれ 物さわに  万ず足らわぬ 事ぞなき
2
四方に聳ゆる 山々は  御獄 乗鞍 駒ケ岳
浅間は殊に 活火山  いずれも国の 鎮めなり
流れ淀まず ゆく水は  北に犀川 千曲川
南に木曽川 天竜川  これまた国の 固めなり
3
木曽の谷には 真木茂り  諏訪の湖には 魚多し
民のかせぎも 豊かにて  五穀の実らぬ 里やある
しかのみならず 桑とりて  蚕飼いの業の 打ちひらけ
細きよすがも 軽からぬ  国の命を 繋ぐなり
山

4
尋ねまほしき 薗原や  旅のやどりの 寝覚ノ床
木曽の桟 かけし世も  心してゆけ  久米路橋
くる人多き 筑摩の湯  月の名に立つ 姨捨山
しるき名所と 風雅士が  誌歌に詠みてぞ 伝えたる
5学校

旭将軍 義仲も  仁科の五郎 信盛も
春台 太宰先生も  象山 佐久間先生も
皆此国の 人にして  文武の誉 たぐいなく
山と聳えて 世に仰ぎ  川と流れて 名は尽ず
6
吾妻はやとし 日本武  嘆き給いし 碓氷山
穿つ隧道 ニ十六  夢にもこゆる 汽車の道
みち一筋に 学びなば  昔の人にや 劣るべき
古来山河の 秀でたる  国は偉人の ある習い
自転車

最近ちっとうっかりケイタイ(らくらくほん)の充電を忘れることがある

電池の切れたケイタイほど役立たずはない。

そこで充電グッズ2つ購入。南越谷Kジマ電気

1つは単三電池2本で即充電。
かばんの中にひそめておくことにした。\920.

もうひとつは、車のシガライターの電源からの充電セット\750.ケイタイ充電
FОМAとAU両方使えて、12Vでも24Vでも可という優れ?もの。

但し過去において車内でのケイタイ使用を目撃され、白バイのお兄さんに追いかけられ\6000.也の反則金をお支払いしたことが2回ある。要注意である。
彼らはいい仕事しているよ。そして話術もうまい。いつの間にかサインして払い込み用紙をいただいてしまう。

皆さん私の走行中に電話しないでくださあーい。

かねてよりエントリーしてあった、6月8日開催の「グラフォンド福井」の 実行委員会より参加確認通知が届いた。

佐渡には突然の不参加という事態に至ってしまったが、今回は大丈夫であろう。

ホテルも予約した。

佐渡と同様210キロの琵琶湖経由のロングライドもあるが、今回は無理をせず、若狭湾観光コースの70キロに落としてのんびり走ってくるつもりだ。
グラフォンド福井コース

グルメコースもあり、案内を見る限りではアットホームな大会のようだ。

グランフォンド福井実行委員会の担当、K女史からも丁重なメールもいただいた。

いまから楽しみにしている。天気のいいことを祈る。




突然の参加を中止せざるをえなかった佐渡ロングライド事務局から

今大会の盛会と次回へのお誘いの挨拶状と参加賞のTシャツと佐渡産コシヒカリが記念品として届けられた。佐渡記念①

                      佐渡記念②

事務局の皆様今年は大変お世話をかけました
来年は必ず参加することで恩返しをします。よろしくお願いいたします。
佐渡ロングライド210  今年の総集編

5月18日 午前10時。 いい天気です。
本来であれば今頃大佐渡のゼット坂あたりを挑戦している時間であるが、今私は自宅にいる

社業の都合(企業機密)により急遽出場を取りやめをした。

さて、旅費の回収

往復の新幹線やフェリーの運賃は当日キャンセルにつき、すべて没収

JTBに掛け合ったが答えはNО

ホテル代については初日が50パーセント、2泊目が80パーセントのバック。

まあ仕方ないか。

ところで先に佐渡に着いていたコルナゴ君2台についてはロングライド事務局の手数をかけることとなった。

まずは所在を確認していただき、ヤマトでの着払にて返送手続ききまでしていただいた。

その際「保険料は現金で無いとだめ」というヤマトの規則に従ってお立替までお願いすることになった。

こんなあんなで忙しい事務局業務があるにもかかわらず、親切かつ迅速、丁寧な応対をしていただいた「U事務局女史」や関係の方々に感謝申し上げます。

いまから現金書留にてお立替いたただいた保険料を送金すべく、郵便局へ行ってきます。

そしてコルナゴ君が主不在のロングライドから帰着したら、精一杯の慰労をしてあげます。

もちろん来年は210kmへ挑戦します。

事務局に感謝感謝の今年の佐渡ロングライド総集編でした。佐渡nap



5月15日

毎月1と15の日は

朝、神棚の榊とお供えを換え、家内安全、商売繁盛、無病息災、火難除災、盗難除災、そして自転車の交通安全を祈願。

今日は久々の五月晴れ。気温も朝から17度。最高気温は20度は超えるだろう草加グランド①

                          草加グランド②

ポカポカ陽気とさわやかな緑の風に誘われて会社隣の工業団地公園を散歩してみた。

グランドでは、芝生の手入れのおじさん二人。草加グランド③
広い仕事場でいいねえ。

グランドの周りを一周してから彼らの職場に比べたら狭あーいオフィスに戻った。

この天気が18日まで持つことを祈ります。



佐渡ロングライド210 発送まであと3日 

さて、当日は天気よさそうだ。

昨年は佐渡を甘く見てレッグフォーマーとビニール雨具のみで寒さに負けた。

今年はブログで知りえた友人(puさん)が雨男から晴れ男に変身してお仲間と初参加の由

これで天気の準備はできた。今年は快適に走れそうだ。

彼と佐渡で遭遇できたら感謝の意を表したい。
ミラノジャージ
さて、次はジャージだが、チームミラノのボスにチームジャージで走ることの了解を得た。

着込んだ上に重ね着して走ろう。

ランはボタリングであっても、チームのコマーシャル塔に徹して無様なランだけは避けたい。

佐渡をミラノが走ります。ミラノshop








5月12日(月)
葛西用水 白鷺①

会社近くの葛西用水であやめの鮮やかさに思わずカメラを構えたら
白鷺がポーズしてくれた。葛西用水 白鷺3③

葛西用水 白鷺②

新しいデジカメでの第一号のモデルさんとなった。



5月11日

佐渡ロングライド210 準備編 その⑤

今日はコルナゴ君 2台がヤマト便で一足先に佐渡へ旅たった。

Kabutoのダンボールに佐渡210コース
詰められて輪行函

運賃は2,250円 (2個で) 80キロサイズ2個160kgで運賃を算出するのだという。

保険料3,000円

締めて 5,250円 安い。

当日の新幹線とホテルのチケットもJTBにて引取りも完了した。

心は佐渡へ飛んでる今日ころごろである。





5月10日
TOKYOセンチュリーライド2008 in 荒川」に参加した。

天気予報では午後から雨。
朝5時おきしてコルナゴ君と小雨の中葛西臨海公園駐車場へ

私の駐車スペースのすぐ隣に、片山右京氏率いるチームエレファンとの鮮やかなバーテープの自転車満載のワゴン車が。関係者と思しき男性と二言、三言ご挨拶。

小降りの雨の中、どうも雲行きが不安だ。一旦組み立てたコルナゴ君をプリウスに片つけて、開会式だけでも観ようかとスタート地点へ。

スタート地点でまずは記念の写真をと、特別参加の今中大介氏や片山右京氏を中心とした
トップスタートグループを撮影したまでは良かったのだが、確認画面で画像がすべて露出オーバー。

カメラをいろいろ操作してみたものの復帰せず。

今日は走るのをやめたほうがいいという暗示か。

すると先ほど駐車場でチームエレファンとの自転車を下ろしていたお兄さんも写真撮影していて、ふと私と目があった。「まだスタートしないんですか」

この雨だから棄権しようかと言うと「せっかく来たのにモッタイナイ。」

「もったいない」の言葉になぜか心動かされ、「大降りになる直前まで走ろう」と決意。

走りなれている荒川沿いである。10キロ、20キロとエードステーションを過ぎるたびに空模様を気にしながら25キロの新荒川大橋まで到達。センチュリーライドイン荒川


いやこれ以上進んだら大降りのなかの帰路となる
ここで引き返すことにした。

葛西臨海公園到達14時。50キロ完走。 完走証123
あまり濡れずに帰着。

まあ、佐渡の前の軽いトレーニングをしたことにしよう。
でもちょい疲れ。

雨が小止みのうちにとそそくさと自転車をかたつけて帰宅の途に着いた。


それにしても悔しいのはデジカメの故障。
4年ほどのお付き合いでしたけどリコーのカメラ君ともお別れかな。



5月6日
諏訪の酒蔵を訪れた
諏訪といえば諏訪湖だが 諏訪湖と北アルプス


霧が峰から諏訪に下りてくると国道20号線沿いに3軒の酒蔵が並んでいる
舞姫酒造舞姫  舞姫2


宮坂醸造 真澄  真澄


麗人酒造 麗人  舞姫1


信州には100の酒蔵があるという

その中で私の愛飲しているのは「真澄」だが

今回は舞姫にたちより、特別吟醸を手に入れた。

帰宅後プリウス君とじっくり飲むことに。舞姫とプリウス


佐渡ロングライド210 準備編 ④

佐渡にはZ(ゼット)坂なる標高差130mの難所があるという。

ボタリング正統派の私にとって脅威の難関である、というより無謀な挑戦0といえる。

とはいえ、逃げ出したり避けて通れるものではない。

そこで、大学箱根駅伝のトレーニングによく使われるという山梨県の秩父多摩甲斐国立公園昇仙峡に至る坂道を体験することにした。

5月4日 
まず石和温泉春日居ホテル午前8時、ベースキャンプを張る。
(ホテル駐車場にプリウス君を置かして頂きコルナゴ君を組み立てただけ)

いざ出発直前に後輪のパンク発覚。何とかチューブ交換で代替チュウブ無しでの不安の出発。午前9時。笛吹川


まずは笛吹川右岸で足慣らし。
石和町(笛吹市)から国道140号線を甲府市内へ。甲斐善光寺

途中、武田信玄が信仰心からかあるいは略奪か、信州から移設したという甲斐善光寺に安全祈願をし、愛宕トンネル
愛宕トンネルでの恐怖も体験し、何とか湯村温泉を右折。

いよいよ坂道へ突入
2回休憩したもののまあ何となしに昇仙峡入り口に到達。20㎞。午前11時。
ここでみやげ物店の、ざるそばで小腹を満たすことにした。(余裕だね)昇仙峡①①


昇仙峡の遊歩道は連休とあって家族連れ等観光客で銀座並みの人出、
車両進入禁止。遇えなくコルナゴ君を押しての往復8㎞の遊山に変更。仙我滝

昇仙峡①
   
いわな定食

墨絵の世界を満喫後、岩魚の塩焼きと焼きおにぎりで昼食。

さて遊歩道入り口に戻って千代田湖経由でベースキャンプに戻ることにしたが
この千代田湖までがつらかった。
歩くまいと決心してたのだがどうにも脚力不足に勝てず、コルナゴ君から降りる羽目に。

千代田湖に到達後は、これはまた恐怖のダウンヒル。
九十九折の路面はスリップ防止のスリットが刻まれていて、ハンドルをしっかり握っていないと振動が操作ミスを誘引する。てなわけで往路で恐怖を感じた国道140号線愛宕トンネル付近へは近道であったが20㎞/H以下でソロソロと下山。ここまで40㎞。

この日は天気もよく、暑さも最高であったが何か物足りない。
ふと高台にワイン工場が見える。「酒折ワイナリー」 見学無料とある。

標高差も130mはある。絶好のZ坂訓練になる。挑戦することにした。ご褒美はワインの試飲だ。
ワイナリーに至る取り付け道路はゼットにもう一つゼットをダブらせた形。

最初のZで参った。酒折ワイナリー
コルナゴ君押してあがる。そしてワイナリーの敷地面に到達してから、玄関まではかっこよく乗車。

ワイナリー見学後、赤白ワインの祝福を得る
ここで得た結論。

坂で焦るな
おおいに歩け
止まらず進み続ければ目的地に到達する。


たとえ時速2キロでも
後は下りで距離を稼ごう。

以上、本日の収穫でした。

ホテル到達15時。
本日の総走行距離、甲府盆地 52km 甲府盆地




海を見ながら走りたくなった

そんなで見つけたのがこの企画

第10回サイクルマラソン鳥羽志摩線


写真はs鳥羽志摩せん
サイクルマラソン鳥羽志摩線実行委員会hpより

「とばしません」なんとも私向きでネーミングがいいではないか

早速スポーツエントリーで申し込みを済ませ

当事務局に宿も手配した。

まだ日程は9月14日と先であるが

120kmの海岸線を走った後map9kai鳥羽志摩線
温泉に浸かってビールで乾杯

そして新鮮な魚に舌鼓打ってる姿を想像しただけでワクワクしてくる。

おっとその前に佐渡ロングライドがせまっている

まずは佐渡をクリァーしときますか。
さくらんぼが豊作だ
さくらんぼ2
鉢植えのさくらんぼを昨年一回り大きい鉢に移し変えてあげた。
昨年までは精々20から50粒だったものがなんと今年は200粒以上実った。
                     さくらんぼ①4
  さくらんぼ①
特に肥料をあげたわけでもなく土を入れ替えてあげただけであるが
我が家のバルコニーを明るくしてくれた。さくらんぼ3

天の恵みに感謝感謝