>
ボタな自転車海苔

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アサランで一汗かいた後、暇に任せて映画見物に出かけた。
釣りばか日誌」とどちらを見るか迷った末に、何かを期待して「夜の上海」にした。9夜の上海①
昨年オープンした郊外ショッピングセンターの中にあるワーナーマイカル浦和美園ワーナーマイカル浦和美園

スーパーとショッピングモールがなかなかの集客をしているショッピングモール
 但しロードを取り扱う自転車専門店なし
ワーナーマイカル浦和美園チケット売り場

夜の上海

あらすじ
トップヘアメイクアーティストの水島は、音楽祭の仕事のために上海を訪れた。彼には公私共に長年連れ添った女性がいるが、最近二人の心はすれ違いばかり。一人町へ出た水島は、女性ドライバーのリンシーが運転するタクシーに接触してしまう。リンシーは密かに想っていた男性から、他の女性との結婚話を聞かされたばかりだった。水島を乗せたタクシーは夜の上海へと走り出す。言葉が通じない二人だが、いつしか心は癒されていった。

とあるが

そこで私の酷評

ストーリーが非現実的すぎるのと不自然な展開。原作を読んでないので原作者の意図するところは詳細には分からぬが、小説であればもっと非日常も非現実も許せただろう。

まず水島(本木)とパートナー女性とは本当に恋人であることが一時でもあったのか疑問。
またこのパートナーもパートナーに言い寄る年下男も双方演技下手

前評で、日本人コーディネーター役の竹中直人と、怪しい日本語をしゃべる通訳役のサム・リーの二人が笑わせてくれる.......とあるが全ておやじギャグ

恋を語る映画にしては、水島スタッフの何組かカップル的なものが登場するが、一組も恋らしき物は成就していないかに表現されている

さて水島とリンシーであるが
全く不自然な出会いとその展開

こんな世間知らずの男はいない。第一外国へなどいけない。
リンシーのタクシーの運転は乱暴ぶりを表現したいのかコミックすぎる

買った口紅1.2本で車のウィンドー、建物の壁や路面にあんなに文字は描けない
それを洗い流すシーンは、まさに血の流れるごとくだ。あれではフォラーシーンだ。

そして クライマックスシーン

これもフェードバックの連続で手抜き映画そのもの夜の上海②


期待したラストシーンでは
ナアーんだ  あのマイク・ニコルズ監督の 「卒業」のあのラストを期待してたのに 詰まんないラスト

浜ちゃんの釣りばか日誌を見るべきだった。

ちなみにこの回の上映での見物客7名。

シニア料金1,000円がこんなに高いものと感じたのは、久々だ。

もう居酒屋で自棄酒だ。

スポンサーサイト
久々のチームミラノのアサラン参加である

過日落車して左肩を脱臼したU海氏も参加、復帰2日目という
昨日は60キロ走って慣らし運転したとか

若いってすばらしい。もし私だったらきっと複雑骨折で「引退」であろう

いつもの7&Iを午前7時出発
野田有料を経て江戸川土手へ9.24アサラン①


毎回参加者は30名を越す。9.24アサラン③


先輩から「nebaさんも乗車姿が板ならぬ自転車についてきたね」といわれた
少しはさまになってきたのかな、

ちょっとやる気が沸いてきた。


野田の江戸川沿いの醤油やさんのお城9.24アサラン②


走行キロ54キロ
爽快感をいだきつつ、久々に映画を見に行くことにした。
ミニサイクリング
昨日までの暑さもひと段落、しかし雲行きもあやしい、そこでミニサイクリングに出かけた。

まず自転車をプリウスで搬送して、利根川から江戸川への取水水門近くにある関宿城の駐車場へ
利根川右岸をほんの少し上流へ利根川右岸


国道4号線を横切り幸手市権現堂堤をを目指す
権現堂堤は春は桜と菜の花
夏は紫陽花

秋は曼珠紗華 彼岸花
そして冬は水仙と
桜並木800メートルの間を市民のボランティアが四季折々に花を楽しませてくれる。

今年の曼珠紗華は夏の暑さが激しかったために1.2週間遅れとか
でも桜並木は曼珠紗華街道と化していた曼珠紗華街道


正に秋の華祭りであった権現堂堤①

華見客とにわか携帯カメラマンでいっぱいであった。

さて
隣接する権現堂調節池 行幸(みゆき)湖沿いに利根川を目指す。

自転車道と公式にはなっていないであろうが完全に自動車はシャットアウトされており
利根川まで安心して走れる行幸湖自転車道


再び利根川右岸に出た。
昼近い、腹減った。関宿城を目指す関宿城と江戸川水門


関宿では、持参したおにぎりをぱくつく。
そして昼寝

1時間ほど寝たか、おっとポツリポツリと雨が頬に
そそくさと自転車を解体、車に詰め込んで退散。

そうだ、健康ランドらぽーれ で一風呂浴びて帰ることにしよう。

尚写真はマイフォトギャラリーに掲載しました。
東京シティーサイクリングのイベントに参加した

写真は私のHpのフォトギャラリーに掲載してあります

午前6時30分、ゴール地点の絵画間の駐車場に車を預け
スタート地点の都庁を目指す。絵画館


都庁前広場に詰め掛けた参加者1000人余、上から見たら蟻のごとく
ブログで知り合ったpuyanさんもお仲間と参加しているはずであるがこれではとても遭遇できそうもない。

9時20分頃出発代々木公園

車道を走行するため信号待ち渋滞の連続

代々木公園  明治神宮 表参道 を経て東京ミッドタウン

ミッドタウンではお祭りに遭遇

2時間余をかけてもまだ銀座4丁目銀座4丁目通過

勝鬨橋を経て豊洲へ
勝鬨橋
          豊洲

2箇所の水補給のサービスを受けた後に、永代通りを経て
パレスサイドサイクリングロードへ

ここでは、今まで車道での渋滞の鬱憤を晴らすかのようにスピードを楽しむロードレーサーが。
その競い合って走る様にわたしもちょっと乗っかった。気持ち良い。内堀通りパレスサイクリング

桜田門を経て 246号そしてゴールの絵画館へ明治神宮外苑

何と6時間をかけての都心サイクリング
暑かったあー                              


完走証を頂いた後は、かねてよりの計画通り
湯処葛西へ一目散、入湯料700円露天風呂も広いしいい湯だったあー 湯どころ葛西



2007東京シティーサイクリングの明日にそなえて

世間では3連休とかで、高速道路は行楽の車で渋滞も発生している様子
私はなぜか土曜出勤ではあるが暇してる

当初この3日間は「ツールド千葉」房総半島一周400キロ走破を計画もしたが
3日間房総に泊まるのも飽きるし、第一参加費と宿泊代でかなり高額になるのでやめた。

そこで明日の東京シティーサイクリング35キロメートルをゆったりと走ることにした。

スタートは都庁
コースは代々木--銀座を抜けて--豊洲‐‐皇居を経てゴールが神宮外苑絵画館である

今日はそこでネットで下準備。

まずは絵画館周辺の駐車場探し、第一候補は絵画館駐車場の1日1,000円
第2候補は信濃町駐車場 1時間500円

そして都内銭湯マップで終了後の銭湯探し
第一候補 四谷の蓬莱湯
第2候補は浅草の露天風呂付き鶴の湯

まてまてまだあるぞ。

トップ候補はちと遠いが都内最大級の露天風呂のあるスーパー銭湯「湯処葛西
てなことをあーだこーだしているうちに時間を過ごしているきょうの私だ

さてコルナゴ君の整備でもしましょうかね
明日は君のデモンストレーション舞台だよ

ゼッケン№604に乞うご期待
日曜日
早起きして荒川右岸を吉見の桜堤まで行くことにした。

プリウス君にコルナゴ君を乗せて
まずは大宮の東京健康保険組合運動場株式会社の駐車場へ
8時間300円を自己申告で料金箱へ入れる9月9日荒川駐車

荒川土手へ
土手では和牛が草を食んでいた9月9日荒川牛氏
9月9日荒川ホンダ飛行場
ホンダエアーポートで一休み のつもりであったが
国際本田空港
は台風9号から避難してか、飛行機はすべて駐機場に
滑走路近くのベンチも撤去されていてゆっくりやすめなかった

そこで少し上流の釣堀で休憩することに9月9日荒川釣堀ここで釣り客のおじさん3人組につりの講釈をたっぷり30分は聞いたかな、釣った魚は持ち帰らないとか、釣り人は孤独とか、釣り人は気が短いが今期はあるとか。

再会のお世辞を言ってさて再出発

餌を啄ばむ鷺の群れを発見  9月9日荒川鷺
自転車道沿道の田園は実りの秋色   9月9日荒川田園
目的地到着9月9日荒川彼岸花
当然桜はりっぱな葉桜真っ盛り

代わりに彼岸花が群生し満開花盛、これを狙ってカメラマンもいっぱい
彼らを写すさないように一枚パチリ。

桜堤の葉桜トンネルを抜けたところで折り返し
駐車場に戻り、本日走行50km。我々夫婦にはちょうどいい距離だ。

今日はそのまま健康ランド(ヘルシーランドラポーレ)へ直行
汗を流して帰宅

9月8日土曜日
台風9号が東日本縦断し北海道に達した
台風一過の秋晴れというより夏の再来の一日であった。

気温30度を超えたというが、どこかあの一時期の暑さとはどこか違う
夏の名残はあってもちょっともの悲しさも運んでくる夜風が部屋のレースのカーテンを揺らしている

ジャイアンツは、タイガースに2-1で首位を奪還された
9階の裏、ヨシノリ三振、小笠原キャッチフライ、そして最後はセンターフライ

押さえのタイガースフジカワの入魂のストレートにすべて凡退。

ジャイアンツの落葉の秋か、もうジャイアンツに熱い夏は終わったのか

さて、私は

もちろん実りの秋
40年関わって来た事業に実りの秋が来た

熱い夏もあった。
寒い冬は無かった。

ぬるま湯の春はあったかな

さあ40年の集大成、秋の陣

いや、そんなに意気込んではいけない

仕事に陣を張って敵を作ってはいけない

40年の締めくくりを全うしよう

昨日は大型トラックいっぱいの廃棄物を送り出した
必死で覚えたデスクトップ。キーボードのボタンが擦れていた。

休憩室でみんなで飲んだ湯飲みは茶渋で黄色に変色していた。

引越客向け野外広告の看板は、電話番号がまだコールしていた。

スチールキャビネットの手かけは、その部分だけ塗装がはげ、木の葉がたの手垢が模様をにじませてトラックに乗っていった。

シュレッダーされた書類はチリチリ麺となって、いくつもの大きなビニール袋に詰められて、再起に胸躍らるかのようにはちきれんばかりであった。

そして今日

最後まで倉庫に残っていたフォークリフトは、同業者のクレーンでトラックに吊り上げられ、空を舞うように次の雇い主のもとへ飛び立っていった。

羽ばたけ
飛べ

そして私も翔べ 跳べ



久々のアサラン50に参加した。
20070902215825.jpg



20070902215839.jpg

50名近い参加者
のんびり江戸川サイクリング組は私を含め4名とジュニアグループ

復路は全員同コース20070902215852.jpg



ちょっと頑張ってみました。
20070902215905.jpg


50k完走後、帰宅してみたものの、自宅は妻は出勤で留守

風呂を浴びてみたものの、何か不完全燃焼、そのやり場を

健康ランドでもうひとつ発散というか、癒しを求めて

越谷はヘルシーランドラポーレへ行くことにした。20070902215917.jpg

台所の子引き出しのなかから新聞販売店よりいただいた800円券(通常入浴料2000円)を探し出し、  
20070902220009.jpg

いそいそと新越谷駅前のシャトルバス発着所へ出かけた私でありました。

フロントでロッカーキーと引き換えに800円と下駄箱キーを渡し、いざ館内へ。20070903024520.jpg




大広間では、大衆演劇と歌謡ショウの実演中。

ちょっと興味をそそられ覗き見ることにした。20070903024935.jpg



臭いけどどこか愛せる20070903024921.jpg



客席をまわり、割り箸に挟まれたご祝儀を押し頂く様は人間臭くてまあ
良いか。20070903024506.jpg


終演後入り口でグッズやCDを販売する様はこれまたドロ臭い、がこの場に何故かマッチしていた。20070903024451.jpg




さて入浴としますか、まずはマッサージを予約してから浴室へ

脱衣所で浴衣(ムームー風)を受け取り、ロッカールームへ

まずは体重測定。53.4キログラム
昨日より1キロ増

サウナや薬湯を尻目にまずは、野外の温泉露天風呂へ

その後熱っつい古代檜風呂へ

ああ満足満足

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。