> 旅行

旅行

ここでは、「旅行」 に関する記事を紹介しています。

ロードレーサーnebaneba
ボタリングロード暦5年余
育ち盛りの自転車海苔・・今後の成長に乞うご期待 
P1090033_convert_20180605155546.jpg  P1090039_convert_20180605155918.jpg
先ずは信州伊那国際ゴルフクラブで1ラウンド

P1090048_convert_20180605155943.jpg  P1090054_convert_20180605160113.jpg
そして夜は二人静で大宴会

P1090056_convert_20180605160148.jpg  P1090064_convert_20180605160250.jpg

P1090065_convert_20180605160010.jpg  P1090074_convert_20180605160041.jpg

P1090148_convert_20180605160327.jpg  P1090177_convert_20180605160352.jpg
翌日解散後伊那食品(株)のかんてんぱぱ工場を視察。
満開。
辟。鬘・11111_convert_20180608095512  辟。鬘・11_convert_20180608095700
P1140798_convert_20180330102535.jpg  P1140772_convert_20180330102502.jpg
諏訪と言えば諏訪湖とワカサギ
とくればワカサギ肴に地酒だね。

P1140768_convert_20180330102411.jpg  P1140771_convert_20180330102437.jpg
まずは真澄のカガミの真澄は宮坂醸造へ

P1140777_convert_20180330102612.jpg  P1140780_convert_20180330102707.jpg
諏訪五大酒蔵の一つ 麗人も見逃せない。

P1140786_convert_20180330102750.jpg  P1140789_convert_20180330102821.jpg
諏訪湖を眺めながらのこの一杯、日本人に生まれてよかったねぇ
上野精養軒3153店にて
P1140284_convert_20180301120220.jpg    P1140303_convert_20180301120529.jpg
上野と言えば「西郷せごどん」とパンダ。その3153ビルでの宴会です。

P1140289_convert_20180301120251.jpg  P1140291_convert_20180301120311.jpg
1か月遅れの誕生祝も

P1140292_convert_20180301120330.jpg  P1140294_convert_20180301120351.jpg
今回は3名かけての大宴会でした。

P1140300_convert_20180301120410.jpg  P1140302_convert_20180301120431.jpg
夏は精養軒屋上での盛大にビアガーデンの予定です。
東京都トラック協会主催交通安全祈願際
秩父宝登山神社

28056215_1584892578256003_2314025210190135931_n.jpg   28337088_1584892471589347_7304072139756281983_o.jpg

28070530_1584892444922683_5800957695158131349_o.jpg   28279237_1584891908256070_5788395480475596458_n.jpg

28161453_1584891801589414_4380463844140102903_o.jpg  28071190_1584891348256126_3554242502443774793_o.jpg
御酒とお昼をいただいてから近隣散策    椎茸狩り200グラム500円

28058883_1584891158256145_2069568541388607783_n.jpg   28238905_1584891194922808_4826079715540190420_o.jpg
酒蔵にて試飲                花園にてスイーツ
P1120085_convert_20171128135017.jpg  P1120082_convert_20171128134928.jpg


P1120094_convert_20171128135728.jpg  P1120070_convert_20171128134851.jpg
P1120059_convert_20171128134032.jpg  P1120064_convert_20171128134108.jpg
P1110909_convert_20171128133026.jpg  P1110915_convert_20171128133104.jpg


P1110900_convert_20171128133002.jpg P1110923_convert_20171128133215.jpg
大相撲を観たいという兄夫婦の希望と一度は国技館へ行ってみたいという我が夫婦の意見が一致して何とか手に入れたチケットを手に羽毛見物にお出かけした。
5月場所13日目である。

P1050575_convert_20170530151603.jpg  P1050582_convert_20170530151631.jpg
まずは兄夫婦を歯科塾駅に迎えに行きそのまま両国へ。
江戸東京博物館をさっと見学そして国技館へ

P1050590_convert_20170530151658.jpg  P1050685_convert_20170530151827.jpg
まずはお茶屋によってお土産をいただき席へと案内していもらう。
日本人横綱「稀勢の里」が昨日より「休場」というのが残念だがこの日も満員御礼の垂れ幕。

P1050671_convert_20170530151804.jpg  P1050696_convert_20170530151849.jpg
枡席というのは大人4人ではきついね、足腰伸ばすために館内をぶらつく。
中入りの土俵入りも面白い。我が郷里出身御岳海を応援。

P1050766_convert_20170530151918.jpg  P1050959_convert_20170530151942.jpg
この場所は横綱が二人も球場でちゅょい寂しい土俵入りだ。稀勢の里の晴れ姿観たかったなぁ

!cid_2C030165-A32D-4AA4-9586-6D451F6A35F7.jpg  P1050979_convert_20170530152003.jpg  
稀勢の里球場でも中入り後は満員御礼の垂れ幕。

P1050972_convert_20170531105027.jpg  !cid_F76732A7-01D5-497C-9B07-09260F52C237.jpg
打ち出しのあとといえばちゃんこ

P1050985_convert_20170531105051.jpg  P1050992_convert_20170530152024.jpg
。割烹吉葉の桟敷でちゃんこと相成りました。
高校卒業してから52年、伊那北高校18回生同期が古希を迎えて隅田川の屋形船で花見をした。
称して「古希特別企画屋形船花見の宴」
P1040279_convert_20170410140341.jpg  P1040290_convert_20170410140502.jpg
4月8日お釈迦様の誕生日13時。 集合場所 浅草雷門前 浅草文化観光センター8 階屋上展望室。

P1040284444444444.jpg  P1040306_convert_20170410140524.jpg
乗船14 時 吾妻橋桟橋(浅草の対岸) 集合場所から全員でゆっくり徒歩移動 34名の参加者

P1040355_convert_20170410141100.jpg  P1040310_convert_20170410140549.jpg
屋形船「池上」の 船上花見の宴 (飲み放題付)

P1040337_convert_20170410140707.jpg  P1040335_convert_20170410140642.jpg
旧交温め近況報告そしてさあ吞め飲め。 卒業して初めて再会した者もある。

P1040318_convert_20170410140614.jpg  P1040338_convert_20170410140728.jpg
会費 1 名につき11,000 円 酒はセルフで飲み放題。 肴はあるだけ食べ放題。

P1040346_convert_20170410140902.jpg  P1040342_convert_20170410140837.jpg
沿岸の桜も満開。それに高校時代のよもやま話に花が咲く。。

P1040341_convert_20170410140813.jpg  P1040339_convert_20170410140749.jpg
すっかり52年前にタイムスリップして「70歳の少年」がはしゃぐ。

P1040347_convert_20170410140959.jpg  P1040348_convert_20170410141039.jpg
16時30分とりあえず締めて下船。

P1040359_convert_20170410141125.jpg  P1040361_convert_20170410141147.jpg
◆二次会 は 麦とろ にて小パーティーなり26名参加    麦とろ最上階にて2時間 2,000円 乾き物で飲み放題。

その後更に神谷バーで3次会。
どうやって帰ってきたのかタクシーが我が家の前に止まっていて運転手さんに起こされてのご帰還。
8月8日
今年の梅雨明けが遅かっただけに8月に入ってから灼熱の太陽が照り付ける中、旧友との納涼ゴルフ会と暑気払いが開催された。
P1200077_convert_20160818101925.jpg   P1200078_convert_20160818102001.jpg

前日泊の伊那北駅裏のホテルから薫が岡の我が母校が見える。
夕食は懐かしのチャーローメン。覚えのあるあの味が50年も前のあの頃を思い起こさせる。

P1200080_-_繧ウ繝斐・_convert_20160818102036  P1200086_convert_20160818102132.jpg
8月9日 信州伊那国際ゴルフ倶楽部 8時45分唐松コーススタート 
旧友11名が和気藹々にスタート。

P1200088_convert_20160818102152.jpg  P1200089_convert_20160818102211.jpg
何年か前のようなコースを駆け回る元気はないものの、皆元気だ。
気心知れた仲間とのゴルフは「社交ゴルフ」と違って楽しい。

P1200091_convert_20160818102230.jpg  P1200092_convert_20160818102254.jpg
但し、常にこのコースを知り尽くしたプレーヤーと私のように年に数えるほどのプレーヤーとはおのずとそのスコア―には大きな差が歴然とした一日であった。

P1200099_convert_20160818102318.jpg  P1200100_convert_20160818102341.jpg
そして
夜は「食べ放題・飲み放題」コース。

P1200102_convert_20160818102405.jpg  P1200103_convert_20160818102427.jpg
そうはいっても皆68才、そんなに飲めるものでも食べられるものでもない。
それに何かしら食事制限などのある身、それを会話の肴にして時は過ぎていく。

P1200105_convert_20160818102448.jpg  P1200109_convert_20160818102509.jpg
懐かしい話と健康の話、等々尽きないが中締めの記念写真で一次会のお開き。
そして旧友の1人の経営するスナックで2次会。

もちろんカラオケの競演
ラストは県歌「信濃の国」で締めくくる。再会と健康喫して夜中の散会である。
3月27日
遅い朝食に遅いチェックアウト11時。
P1150528_convert_20160404120755.jpg  P1150524_convert_20160404115020.jpg  
旅館前で記念写真の後に夫々の生活基盤に帰るのでありました。
お互いみなさん良い御年頃、いつまた会えるかそれまでお元気でねと。

P1150531_convert_20160404115126.jpg  P1150533_convert_20160404120836.jpg  
我々夫婦は夕方までに帰宅すればよしてしてもう少し嵐山を楽しむことに。

P1150535_convert_20160404120902.jpg  P1150552_convert_20160404121038.jpg

渡月橋からさかのぼること1㎞の舟遊び、船賃は2人だと7,000円にもなるが相乗りシェアーで2200円ということでカナダ人親子3人と韓国人ペアと合計7人で割り勘乗船。日本語はあまり通じない。

P1150547_convert_20160404121008.jpg  P1150538_convert_20160404120935.jpg
途中物売り舟が近づいてきて京都のしっかり娘に缶ビールを買わされた。おでんやイカ焼きもあった。
約一時間の舟遊びであった。

下船後天龍寺や嵐電鉄嵐山を経てトロッコ電車嵯峨野に向かう。
この間人人人のあふれかえる嵯峨野であった。もちろん外国人多し。

P1150563_convert_20160404121113.jpg  P1150565_convert_20160404121150.jpg
嵯峨野から嵐山を経て保津峡を下に見て亀岡間を往復するトロッコ電車に乗る。

P1150566_convert_20160404121228.jpg  P1150581_convert_20160404121406.jpg
ガタゴトガタコトとのんびり走るトロット列車も風情あっていいもんだ。

P1150583_convert_20160404121310.jpg  P1150603_convert_20160404121448.jpg
亀岡から保津峡を下る舟も見下ろせて絶景である。列車と船の双方の客同士が手を振り合って交歓。これもよし。

P1150575_convert_20160404124011.jpg  P1150571_convert_20160404123911.jpg
折り返し駅亀岡駅では8体のタヌキが迎えてくれた。

P1150649_convert_20160404124619.jpg  P1150561_convert_20160404124653.jpg
トロッコ駅には国家君が代の歌詞にもでてくる「さざれ石」が展示されていた。巌となりて雨ざらしではある。苔はまだ生えてはいなかった。
国鉄嵯峨野駅前食堂でニシンそばで腹ごしらえ。けっこう美人な外人客もいて箸をうまく使いこなしていた。

嵯峨野駅から京都二条城駅へ
まだ時間も早いことからここから3条通りを先斗町までお腹空かせるために歩こうという算段であ。

P1150654_convert_20160404123945.jpg  P1150661_convert_20160404121524.jpg
京都の大通りにはガードレールがない。すっきりしていていいねぇ。
それに有料の自転車置き場も整備されていて気分いい。自転車道としても歩道が区分けされているがこれは歩行者自転車ともにうまく使い分けてないイメージだね

P1150675_convert_20160404121911.jpg  P1150684_convert_20160404121758.jpg
鴨川沿いに肩の触れ合うくらいの細い路地が山上から試乗まで津続いている。
飲み屋街先斗町だ。いっぺんここで飲んでみたくて鴨川の河原の見える店の席を確保した。

P1150686_convert_20160404121717.jpg  P1150692_convert_20160404121650.jpg
鴨川と並んで高瀬川が窓の下を流れている。カナダ人カップルと隣り合わせだったが彼らはよく食うね。
そんなこんなでほろ酔い気分で京都駅に向かうのでありました。
3月26日
豊臣秀吉の晩年を模したわけではないが京で花見したくてお出かけした。

朝の新幹線のぞみに夫婦して乗り込み、名古屋で信州からの兄と合流。
嵐山の温泉ホテルで大阪に住む姉夫婦と京都に住む甥と合流予定である。

京都駅で乗ったタクシーのドライバーが嵐山はまだ桜咲いてへん。と言う。
じゃどこが咲いてるかと聞いたら「醍醐」だと。

ではあそちらにということで踵を返して醍醐三宝院で花見と相成った。

P1150418_convert_20160404105919.jpg  P1150412_convert_20160404110016.jpg
ところで腹ごしらえが先とばかりに境内で花見料理と花見酒。

P1150455_convert_20160404110218.jpg  P1150427_convert_20160404110151.jpg
三宝院といえば庭園。ソメイヨシノはまだまだだが枝垂れ桜は今が盛り。

P1150423_convert_20160404110118.jpg  P1150490_convert_20160404110255.jpg
春うらら、花見客は外人多し、五重塔と桜がよく似あっている。

P1150491_convert_20160404110327.jpg  P1150476_convert_20160404111008.jpg
桜と寺のいらかのカーブと日本は良いねぇ

P1150480_convert_20160404111112.jpg  P1150507_convert_20160404111250.jpg
醍醐の枝垂れ桜に堪能してア嵐山に向かう。ドライバーの言うとうりこちらは桜はまだか否。
人出は多いが外人がほとんど。

P1150513_convert_20160404113004.jpg  P1150518_convert_20160404112832.jpg
温泉に浸かってからはさあ大宴会。

P1150515_convert_20160404112757.jpg  P1150514_convert_20160404112720.jpg
すでに娘他界した兄や姉もあり、久々の一族兄弟姉妹全員集合とは言えないが、関西地区連合会である。

それにしても皆それぞれに歳を重ねて成長もあり衰退もあり、話は弾んで夜明けまで飲み明かすのでありました。とさ。
例年どうり財務大臣の実家韮崎へ

P1120115_convert_20160114184912.jpg  P1120120_convert_20160114184814.jpg
中央高速からは綺麗な富士山も八王子過ぎるまでは綺麗に見える。

P1120140_convert_20160114184953.jpg  12486046_929212480490686_7613576128262234966_o.jpg
途中のサービスエリアからも見えるのだが山梨に入ると日陰富士山で霞みがかっている。

P1120148_convert_20160114185125.jpg  P1120141_convert_20160114185059.jpg
甲府盆地からは八ヶ岳や南アルプスも展望できる。

P1120155_convert_20160114185203.jpg  P1120159_convert_20160114185231.jpg
韮崎にはあのノーベル賞の大村博士の実家と温泉&絵画コレクション館がある。

P1120190_convert_20160114185300.jpg  P1120195_convert_20160114185440.jpg
実家で母親と弟を連れだしていざ石和温泉へ

P1120192_convert_20160114185329.jpg  P1120201_convert_20160114185402.jpg
露天風呂付きの部屋でゆったり親孝行
今年は正月休みが3日までと短くつかの間の正月やすもであった。

長野県伊那北高校 我が母校。
あの時18歳、年月を経ること50年、ここに同期会が開催された。
我が"img086_20150520051913458.jpg"   P1020027-7.jpg

卒業時(50年前)
img090.jpg  img091_20150520052359b71.jpg
卒業30周年の時の写真(20年前)               そして今50年目

P1020019_convert_20150520123732.jpg  P1020041_convert_20150520123805.jpg
宿「二人静」に集合 当時のEクラスのうち集まったのはこの8名
P1020044_convert_20150520123829.jpg  P1020113_convert_20150520124250.jpg
司会者のあいさつの中ですでに物故者が40名弱おられるという。そんな歳のめぐりあわせなんだなぁ

P1020055_convert_20150520123903.jpg  P1020062_convert_20150520123949.jpg
「黙祷」の後、セレモニー

P1020059_convert_20150520123927.jpg  P1020071_convert_20150520124017.jpg
そして乾杯

P1020066_convert_20150520130744.jpg  P1020082_convert_20150520124036.jpg
ホテルの若女将のあいさつ&料理
実はこのホテルの経営者は我が同期生・

P1020100_convert_20150520124135_20150520131045c8b.jpg  P1020102_convert_20150520124156.jpg
アトラクションは我々とは30才以上歳の離れた後輩のジャズ歌手ちゃん。まるで孫だね。大森画伯もツーショットでデレッ。

P1020105_convert_20150520124225.jpg  P1020084_convert_20150520124115.jpg
当時のグループごとに記念ショットが花盛り。部活・恩師・同好・同級。
P1020121_convert_20150520124313.jpg  P1020117_convert_20150520131632.jpg


P1020124_convert_20150520124351.jpg  P1020127_convert_20150520124431.jpg
二次会では更に盛り上がって尽きることなく弾む会話と会話。そして会話。

P1020129_convert_20150520124533.jpg  P1020137_convert_20150520124457.jpg
私は明日は佐渡ロングライドにつき早めに切り上げて温泉&就寝。