>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
11月25日
例によってサイクリングの後は温泉へ
この日はアラサイと入間川をちょっとだけ(50km)を走った後
文明堂の釜揚げかすてらをパクつき、そして野田の温泉へ車で直行とあいなった。

かねて下調べしてあった流山街道沿いの野田の湯 湯食館野田の湯 湯食館①
過日来た事のある「七光台温泉」の直ぐ近くだ。

ラムネの湯なるものがあるという。

大駐車場を抱えてはいるが駐車車両はその約半分埋まっているかな程度。

館の玄関口にダンプカーでぶちまけたような大根の山に驚く野田の湯 湯食館②

自由にお持ち帰りください」の張り紙。帰りに頂いていこう。

玄関を入ると何と目の前に床屋さん。野田の湯 湯食館③


銭湯内に床屋さんがあれば良いなあと思ったことがあるが、現実になった。とはいえ3日前に床屋に言ったばかり、今日は風呂だけにしよう。

入浴料550円也。自販機でチケットを購入し番台風受付へ。

下足は100円コイン下駄箱へ(帰館時に100円は返還)

脱衣所も100円コインロッカーだ。野田の湯 湯食館④


浴室に入るとちょっと酸味の香り、私にとっては鼻にかかる。

正面に「ラムネの湯」

高濃度炭酸浴泉と秋田県玉川温泉のラジウム浴泉、それに青森桧葉のミックスの湯だ。

湯船に浸かると気泡がプツプツプツと付着してくる。特に陰毛には激しく付着して白髪状に。

暖かラムネの中にドボンしたイメージは当たっている。

まあ暖まりはするが、人気風呂なのかイモ洗い状態の湯船だ。

白湯やジェットバス、ジャグジー、塩サウナ、竹炭サウナ、寝湯、座マッサージ湯と種類は豊富だ。

電気風呂なるものもあったが、ビリビリくるのではと怖くて入らずじまい。

露天風呂は、「玉川美人」と「美肌の湯」の2つあるが、ラドンとかトリノの風呂だ。

まあありきたりのスーパー銭湯としておこう。

湯上りにお休み処で一杯いただき、時間の昼寝の後帰館。野田の湯 湯食館⑤


入り口で大根を頂くことは忘れなかった。

清潔感がいまいち。入浴料金の格安さは嬉しいが20年前だったら大ヒットのスーパー銭湯だ。





11月25日
日本橋文明堂 窯だしカステラ 実演販売 文明度窯だし③

久々に荒川サイクリングロード(通称アラサイ)へ出かけた。

目的は文明堂の窯だしカステラゲットにある。

例によってアラサイに出かけるときはプリウスにコルナゴ君を積み込み、荒川総合運動公園に拠点を置いてのサイクリングだ。

この運動公園の至近距離にあの「カステラ1番 電話は2番 3時のおやつは文明堂」のコマーシャルでおなじみ、日本橋文明堂の浦和工場がある。
今日は年に何回かある「窯だしカステラ」の公開日に当たる。

入間川サイクリングロードの初乗り完走も志半ばで挫折し、ホッカホカカステラのゲット魅力に負けたロード記録である。
まず、工場正門脇の売店をすり抜け右奥の窯あげ実演販売場へ。文明度窯だし②

自転車だと構内を通って直接行ける。
1つ600円(消費税込み)文明度窯だし①
の看板をみて会場に入ると
まず試食のサービスを受ける。

サイクリングに2時間かけた後の空腹と疲れをいっぺんに甘い香りと熱々ホッカホカのフワフワカステラが癒してくれる。

モグモグと口を動かしながらの試食お代わりに快く応じてくれるのが嬉しい。
宮内庁ご用達の味である文明度窯だし⑤

畳半畳ほどの大きさの窯からあげたてのカステラを定規を当ててお弁当大にスライスしていく。文明度窯だし⑥

それを女子工員さんが文明度窯だし④
手際よく包装する。
1個600円也のホッカホカ「3時のおやつ」の出来上がりだ。
文明度窯だし⑥-②

これを買い求める客の途切れる間が無い。

この次は何時来られるか。3個求めた。

正門脇の売店では、釜揚げカステラのほかの文明堂主力商品の販売をしている。

売店の綺麗な女性店員さんが「カッコいい自転車乗りの方がよく来てくれますよ。」

俺のことかと誤解したりして

「またきますね。美味しかった。ありがとう。」

目じりを下げ カステラ同様甘い顔した一時でした。



関連写真フォトギャラリー




11月25日入間CR③


久々に荒川サイクリングロード(通称アラサイ)へ出かけた。

裏の目的は、というより本との目的は文明堂の窯だしカステラゲットにあるのだが

例によってアラサイに出かけるときはプリウスにコルナゴ君を積み込み、荒川総合運動公園に拠点を置いてのサイクリングだ。

実はこの運動公園の至近距離にあの「カステラ1番 電話は2番 3時のおやつは文明堂」のコマーシャルでおなじみの、日本橋文明堂の浦和工場がある。
今日は年に何回かある「窯だしカステラ」の公開日に当たる。

さて、その模様は別報として、入間CR②

しばし荒川側と入間川側のゴルフ場を2分して走る土手上のアラサイを北上したが、アラサイ①

入間CR①
入間大橋東詰めからコースを入間川に変更し、初めて入間川右岸を北上することにした。

このサイクリングロードに入っての当初は、土手下のロードが延々と続き、周りの見通しの悪さにストレス蓄積気味。入間CR⑤

途中ロードに埋め込まれたモザイクが単調な景色に変化を提供してくれる。入間CR④


10キロほど走ったところでロードは土手上の景観良好なミニ公園に出る。

小休止とした。 
先客の50歳過ぎかロードマン(鴻巣在住とか)と東屋下のベンチで談笑

ロードバイクへのかかわり話や、落車のこと、連れ合いのこと、自転車の部品のこと、等等話し込んで時間のたつのをしばし忘却。

おっとと 前述のカステラ一番の窯だし時間を逆算すると急がなくては次回14時以降になってしまう。

彼に丁重に挨拶し、出発地点に引き返すことにした。

そんな訳で、入間川サイクリングロードは、後日再挑戦とし、ほんの入り口で引き返すこととなった。

急げ文明堂窯だしカステラへ。入間CR⑥


「窯だしカステラ」へつづく

写真はフォトギャラリーに掲載中






11月23日
アサランでコース途中の野田他市郊外で見かけた温泉の案内看板に魅せられて、
アサラン終了後、車で再度温泉探しに野田へ引き返した。

あった。 野田には至近距離内に3つもスーパー銭湯温泉が。
① 野田温泉潮の湯 800円
② 野田の湯 湯の郷 ラムネの湯 500円

③ 野田 七光台温泉 700円
今回は、ネーミングに引かれ大きなショッピングパーク内の七光台温泉に浸かることにした。
七光台温泉.222


野田七光台温泉潮の湯①
入浴料700円也。

ちょっとピリッとする塩分の多目の温泉だ。
施設は温泉露天風呂もあり、飲み食い処ゃお休み処、マッサージもある。野田七光台温泉潮の湯②

アサランのあとは温泉に限る。

湯上りのいい気持ちで2時間ほど昼寝をさせていただいた。

関連写真はフォトギャラリー




ミラノ アサラン50km

11月 寒い朝 チームミラノのアサランに参加。

外気温9度から11度 

23日の北風は特別に冷たい強風、老体?に鞭打ち8時30分集合場所の7&11前へ
驚いた。先日の西湖で大活躍のウルトラ少年G君は半そで&ショーツのレーパン姿。若いってすばらしい。ミラノアサラン11月23⑤

強烈な向かい風に立ち向かい、江戸川沿いに野田有料道路を経て走ること25キロ。

休憩地点では、今流行のはるさめスープで暖をとる。ミラノアサラン11月23③

復路の江戸川土手は、帆を張った帆船のごとく楽々南下。ミラノアサラン11月23①

越谷流通団地の紅葉した欅並木を通過し帰宅。 ミラノアサラン11月17②
その後、

アサラン中に見かけた野田の温泉の案内看板が気になり、これをを目指して今度は車で再度野田へ。

野田温泉詳細は次回へとつづく

関連写真はフォトギャラリー

軌道修正 人生は充電もお休みも走りながら

20070327001342.jpg




昭和41年。18の春まだ浅き冬の名残の信州を後に夜汽車で上京。

大学を目指すわけでもなく、ただ別の世界に夢の存在を求めて。

17,500円の初任給をはじめて手にした時、母に電話した。いっぱしの社会人になったと誤解して。

あれからトラック人生42年。60の秋。 20070329102406.jpg

世間で言う定年をいいことに自らロードバイクに乗り換え宣言。

トラック人から、自転車人に変身!!

定年を迎え・・・第二の人生にかける・・・・・・とも言った。

「これからが俺の青春だ!」に偽りは無いが200247953-001.jpg


ロードパイクは所詮趣味の世界を逸脱していない。

サイクル&サイクル

人生はロータリー

トラックなくして私の半世紀はありえなかった。

公称「貨物自動車運送事業」

しかし私のトラック人生を次につなぐ生き方はやはりトラックかな、まだ現役かなとの思いが脳裏を過った瞬間、

私を希う高貴な同業異業種オーナーのお方が忽然と出現。

再度トラックにて辣腕発揮のオファー。

ちと迷ったが「半世紀の経験を世に還元を」の決断は早かった。

そこで軌道修正 宣言

トラック人継続と自転車人併走を決意、と相成った。

輸送する物は変わってもスタッフやドライバーとニッポンの物流を支えていく事には変わりない。

私のトラック第二ステージは後継の後押しとみた。時には牽引も

充電なんぞ走りながらできる。

 そしてこれからも。200247949-001.jpg



そうそう今度のバックグラウンドは、有明・お台場・草加・水戸・守谷

海・山・川。大都会と田園・自転車のロケーションとしてはバラェティーに富んでいる。


つづく
20070329102419.jpg





丸の内の東京會舘ギャラリー大森1234
大森祥吾 画伯の個展に行ってきました。

高校時代の仲間が5人集まりました

大森君を囲み昔話や今後の生き方についてワイワイと

酒も酌み交わし大森123

今年はじめにFフィルム会社を見事定年退職したM君は現在失業保険受給中

受給の苦労話や、仕事についていないことに対して「遊んでいるの」といわれるつらさを吐露。

将来の年金額についてとか子供の学校の話等等々延々と話は続く

夜もふけました。大森12345


大森祥吾画伯 個展

信州は伊那谷の同じ村の出身で小学校いや季節保育園から高校まで同級生の大森祥吾画伯。

彼の奥様とも中学の同級生だ。

東京會舘ギャラリーで個展開催中だ。

top.jpg


是非必見を

私は明日出かけることとしている。明日は画伯も会場に折られるとか。

071110.jpg

11月10日(土)
~24日(土) 大森祥吾 展

その清らかで暖かな風景画で、多くのファンを魅了してきた大森祥吾。
ヨーロッパの村の教会と空。日本人の心の風景、山と里。
響きあう美しい色彩と圧倒的なデッサン力で創られた作品群を、じっくりとご堪能ください。

大森祥吾
1947年長野県生まれ。
同大大学院修了。‘75坂口紀良と二人展
素朴で懐かしさを感じさせる風景を、明朗な色彩で描き続ける作家。omori.jpg

1972年東京芸術大学油絵科を卒業すると共に、大橋賞を受賞し、1974年同大学大学院を修了。1976年以降は毎年個展を開催して作品を発表しながら、ヨーロッパへたびたび取材旅行に出かけ、その美しく暖かな風景画で多くの洋画ファンを魅了してきた。
omori_2.jpg
また、1985年東京都秋川市にアトリエを構えた後は、中国などを訪れて異郷の風景に触れ、作品の幅を大きく広げる。国内を含め、各地を取材して画伯が見た風景は、鮮やかな色調でキャンバス上に表現され、誰もが心の奥底に理想郷として抱いているノスタルジーを思い起こさせる。

11月10日
長野県伊那北高等学校 十八(とわ)の会 780才の大集合

半年毎にゴルフ会を開催しているいわゆる「団塊」世代の大集合

山梨県は石和温泉にての19番ホール

私は当日再就職先の会社の役員会のためゴルフには参加できず、ホテルへ直行となった。

参加総勢13名、還暦を迎えたツワモノ全ての年を合計して満780歳。

信州は伊那北高等学校を昭和41年に18歳で卒業し、しかも母校の高校第18回生という事もあり、この集まりを「十八(とわ)の会」と称している。関東地区の会員は80余名。

毎回ゴルフのメンバーは入れ替わったりはするが、3組から5組のコンペとなる。

ゴルフだけでなくこの間に、色々と口実をつけて、春の宴や、納涼会、忘年会等も開催され、常に20名は集まる。

今回ももちろんスコアーを競うのであるが、なんと言っても温泉ホテルでの19番ホール反省会が最大の盛り上がりを見せる。花京料理

ホテル花京

 ひのき風呂
石和温泉「ホテル花京」檜露天風呂

ホテル花京の当日われわれを担当した仲居さんのゆりこさん(仮称)の接客に賛美をおくる。ゆり子さん


この会は宴会場にコンパニオンは入れないのが原則、ゆりこさんの接客は、話術や料理の上げ下げのタイミングといい、また、カラオケやお座敷ダンシングのお相手といい、一人4役5役の奮闘振りには一同感服。コンパチャン不要の接客であった。ゆり子さん②

ゆり子さん③


宴会の最後は母校校歌の大合唱でお開き。

そして各部屋では人生論やら、麻雀思想論を戦わして朝を迎えるのであった。麻雀


十八の会のもう一つのテーマ「18才の闘志と若さをいつまでも」は顕在である。

明日からまた戦士として、父として、夫として、そしてよきおじじとして、再会を誓って各地へ散っていく。

大江戸温泉物語
東京はお台場隣、有明の観光名所大江戸温泉物語を訪ねてみた大江戸温泉物語①


予てより一度行って見たい温泉の一つではあったが、入浴料金が3000円近く、なかなか敷居が高かった。

たまたまカード会社のプレゼントで頂いた入場券で出かけることとなった。

大江戸温泉物語」というネーミングから江戸情緒豊かな湯屋であることは想像ついたが.....。

まず玄関を入り、帳場 (フロント)で入浴料2827円(今回は無料サービス券)を支払うとロッカーキー ( 通行手形 )を渡される。   大江戸温泉物語③

次に「越後屋」で男女9種類の絵柄模様の中から好きな浴衣を借りる。 大江戸温泉8888
      大江戸温泉物語②

ロッカールーム (更衣室)で浴衣に着替えて 「広小路」と称する縁日みたいな街並みへ。

みやげ物店や、ラーメン冶居酒屋の喧騒ななかをすり抜け脱衣所へ。大江戸温泉物語⑦

ここでタオルセットを渡される。何回でも入浴可。

東京湾に面したこの温泉は天然温泉とは言うが加温と加水はされている。

ナトリウム泉で、アメリカンコーヒー色である。

ちょっと泥臭いのは私の主観か。

露天風呂や白湯は塩素臭が 

まあこんなものか。と湯船で天井を見上げて、満足度50点をつけようとしたとき、

はとバスででもつれてこられたか二十歳前後の若者グループの会話 「おお東京だよおー東京の温泉だよおー」

おお満足度100の人もいるぞ。

さて湯上りのいっぱいと先ほどの広小路を経て飲み食い街「八百八町」へ繰り出した。

居酒屋あり、すし屋あり、ラーメン屋あり、生ビールの引き売りあり。大江戸温泉物語⑧


吹き矢ゲーム、輪投げ、手裏剣投げ、昔なつかしの遊び場あり。

「喧騒」のお江戸の再現。湯に浸かってのんびりという雰囲気ではない。大江戸温泉物語⑨


雰囲気に飲まれたら金がいくらあっても足らない。

ここでは財布 (ロッカーキーの通行手形で精算) の紐をきちっと締めて、生ビールとラーメンですごすことにした.

無料の休み処と畳広間「中村屋」と「辰巳」とがある。大江戸温泉物語⑤

大江戸温泉物語⑩


休み処には長いすにそれぞれ液晶小型テレビが付いている。隣の音がうるさいし必要は無い。

平成バブル族に大江戸温泉で精精その垢を落としていってもらいましょうか

「大江戸温泉」やはり東京観光コースでしかないか。残念。






映画 ALWAYS 続・三丁目の夕日
昭和の少年としてはこれは検証しなくてはと、あらかじめ用意の鑑賞券をもって出かけた


あらすじ続3丁目の夕日001


昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度成長時代に足を踏み入れることになるこの年。

黙って去っていったヒロミ(小雪)を思い続けながら、淳之介と暮らしていた芥川(吉岡秀隆)のもとに、淳之介の父親川渕が再び淳之介を連れ戻しにやって来る。

人並みの暮らしをさせることを条件に淳之介を預かった芥川は、安定した生活をするために、またヒロミに一人前の自分を見せるために、007続3丁目の夕日


一度はあきらめていた“芥川賞受賞”の夢に向かって再び純文学の執筆を始める。

一方、鈴木オートでは、六子も一人前に仕事をこなせるようになり、順調に取引先が拡大し始める。

そんなある日、鈴木家に新しい家族が加わって…。ストーリーは進む
 

NEBANEBA氏
前作は2005年11月に公開され、私も懐かしさに涙したが、昭和の完全再現に多くの称賛の声が上がったとか。

今回も昭和の高度成長直前 (というより私にとっては貧しい少年時代) の世界をこれでもかと意識した映画だ。

例によって鈴木オートのミゼットをはじめ、トヨペットクラウン、富士重工のラビットスクーターは信州の田舎nebaneba少年にとっては憧れの的であった。走り去るこれらの排気音や、ガソリンの焦げた匂いに都会の夢を追った記憶がある。

さて、本映画は、予想どおりというか、どこで涙するか、心の準備をしていったが、「昭和コマーシャル」の連続でちょっと食傷気味であった。009続3丁目の夕日


涙腺の緩む瞬間、それは小雪扮するヒロミが、大阪へ向かう (あの当時のままの) 新幹線こだまから突然に吉岡秀隆扮する茶川のもとに戻ってきたときはこの映画の意外性を味あわせるシーンであったろう。続3丁目の夕日008

泣けた

前作でも感じたが、あの「セーラー服と機関銃」の薬師丸ひろ子の「昭和のお母さん」的演技も板についている。

でも当時あんなにやさしい「おふくろさん」はそうはいなかった。

だが町中、村中の大人が親父やお袋的目線で見ていてくれたことは確かだ。

よき時代であったではなくあの時代のこころを日本中で持ち続けたいものだね。
大相模不動尊⑩-1
ミラノ アサラン50km2007.11.3ミラノアサラン50②


久々に夫婦でアサランに参加した2007.11.3ミラノアサラン50③-1


8時30分7&11前に集合、スタート

ロードを始めて1年余、当初に比べてよく足が動いている。かな。

25km地点の休憩でもとくに疲れは無い。

ただ、走りやさん等に抜かれても追随して行こうとはしないところは変わり無い

競争心はいまだに欠如。2007.11.3ミラノアサラン50②


坂道では自分との戦いをしている自分に気がつくがどうしようもない。

復路の江戸川沿いを離れ自宅近くでチーム集団と別れて夫婦で寄り道 
越谷大相模のお不動様 大相模不動尊⑦-1
      御神木大相模不動尊④-1


例の越谷大相模不動尊境内の「虹団子」で小腹を癒した。大相模不動尊⑤-1

ここの団子は一粒が大きい。大相模不動尊⑨-1

講釈店主曰く 「焼き団子は大きくなくてはうまくない。たとえばステーキの薄いのはうまいと感じますか」

ちょっとは納得したが、腹減ったときは何でも美味しい。大相模不動尊⑩-1
                                                大相模不動尊⑧-1


帰着12時 走行550キロちょうど

バイクの入念な手入れの後 さてと映画でも見に行きますか