>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
3月30日 大宮運動場から荒川サイクリングロードを北上

久々のランである吉見のさくら堤公園まで往復50キロを走ってきた
2008桜堤①
ちょっと肌寒く桜堤はまだ3分から5分程度の開花状況だ
サイクリストやロードライダーと花見客で堤は歩行者天国と化していた2008桜堤②
              菜の花アラサイ
海から64キロ地点で満開の菜の花と記念撮影して折り返した。2008桜堤菜の花

2008.3.30埼玉県警白バイ訓練
大宮運動場となりの埼玉県警白バイ隊の訓練を見物しながら小休止
そして最後は3時のおやつ日本橋文明堂浦和工場の釜揚げカステラで仕上げ文明堂かまあげカステラ

アツアツの試食のカステラを戴き600円也のフッカフカの釜揚カステラを買い求め帰宅。


3月29日 飛鳥山下 音無川親水公園

ちょっとだけ時間をつくって王子駅に降りた
西口を出て20秒も歩くとそこが音無川親水公園だ 音無川親水公園①


この公園を経て飛鳥山に登るのが王子での鑑桜コースの定番だ
音無川親水公園③


この日は音無川親水公園のみを見てきた。 音無川親水公園②

王子扇屋の玉子焼き
再び駅に戻る際あの「王子扇屋」の玉子焼きの売店に行列ができていた。
 扇やのれん

100年余の歴史あるかつての高級割烹の面影は無く玉子焼きのみを販売する出店でしかない。
ここでは卵ではなく玉子である事に注目していただきたい。扇や
咲いた 咲いた 桜が咲いた

春ですねえ

私の勤務する草加営業所のすぐ隣

埼玉県草加市を流れる葛西用水の土手沿いに1千本の桜が咲いた

葛西用水草加桜 ①

平日もお昼時、近所の工場の社員さんと思しき人たちや中年のグループがお花見草加葛西用水桜 ②


今夜から日曜日にかけては夜桜見物の人出が大勢押しかけるとか草加葛西用水桜④

すでに提灯が張られ、露天商も店開き

いいねえ春だねえ

おそらく日本中がここ一週間は花見酒で浮かれる事でしょう

酒が飲める酒が飲める酒がのめるぞ

4月は(おっと今年は早咲きで3月でした)花見で酒がのめるぞ

酒が飲める酒が飲める酒がのめるぞ

草加葛西用水桜③

プリウス君も「お花見」 
君は車
酒飲んだらだめよ
来月からガソリン下がるから
そちらをいっぱいいただきます。




新木場の風景

3月27日

会社で賃借している新木場倉庫へ行った

東京湾に接する運河の向こうは有明の都心ビル郡だ

本当はコルナゴ君にピッタシのロケーションなのだが

プリウス君を置いてみた新木場のプリウス君

ハイブットと東京湾と防風林そして高層ビル実に絵になる

このプリウス君は6月にはハリヤー君に交代だ

この車は燃費がよくて捨てがたいのだが

高校時代の旧友のT君の薦めともあり、販売店でハリヤーをみて私が惚れた。

プリウス君ごめん

これから2ヶ月の間にいろいろな所で記念撮影しようね。




3月23日

久々の休日に

ヘルシーランドらぽーれ へ出かけた。

ここでの「ビックショー」で野村 将希に遭遇した。

野村

昭和40年代のかつてのアイドルがずいぶんおじさんになったものだね

でも「若さ」はきちっと持ち続けているようだ。流石プロだね、歌もうまい。

客席でのサービスで額の汗をファンに拭いてもらったり

割り箸に挟まれたおひねりをいただいたりの大奮闘

わたしも60歳なりのミーハー振りを発揮して

にわかカメラマンと化してしまった。野村②


野村③






それぞれの60余年

お伊勢参りの旅籠での宴会のあと昔話に花が咲き宴会場に長居した。

かつて18歳の少年もそれぞれに歳を重ねて

「おじさん」もいれば「不良中年」「バリバリの戦士」も。

押しなべて言える事は「引退はしていない」

あのガラスのように繊細で多感であった高校時代の彼らがそれぞれの人生の中で
個性ある生き方をされてきたことは、その言葉のハシハシににじませている。

息子・嫁・孫・現在の仕事やこれからの生活そして年金も大きな共通した話題であった。

不思議と「妻」の話題は少なかった。心の奥に感謝を秘めていて照れくさくて話題にしなかったのか。

60余年歩み続けて来てくれたこの足に感謝 60年の足跡


そしてこれからも歩み続けるこの足にいたわりを


18人 合計36個の足跡と18本の軌跡を持つゴルファーの面々 1080歳60x18

スコアーは18とおりあるのが当然といえば当然、順位はつけられても19番ホールに上がってくるのはやがては一緒。

お伊勢参り伊勢さーん参拝


3月8日 高校時代の仲間21人が還暦記念に伊勢神宮を参拝した。

翌 3月9日は還暦記念ゴルフコンペ。   富士OGMエクセレントクラブ伊勢二見コース


旅行もゴルフも飲み会も何でも理由つけをして行動するわれら信州生まれの「団塊」世代。

今回は、信州伊那谷から大型バスを仕立て、関東在住者とは名古屋で合流しての立派な大義名分での60男の大名旅行であった。バスの宴会



土産としては最高に話題性がある「赤福もち」をあか福の「商魂」に負け行列してゲットしてきた。赤福もち完売


旅籠の「胡蝶蘭」では旧交を温めると同時に生きるパワーを互いに与えたり吸収してりの一夜であった。胡蝶蘭


高校卒業して42年にして始めて言葉を交わした仲間もいたりして話題豊富、それぞれ人生体験を語りつくせないまま2日間という時間はあっという間に過ぎてしまった。伊勢宴会


まあこの次に会うときはは「棺で」ということの無いように帰りの車中でで再開を誓い合った。

写真はフオトギャラリーをご覧ください。


3月2日

春を待ちきれず、千葉県館山市中心に南房総一週菜の花サイクリングに参加した。

千葉県サイクリング協会主催で2回目である。 
前日から館山駅近くのホテルに泊まりこみで春の先取りをしてみた。

ちょっと肌寒さも残る天候ではあったが、 昼食弁当やお土産つきでJCA会員価格1000円には満足であった。

参加者は260名。ゲストに片山右京氏と今中大介氏も参加。菜の花パンザイ (43)


片山右京チームエレファントの色を添えての特別参加であった。チームエレファント


インターマックスの今中大介氏の楽な走行方法についてのレクチャーも受けることができた。今中大介①

午前8時30分 館山駅前駐車場集合受付 ゼッケン№1をいただいた。 ちなみに妻は№2
午前9時30分 セレモニー 
午前10時スタート まずは千倉駅を目指す。途中ちょっとした峠の坂道あり。
 千葉サイクリング協会のスタッフに15人くらいづつ小分けにした参加者を前後手サポートされてののんびりサイクリング。 菜の花サイクリング③


春まだ浅き海や漁港を左に見て野島崎灯台脇の広場へ。
ここでお弁当が支給された。 <野島崎灯台

今中大介氏のトークと講義。アスリートの話を身近に聞けたことに感謝。CIMG5429昼飯

CIMG5448.jpg


午後はフラワーラインの菜の花街道を快適に走行菜の花サイクリング①

フラワーライン沿いはリゾート施設がいっぱい。
次にはこの辺に泊まってのボタリングの計画を立てよう。

道の駅「だいぼ」で休憩後最終チェックポイント館山城へ
ここでヒルクライムのはずだったが、軽車両の通行禁止
助かったあーという気持ちと、脚力を試したかったのにという気持ちで複雑。 CIMG5364.jpg

さて、ゴールの館山駅へ。
お土産は鯵の干物と中村屋のアンパン。プラス館山観光図鑑

ccAインストラクタースタッフにお礼を言って、昨夜と待ったホテルの温泉で汗を流して帰宅の途へ
   

走行距離は60キロ強。CIMG5369カメラマン


私のようなボタリング派にとってはたのしい一日であった。


写真はフォトギャラリー掲載中  http://picasaweb.google.co.jp/home